Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

9mm Parabellum Bullet

2016年08月号掲載

9mm Parabellum Bullet

9mm Parabellum Bullet

Official Site

メンバー:菅原 卓郎(Vo/Gt) かみじょうちひろ(Dr)

インタビュアー:柴 那典

9mm Parabellum Bulletがリリースする8thシングル『インフェルノ』はTVアニメ"ベルセルク"のオープニング・テーマ。しかも、そのために書き下ろされた90秒完結のナンバーだ。熱血なメロディにも、ジェットコースターのように全力疾走で駆け抜ける曲調にも、9mmらしいエッジの鋭さが息づいている。先日には約3年ぶりの6thアルバム『Waltz on Life Line』を自主レーベル"Sazanga Records"からリリースし、新たな歩みを始めた彼ら。新曲について、"ベルセルク"について、そして全国ツアーについて、話を訊かせてもらった。

-「インフェルノ」(Track.1)はまず"ベルセルク"のタイアップの話をもらってから作り始めた曲なんですか?

菅原:そうですね。"オープニングをやらないか"という話があって、"じゃあやりましょう"って滝(善充/Gt)が作ってきたのが、この曲そのままだったんです。アニメのオープニング・テーマの尺で作ったもんだから、これを2回やって2番を作るのかなって思ってたんだけど、これで終わりだった。

-アニメのタイアップ曲では、89秒の尺を最初に作って、それができたあとに、フル尺の3分とか5分の曲になったというパターンはよく聞きます。

菅原:はい。でも、これで完成だから伸ばせないっていうのが滝の話だったんです。"これはこれ、先はない"って。

-"ベルセルク"のオープニング・テーマをやってくれという話が最初にきたときのみなさんの感触はどうだったんですか?

菅原:俺は漫画の"ベルセルク"を高校生のころから読んでいたので、"おぉ~"って思いましたね。それで、何度かアニメ化されてると思うんですけど、自分の好きな作品が映像化されるときに、自分が(テーマ・ソングを)やるなんて思わないじゃないですか。だから、話がきてすごく嬉しかったです。で、"ベルセルク"だったら9mm Parabellum Bullet(以下:9mm)はできるだろうなと思って。表現というか、音も歌詞もそんなに遠くないものがあるなと思ってたんで。そもそも好きだし。

-遠くないものがある、というのは?

菅原:曲とか歌詞の話になっちゃうんですけど、自分たちが書いてきた楽曲の中にも、"ベルセルク"の漫画を読んだときに感じるようなものがあるなって思うんですね。もともとそういうチャンネルもあるし、今回は"ベルセルク"のためだけというぐらいの気持ちで作ってるから、自分が今まで共鳴すると思っていた部分に手を伸ばしていけば、自然といいものになる予感があったんです。自然に書けるんじゃないかなって感じでした。

-なるほど。かみじょうさんも"ベルセルク"は通ってきてる?

かみじょう:学生時代にめちゃめちゃ読みましたね。大学、大学院ぐらいのときだったような。

-おふたりに改めて語ってもらえればと思うんですけれど、"ベルセルク"の作品の魅力はどういうところなんでしょう?

かみじょう:やっぱり、中世ヨーロッパの世界観にホラー要素もあって、"この先どうなっていくんだ"みたいな惹き込まれるシナリオがとてもうまいなと。それなりに人生を経験して、綺麗事だけで済まされないようなこともわかってる人が読むと面白いと思います。

菅原:主人公たちはすごく酷い過去を持っていたり、酷い目に遭ったり、そういうことをいろんな人物造形の中で描いていくんです。そもそもが過酷な時代なんですけど、物語の必然性の中でその過酷さがより強いものになっていく。ただ、悪意というか、暴力に遭うということが偽悪的じゃない感じがするんですよ。自業自得だと思える奴もいるし。この先どうなるんだろうっていう好奇心は湧くんだけど、"え? これって?"みたいな疑問が湧かない。あとはやっぱり絵がすごいですよね。最初から描き込みがすげぇなと思ってたんですけど、最近はもう、すごく精密で。どんどん進化している。そこも魅力だなと思いますね。

-ちなみに、おふたりがとりわけ気に入ってるキャラクターは?

菅原:いっぱいいるんですけど、髑髏の騎士が好きなんですよね。たぶん、あの人がなんで"髑髏の騎士"になったのかとか、魔女の師匠と古い知り合いだとか、"そもそもなんで復讐しようとしてんの?"とか、ずっと説明されないんじゃないかなと思うんですよ(笑)。そういうよくわかんないんだけど説得力のあるキャラクターがいることでこっちの好奇心が湧くというか。いつか全部を説明してくれるんじゃないかって思わせながら話が進んでいくのが熱いなと思って。あとはゾッドっていう奴もいて。主人公のガッツからしたらこいつは敵なんですけど。でもたまに一緒に戦ったりするんですよね。そもそもガッツはもはや人間じゃないんですけど、あのキャラクターが好きですね。