Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

ぜんぶ君のせいだ。の"異常こそ正常だ。"【第3回】

2020年06月号掲載

ぜんぶ君のせいだ。の"異常こそ正常だ。"【第3回】

ぜんぶ君のせいだ。

Official Site

時代が移ろうにつれて、異常も正常も変わってゆくもの。
昔はどうだった、今時はこうだ、発展した未来からすればあれはただの迷信だった、昔の人間が恐れたものは化学で証明された、理解し難し前衛的なアートは今やただの凡庸な模範へ。
セクシャリティ、マイノリティは徐々に受け入れられているし、誰の隣にもあって今ではそれを隠さず表現しても昔よりは糾弾されない、むしろ貫き通せば後ろにはそれに感化された信者が歩く。
こんな世の中では正常も異常もすぐに手のひらを返してくるし、あたしは自分の何かを異常だとも正常だとも思った事がないのです。気付けば左右反対になっていたり混ざり合っていたりと判断がつかないので。
なので、異常正常を分けた境界線の上を曖昧にのらりくらりと渡り歩いて生きておりますが、あたしの中にはひとつだけ、「それ」が異常と言われる世の中になっても、正常であると認められていても、世界の基準がどちらでもどうでもいいくらいに固執しているものがあります。
それは、私はあたしが好きだという事。
世界中が敵になろうとも味方で在りたくて、世界で一等甘やかしてあげたくて、何にも触れさせたくなくて、他人に好きと言われると嬉しい以上に独占欲と嫉妬心に苛まれるほどに、一十三四が好きなのです。私にとって宝物のような女の子なのです。

私は元々、一十三四になる前は自分に対していい感情を抱いてはいませんでした。
劣等感だらけで侘しく、紙や画面の中で真っ直ぐに立ち上がる王道ヒーローや清純で健気なヒロイン達に憧れ、そうなれるように生きていればよかったと後悔ばかりしていました。
そんな自分を、「ならばぜんぶ自分に頂戴」と奪い去ってくれたのが一十三四だったのです。
しかし体はひとつですし、別に人格が違うなどというわけでもありません。人格というよりは、究極のナルシシズムの目覚めという方がしっくりきます。
それでも私はあたしが好きで、これは恋で、妄信的に愛しています。
一十三四が自分の心の中で足を組み横柄に自由に振る舞う様に劣情すら抱きます。
子供のように笑い、女らしく強請り、雄々しく叫ぶ姿はどう見たって世界一綺麗でしょう、もうそこに異常正常の判断は不要でしょう詮無い事でしょう野暮でしょうだって愛する女がそれでいいと言っているのだから。

こんな風にただ自分が自分に恋をしている様でさえ異常正常は二律背反。
異常に感じる世の中ならば異常で正常だと言う世の中ならば正常、どうでもいい線引きは世界のすぐ返る手のひらにでも任せます。
今はどう見られているのかわかりませんが、あたしとして振る舞う時に感じる高揚感さえあれば、異常でも正常でもどちらでもよいのです。
異常ならばきっと美しく皮肉屋なあたしは「どうでもいいわ」と鼻で笑うし、正常ならばただあたしが世界で一番正しく美しい、それだけの事ですから。

ぜんぶ君のせいだ。

如月愛海(きさらぎめぐみ)、ましろ、一十三四(ひとみよつ)、凪あけぼの(なぎあけぼの)、征之丞十五時(ゆきのじょうおやつ)からなる、病みかわいいをコンセプトとしたユニット。2015年結成。2019年4月に日比谷野外大音楽堂でワンマン・ライヴを開催。5月に現体制になり、12月に新体制初のフル・アルバム『或夢命』をリリースした。