Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

9mm Parabellum Bullet "カオスの百年 vol.10" 1日目

Skream! マガジン 2014年10月号掲載

9mm Parabellum Bullet

Official Site

ストレイテナー

Official Site

2014.09.07 @TSUTAYA O-EAST

Reported by 石角 友香

毎年"9mmの日"である9月9日に開催されてきた"カオスの百年"。振り返ると共演者を迎えるのはVol.7でSOIL&"PIMP" SESSIONSとBOOM BOOM SATELLITESが出演して以来だ。しかも今年は3バンド×3日間で9!という徹底ぶり。しかも初日のWiennersや2日目のKEYTALKという今まであまり繋がりのなかった面々には若干意表を突かれたが、それも含めてバンドとオーディエンス、加えて9mmの恒例イベントのムードが年ごとにどう更新されていくのか?にも興味が尽きない。

会場であるTSUTAYA O-EASTの会場内には、過去に使用されたバックドロップやライヴ写真なども展示され、10年の軌跡をファン自身の体験と重ねて楽しめる趣向もあって、アニバーサリー・イヤーをさらに盛り上げる。そんな"カオスの百年 vol.10"初日を駆け足でレポートしよう。

一番手はこの日がMAX(Vo/Key/Sampler)とマナブシティ(Dr)脱退前ラストのステージとなるWienners。そのことを知るファンも知らないオーディエンスにも垣根なく大きな歓声で迎えられた4人は、いつも以上に冒頭から「DIAMOND DUST」「天地創造」とアッパーなナンバーで飛ばす飛ばす。前方の一部ではモッシュも起こり、彼らの"エクストリームすぎるポップ"にダイレクトなリアクションが起こる。MAXのテクノ・ポップめいたシンセが印象的なイントロ、∴560∵(Ba)のファンクネスあふれるチョッパーが懐かし新しい「南無阿弥陀仏のリズムに乗って」は、無二のWiennersワールドの現在進行形を伝えて余りある。とにかく過剰だ。そしてサイケデリックでディスコでロックな玉屋2060%(Vo/Gt)のギタリストとしての達者っぷりも十分堪能。中盤、このメンバーでのラスト・ライヴであることを告げた玉屋の意外なほどの清々しさは、彼の中に全然尽きないヴィジョンが溢れていることを証明していたんじゃないだろうか。腰のあるビートと予定不調和なアレンジはライヴで視覚化されるとさらにスリリング。Wiennersが新たに発明した10年代のディスコ・チューン「蒼天ディライト」のラストまで、こんなに好き放題にオーディエンスを踊らせるバンドの貴重さを実感した。この日はやけにロック・スターに見えた玉屋を始め、メンバー全員、やりきった表情でステージを後にした。

どアタマからテンション・マックスのフロアに、あまりにもさり気なく登場したのはストレイテナー。ホリエアツシ(Gt/Vo/Key)がキーボードに向かい、静謐な「SAD AND BEAUTIFUL WORLD」のイントロを弾き始めると、先ほどまでと空気が一変する。曲の世界観でオーディエンスの心の色が変化したのが見てとれるほどの鮮やかさだ。曲中からホリエがギターに持ち替え、ギアが上がる空気も確実に伝播。いつも通り"俺たち、ストレイテナーっていいます"の一言からアンセミックな「Melodic Storm」が鳴らされると、完全に4人の世界が起ち上がる。中盤にはニュー・シングルから、マンチェ・ビートのアップデート版的な新曲「The World Record」、これまたグラマラスなR&Rと切れ味鋭いビートが交錯する「Super Magical Illusion」とニュー・モードが続く。だが、あらゆる音楽のエッジや美しさを血肉にしてきたストレイテナーは、新旧のレパートリーを今の演奏で同じ土俵にすぐ乗せることができるバンドだ。しかもこの日のテンションは静かな曲だろうが、踊れる曲だろうがすさまじい初期衝動に貫かれていた。ラスト前、ホリエが"9mmとは2006年、まだ彼らがインディーズの頃、イベントで一緒になって。すごい尖ってて近づけない雰囲気だったけど、知り合ったらすごい癒し系な人たちで"と、フロアの笑いを誘う。とはいえ、この日は9mmの恒例イベントを意識してキレッキレの選曲とスピード感で突っ走ったことも思わず告白。対バンと心身の化学反応を楽しみ、時にはムキになる先輩バンド、それがいかにもストレイテナーらしい。スピーディに曲をたたみかけ、ラストの「From Noon Till Dawn」ではメンバー全員、エモーションを全身で表現。人気バンドのハイテンションのアクトというより、そこで彼らが鳴らす音にフロアが反応し、バンドもまたそれに反応することで生まれた熱演に起こった拍手と歓声が清々しかった。

