Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

NEWS

Japanese

HERE、主催フェス"ハイテンションフェス2022"第1弾出演者で菅原卓郎(9mm)、ベッド・イン、folca、SaToMansion、GRAND FAMILY ORCHESTRAら発表

2022.06.25 20:00

HERE、主催フェス"ハイテンションフェス2022"第1弾出演者で菅原卓郎(9mm)、ベッド・イン、folca、SaToMansion、GRAND FAMILY ORCHESTRAら発表

10月22日に開催となるHERE主催"ハイテンションフェス2022"の第1弾出演アーティストが発表された。
 
■第1弾出演アーティスト
HERE
ガストバーナー
GRAND FAMILY ORCHESTRA
SaToMansion
sui sui
菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)
ベッド・イン
folca
 
菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)はソロのバンド体制で出演。ソロ・バンドは"コンサートツアー2018〜夜のメカニズム〜"以来のレアなステージとなる。なおバンド・メンバーは近日発表予定とのこと。さらに結成10周年を迎え勢いに乗るベッド・イン、"ハイテンションフェス"初出演となるGRAND FAMILY ORCHESTRA、尾形回帰(HERE)が過去に楽曲提供&プロデュースした大阪を中心に活動する野良ロック・アイドル sui sui、そして日頃からツアーや対バンをともにするHEREの盟友 folca、ガストバーナー、SaToMansionが出演する。

 
■尾形回帰(HERE) コメント
昨年2月に緊急事態宣言の真っ只中で開催した『ハイテンションフェス』を今年も開催します。
 
HEREの代名詞とも言える「ハイテンション」とは物事に「熱中」「没頭」することを意味しています。
何かに真剣に打ち込む人間の姿は美しく人を感動させる力を持っています。
そんな「ハイテンション」で輝くアーティストと共にロックの現場を作り上げます。
 
また当日はHEREが中心になって立ち上げたチャリティープロジェクト『POWER TO JAPAN 2021』(https://youtu.be/ifCpVTac1BM)を演奏し、このプロジェクトを完結させたいと思います。
この日までに沢山のオーディエンスやアーティストと共に心置きなくシンガロング出来るようになっていることを強く願っております。
ロック現場主義の名のもとに集いましょう!!
 
HERE 尾形回帰より

 

▼イベント情報
"ハイテンションフェス2022"
10月22日(土)duo MUSIC EXCHANGE / Spotify O-Crest ※2会場往来型ライヴ
開場 13:00 / 開演 13:30
■出演
HERE / ガストバーナー / GRAND FAMILY ORCHESTRA / SaToMansion / sui sui / 菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet) / ベッド・イン / folca and more
[チケット]
前売 ¥5,800(1D別)
■オフィシャルHP2次先行:~7月3日(日)23:59
https://eplus.jp/htf22-hp/
 
■オフィシャルHP:http://here-web.com/hightensionfes2022/