Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

ぜんぶ君のせいだ。

Skream! マガジン 2020年08月号掲載

ぜんぶ君のせいだ。

Official Site

2020.07.24 @中野サンプラザ

Reported by 吉羽 さおり Photo by 関上貴也

4連休中の7月24日、中野サンプラザで"ぜんぶ君のせいだ。単独公演~生鳴兆候~"が行われた。新型コロナウイルス感染防止のガイドラインに則って、観客は入場時には検温をし、ソーシャル・ディスタンスが取られた座席ではライヴ中も着席、マスク着用、歓声やコールも禁止という厳戒態勢でのライヴとなる。普段はライヴハウスで、パンク・バンドのライヴのような熱量でステージとフロアとがせめぎ合う"密"極まりない空間を生み出すぜんぶ君のせいだ。(以下:ぜん君。)だけに、このライヴならではの要素を差っ引いたときにどんな温度感となるのか。着席し、友人と話をするにも声をひそめている観客からは緊張感が漂っている。

いよいよ開演となる17時。ステージ中央のヴィジョンにはバイタルサイン(生鳴兆候)が映し出され、バンド・メンバー、そして如月愛海、ましろ、一十三四、征之丞十五時、凪あけぼのの5人が登場。如月愛海の"中野サンプラザ全員、こぶし上げろ!"の声で昨年末にリリースした5thアルバム『或夢命』から「When you 2 WANT」で"生鳴兆候"の幕を開けた。歓声の代わりに拍手や精一杯こぶしを上げて応える観客に、歌詞中の"色々あるけど笑ってこーぜ!"がストレートに響く。「メスゲノムフェノメノン」、「みすふぃっとらゔぁーず」とアップテンポでハイパーなテッパンの盛り上がる曲が連打され、ステージ狭しと走り回り、息の合ったステージングで魅せる5人。ステージとフロアの間の堅苦しい緊張感や戸惑いを、そのパンチ力のあるパフォーマンスで粉砕していった。前半の5曲をフルスロットルで駆け抜けて、ひと言自己紹介をしたあとは、ぜん君。の真骨頂と言える緩急の甚だしい感情のジェットコースターがスタート。その始まりは、結成時からメンバーが変わりながらも大事に歌い継がれ、さらに繊細にアップデートをしてきた「無題合唱」。遠くの君に切ない想いで呼び掛けるようなエモーショナルな合唱から、「キミ君シンドロームX」、早口ヴォーカルの「ねがねおじぇらすめろかおす」と続け、ポップで素っ頓狂なキュートさを炸裂させる。5人それぞれのキャラクターが光る歌割りと振付で、ユーモラスにシアトリカルに会場の明るさを増す。かと思うと狂おしい慟哭を響かせる「Cult Scream」や一十三四のアグレッシヴなシャウトで感情を爆発させる「WORLD END CRISIS」とヒリヒリとしたロック・チューンで観客を圧倒する。気持ちに休みないどころか、MCなどの"間"を挟むことなく矢継ぎ早に繰り出されるサウンド、それも剛柔を振り子のように行き来する曲に、観客もまた情緒不安定気味だ。そんなデリケートになったハートに、後半はぜん君。の成長の歴史、心の変遷を凝縮したような曲が並ぶのは反則だ。このコロナ禍以前から不器用さゆえに誰かが勝手に決めた社会からはじき出されたソーシャル・ディスタンス状態だった、そんないびつなメンバーが集まったぜん君。ネガティヴな独りぼっち感でこじらせた"君"へのヘヴィな想いや過剰な承認欲求は「僕喰賜君ノ全ヲ」、「唯君論。」といった曲に投影される。でもこの5年(現体制となって1年)、いびつながらも全員が体当たりしながらグループとして走ってきた時間は、他者に何かを求めることでなく、確かな自己肯定を育んでいった。2019年に満を持してリリースされたシングル「ぜんぶ僕のせいだ。」で"君は僕の為、僕は君の為、此処に居るんだよ。"と対等な目線で歌われる。鎧や武器といったパワフルさは置いた、素の5人が見えるようで眩しい曲だ。本編のラストにこの曲を据え、観客とさらに心の距離を縮め歌う姿は美しい。観客がグッときていることも肌で感じられ、またステージ上の5人も感極まる瞬間を迎えているのがわかる。ミラーボールがまばゆい光を落とすなか、最高にエモーショナルな高揚感が会場を満たしていった。

10分間の換気タイムを経て迎えたアンコール、ここでは5人のソロ曲も披露という普段ではない試みもなされた。本編まではオンラインで配信されたが、ここからは会場に集ったファンへのスペシャルな内容となる。そして、このアンコールの最後に歌ったのが、これまでも節目と言える大事な場面で披露されてきた「革鳴前夜」。観客が来るべきこの先への思いを受け取った矢先、再びオープニング同様のバイタルサインがヴィジョンに映し出される......が、その心拍は突如フラットとなり意味深なまま、"ぜんぶ君のせいだ。単独公演~生鳴兆候~"は幕を閉じた。

翌25日、ぜんぶ君のせいだ。は8月初旬を目途に"一時"活動休止することが発表された。"一時"と強調されているのはファンにとってはかなりの安心材料だろう。今回はコロナ禍の影響で制限が設けられていたが、このホール公演も満員の状態で見たかったというのは本音としてある。そう遠くない将来、パワーアップしたぜん君。とまた出会えるのは楽しみだ。

  • 1