そしていよいよトリは当然の如く9mmの登場なのだが、転換時に運び込まれたかみじょうちひろ(Dr)の空母の如きドラム・セットのボリュームに、これから始まるライヴへの期待値が思わず高まってしまう。暗転とともにSEのATARI TEENAGE RIOTが流れる、とともにハコを揺るがす大歓声。爆音を鳴らすと同時に、なんと1曲目から「(teenage)Disaster」というレアな突入っぷり。距離が近いせいだけじゃないと思うのだが、滝 善充(Gt)と中村和彦(Ba)の暴れっぷりが凄まじい。シームレスに「Talking Machine」「Answer And Answer」と、すでに新旧関係なくライヴのビッグ・チューン(いや、9mmにライヴで映えない曲はほぼないのだが)になったレパートリーを連発すると、会場全体の温度がものの3分で上昇する。それでいておのおのの楽器の音の粒立ちも最高にいいのだから、五感を刺激されまくってステージとフロアのエネルギーが高まるのも納得。4曲目には早くも新曲「生命のワルツ」を披露。フォークロアなイメージすらあるイントロから、強烈な圧で押すリフと2ビート、その暴風のようなサウンドに乗る菅原卓郎(Vo/Gt)のナチュラルにすら感じるメロディが、9mmらしさの現在地を印象づける。これまでも貪欲に切実に、そして切なさも同時に抱えて"生きる"という矢印を示してきた彼らの楽曲の中でも、特に真摯なメッセージを持つこの曲。大げさに言えば生きる道標のような存在にさらに育っていく確信を持った。
中盤にはレアな「interceptor」「Battle March」という嬉しい2連発も。特に「Battle March」の1つの構造物の如きサウンドの強度や、アラビックな滝のフレージング、トライヴァルなビートのインスピレーションにはハッとさせられた。ほとんど息つく間もない展開に、フロアも曲間は次に走りだす覚悟をしているようなムードが漂う。そこに滝のエフェクティヴな音色が響き渡り、「カモメ」は放たれるのだが、卓郎のヴォーカルに重ねる滝のコーラスの美しさを再発見した。
この日の卓郎のMCは"明日、月曜日なのは申し訳ないね。3バンド×3日で3日目が9月9日だから仕方ないんだよ!"とか"Wiennersメンバー・チェンジ前のラスト・ライヴが今日になって申し訳ないけど、ストレイテナーはメンバー加入のスペシャリストだし、人生いろいろあるよ"とか、ファンもどうリアクションしたものか?というMC。だが、何かいいことを言おうなんて気がさらさらないのは、演奏を見ていても分かる。ただ、キレッキレの演奏とのギャップに自然と笑いがこみあげてしまった。
そんな一瞬をキャッチーなイントロでブチ上げる「どうにもとまらない」や「Black Market Blues」のサビではどでかいシング・アロングが沸き起こる。いやもうこの時点で相当濃厚かつアラカルトな選曲になっている。その後、さらにアクセルべた踏み状態に入ったバンドは「Living Dying Message」「Cold Edge」とキラー・チューンを叩きつけ、しかも冒頭で感じた以上に際立つ音の粒立ちに、メンバー自身が焚き付けられているような痛快この上ないプレイを続出させる。和彦のスクリームももはや轟音の一部となって、ラストの「Punishment」ではギター×2とベースのユニゾンの迫力でも魅了。重力に支配されてないかのような滝のギターとアクションは何度も見ているはずなのに、さらに自由で、溢れるままのフィードバック・ノイズをその場に残し、本編終了。"ライヴハウスで9mmのナンバーを一気に12曲見る"ことの物理的な速さと質量は、相変わらずこの上ない自由を堪能させてくれた。

共演バンドを迎えたことで3バンドとも初期衝動に満ちたライヴを展開したのは、やはりこれが"カオスの百年"だったからなんじゃないだろうか。一期一会の瞬間に賭けた全バンドに感謝したい。