Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

ストレイテナー

ストレイテナー

Official Site

2009.07.19 @横浜アリーナ

Reported by 遠藤 孝行

7月19日、NANO MUGEN FES.1日目。20時を少し回った頃、ASIAN KUNG-FU GENERATIONに続いてストレイテナーの登場である。今回初のヘッド・ライナーを任されたのは、ストレイテナーだった。そう、このNANO-MUGEN FES.でASIAN KUNG-FU GENERATION以外のアーティストが最後に登場するのは初めてなのである。

少し緊張感が漂う会場の中、4人は出てくる。しかし、4人には緊張感はなさそう、むしろリラックスしている。一曲目は「Ark」。凄まじくヘヴィーなサウンドが横浜アリーナを包む。そして立て続けに「Play The Star Guitar」、「Melodic Storm」と代表曲を繰り出す。スタンド席の一番上までビッシリと埋まった観客が大歓声で迎える。完璧なスタートだ。そしてここで初めてのMC。
毎年出演している(2回目から連続出演)ストレイテナーは去年「来年はトリをやってもらう」とアジカンの後藤正文に言われていたそう。ただ、まさか本当にトリを務める事になるなんて思ってもみなかったと、会場に笑みがこぼれる。ストレイテナーはやはり、このフェスには欠かせないバンドだ。この日は新曲を2曲も披露。まずは繊細な音色のイントロから一気にマッシブなサウンドで畳み掛ける「Clone」。僕は一昨年のフジ・ロックで雨の中彼らのライヴを観たのだが、明らかに去年加入したギター大山純の影響だろう、バンド・アンサンブルの精度は増していて、やはりリズム・セクションは完璧だった。そして知らず知らずの内に、ホリエアツシの紡ぎ出す世界観に引き込まれていく。
そして続いて演奏されたのが、「Donkey Boogie Dodo」。ストレイテナーには珍しい、ファンキーで艶やかなボーカルが印象的なナンバー。個人的なこの日の本編のベスト・トラック。新曲の発売が楽しみだ。続いて、ソリッドなナンバー「Little Miss Weekend」、「Train」「クラッシュ」と続いてストイックながら興奮を抑えられない充実の本編が終了。ただ、あの曲はまだ披露されていない。

アンコール、4人と共にASIAN KUNG-FU GENERATIONの4人も登場。この時点で会場はヒート・アップ。最後に演奏されたのはこの曲「Killer Tune」。大歓声。サンプラー片手にアジカンの後藤正文もボーカルをとる。このフェスならではの豪華な演出だ。
最後は巨大風船やレーザーが飛び出し、熱狂のライブが終了。バンドの存在感を見せつける圧倒的なライウ゛だった。