Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

9mm Parabellum Bullet

2014年07月号掲載

9mm Parabellum Bullet

9mm Parabellum Bullet

Official Site

メンバー:菅原卓郎 (Vo/Gt) かみじょうちひろ (Dr)

インタビュアー:石角 友香

9mm Parabellum Bullet初のベスト・アルバム『Greatest Hits』の選曲を初めて目にした時、その潔さに痛快な気分になった。メジャー・デビュー前夜から最新作まで全シングルとEPの表題曲をコンパイル。つまりド直球。しかし実際に時系列で聴くと、当初からテクニカルでエクストリームだったこのバンドが未だ変化し続けていることが一聴瞭然。そのこともまた痛快だ。加えて初回限定盤(10周年盤)にはライヴ・テイク・ベストとも言える20曲との2枚組。むしろ2枚組をデフォルトにしてほしいほど、こちらもバンドとシーン10年の象徴的な出来事が刻み込まれている。もしあなたが9mmの全タイトルを持っているとしても、ここには新たな意味がある。その理由を菅原卓郎とかみじょうちひろに聞いた。

-バンド結成した頃にベスト・アルバムをイメージできました?

菅原:いや、全然。去年の9周年ぐらいまでは考えなかったですね。9周年でベスト・アルバムを出すのか、10周年で出すのか?みたいな、その辺りで考えだしたくらいですかね。

-他のバンドを見ててベスト・アルバムとはどういうもんだなと思ったりしてましたか?

菅原:いや?特にどうとも。俺たちのベスト・アルバムは"シングルス"みたいな『Greatest Hits』ってタイトルになってるんですけど。自分たちが好きなバンドに子供の頃に出会ったときはベスト・アルバムで出会ったことが多かったなというのもあるし。THE YELLOW MONKEYとかLUNA SEAとか、あと、素晴らしいベスト・アルバムって言ったらBLANKEY(JET CITY)の「THE SIX」とかね、「国境線上の蟻」とかね、あとthe pillowsの「Fool on the planet」とか。もうサザンオールスターズとかB'zとか言うまでもないしね。

かみじょう:どんだけ出してるんだっていうね?BOØWYとか。

菅原:だからそういうものに何の不満があったっけな、俺は?と思ったら、別に凝りに凝ったベスト・アルバムではなかった。これから出会う人たちが"9mmってどういうバンドなんだ?"っていうときに1番俺たちのことをさかのぼりやすいのは、こういうシンプルなものなのかな?っていう感じですね。

-かみじょうさんも菅原さんと同じ視点ですか?

かみじょう:まぁエントリー・ディスクにはなり得るものだと思います。って言うと音楽性的にポピュラーな感じが入りやすいと思うので、そう考えると普通にシングル曲が集まりますよね。これを機にこういう大衆性を帯びた系だけじゃなくて、アルバムの方向に来てくれて、こういう世界観もあるんだって楽しんでくれるようになるのは美しいじゃないですか?だとしたらこれはたぶん正しい形なんだと思います。

菅原:みんなで打ち合わせして頭を抱えてたんですけど、あるとき滝(善充、Gt)が"こういうシンプルなやつがいいよ"って。俺がまさにさっき言ったようなことを滝がみんなに話してくれて"ああ、そうだな"って。初めから2枚組でベストにしようぜっていうアイデアで進んでたんで、じゃあこっち(ライヴ・ベスト『Selected Bullet Marks』)はもう思い切り、より9mmらしいものにしようってふうに、バランスが取りやすくなった。それがすごくいいなと思って。

-これ絶対初回限定盤買うべきですよね。ということで、こういうド直球な選曲になった理由は120%ぐらいわかったんですけど。これ別にリマスタリングとかしてないんですよね?

菅原:いや、してます。

-Track.1の「The World」を聴いて、すごく素朴だと思いました。

菅原:なんかこう改めて自分で聴いたら"いい曲だな"っていう。ま、そういう素朴さはありましたけど。

-意外と時系列だなと思いましたね。

菅原:そうですね、時系列感、まあ、当たり前なんだけど、時系列に並んでんだもん(笑)。

かみじょう:年を追うごとに表現も変わってきて。リマスタリングであまりにも下駄履かせすぎると美しくないので。

菅原:うん。すごくいい状態になってると思います。再録とか新録とかね、一応、アイデアとしては出たんだけど、それはむしろ歴史と切り離しちゃうことになっちゃうから、今回はやめようって。

-これ聴いて、先日の日本武道館の映像とか見ると、どれだけ9mmの楽曲にもともと伸びしろがあるのか?っていうのがすごくわかるんじゃないかと。

かみじょう:その感覚だと、こいつ(『Greatest Hits』収録の初期曲)すげえカマトトぶってますよね。

菅原:ああ、この時点ではね?ウズウズしてんじゃない?

かみじょう:下ネタわかんないみたいなツラしてますけど(笑)。

菅原:なんかどんどん昔の曲を演奏しなくなっちゃうっていうバンドもいると思うし、それは全然、自然なことだとは思うんだけど、割と9mmはいつでもどの時代の曲もやっちゃうっていう。こないだの武道館なんか特にそうですけど。ちょっと眠りに入ってる曲とか、そんなにいないから。うん。そういう点でも伸ばし続けてこれたのかな?と思います。