Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

FEATURE

Japanese

Skream!×MUSE音楽院

2015年10月号掲載

Skream!×MUSE音楽院

9mm Parabellum Bullet

Official Site

9mm Parabellum Bulletのメインコンポーザーを務める滝 善充(Gt)が心から信頼し、QUATTRO A-Side Single『反逆のマーチ/ダークホース/誰も知らない/Mad Pierrot』でメンバー4人が個々にセルフプロデュースを行えたのはこの方なしでは有り得なかったであろうレコーディングエンジニア日下貴世志氏を迎えてレコーディング談義を開催! ミュージシャンとエンジニアの関係、レコーディングにおける大事なポイントなど真面目な話から、音に拘るこの2人ならではの話まで、制作現場の声が聞けるスペシャルな機会です!


Skream!×MUSE音楽院公開講座

滝 善充(9mm Parabellum Bullet)×日下貴世志(レコーディングエンジニア)スペシャル対談

開催日:2015年10月26日(月)
時 間:18:00~ 受付開始 17:30
参加費:無料 
会 場:ミューズ音楽院 http://www.muse.ac.jp/
ゲスト:滝 善充(9mm Parabellum Bullet)
    日下貴世志(レコーディングエンジニア)
申込はこちら >> https://w2.axol.jp/entry16/muse/step1?f=263


滝 善充

2007年、ロックバンド、9mm Parabellum Bulletのギタリストとしてメジャーデビュー。作曲とギターを担当。バンドの活動と並行して、ソロプロジェクト『劇団ナイアガラ』として楽曲提供・プロデュースのほか、アーティストプロデュースを手掛ける。
栗山千明、IA、アニメ「メカクシティアクターズ」「ハマトラ」、映画「日々ロック」、DisneyとSQUARE ENIXのコラボレーションゲーム「KINGDOM HEARTS」のトリビュートアルバムへの参加など、ジャンルを問わず多岐に渡り活動中。


日下貴世志

1972年生まれ。兵庫県出身。
1993年よりフリーダムスタジオでアシスタントエンジニアとしてキャリアをスタートさせる。

現在はフリーランスのレコーディングエンジニアとしてロックバンドの録音、ミックスを中心に活躍中。

手がけたアーティストは、9mm Parabellum Bullet、ACIDMAN、the telephones、吉井和哉、Chara、RADWIMPSなど。


9mm Parabellum Bullet

2004年、横浜にて菅原卓郎(Vo/Gt)、滝 善充(Gt)、中村和彦(Ba)、かみじょうちひろ(Dr)により結成。インディーズレーベルより2枚のミニ・アルバムをリリースし、2007年デビューディスク『Discommunication e.p.』でメジャー・デビュー。これまでに『Termination』『VAMPIRE』『Revolutionary』『Movement』『Dawning』と5枚のオリジナルアルバムをリリース。結成10周年を迎えた2014年日本武道館2デイズ公演を開催し、初のベスト・アルバム『Greatest Hits』をリリース。2015年9月クアトロA-Sideシングル『反逆のマーチ/ダークホース/誰も知らない/Mad Pierrot』をリリースし、10月から全国ツアー「カオスの百年TOUR 2015」がスタート。


MUSE音楽院とは...

ミューズ音楽院は、1984年、ロック、ジャズ、ポップス系の音楽学校としては、日本で最初に文部省認可を受けた専門学校となりました。ミューズは時代を代表するプレーヤーを世に送りだしてきただけでなく、レコード会社、放送局、出版者、音楽スタジオなど、音楽業界の多様な業種に優れた人材を数多く提供してきました。社会的責任のある認可校として、実社会に出てから必用な知識や教養、礼儀作法なども教育課程の中に取り入れ、トータルな人格形成を実践しています。卒業時には音楽専門士の資格が取得でき、また、専門学校教員資格取得の道も開かれます。卒業生は、業界と太いパイプを持つミューズから社会へと旅立ち、優れた能力と広い視野を身につけたプロとして、音楽業界の各方面で活躍しています。最高のミュージシャンを世界に送りだそうという、創立からのミューズの理念は、今もなお受け継がれている。


  • 1