Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Wienners

2012年08月号掲載

Wienners

メンバー:玉屋 2060% (Vo&Gt) MAX (Vo&Key&Sampler)

インタビュアー:天野 史彬

タバコ臭いライヴハウスの暗がりの中で、毎晩繰り広げられるパンク・ライヴの熱狂。もしくは、夏の夜空に響き渡る、祭囃子と子供たちの笑い声。Wiennersのセカンド・アルバム『UTOPIA』は、そんな様々な景色の中で、音楽と人々が交わり、生まれる熱狂をそのままコンパイルしたような、笑いと涙と祝祭感に溢れた傑作に仕上がった。この、ハードコア・パンク譲りのタフでスピーディなビートと、盆踊りのように切なくも陽気なメロディが融合した唯一無二のサウンドは、あなたに音楽というユートピア(=理想郷)の在り処を教えてくれるだろう。

-新作『UTOPIA』は、凄く芯の通った作品だなと思いました。Wiennersがどういう音楽を鳴らしていきたいのか。そして、リスナーに対してどういう音楽を鳴らしていくべきなのかっていう、バンドの野心や役割意識に真っ向から向き合って作った作品なんじゃないかと思うんですけど、ご自分たちでは、どういう作品になったと思いますか?

玉屋:今回は本当に、自分たちが長くバンドを続けていくことに向き合った時に、今やるべきこととか、今やらなきゃいけないことを凄く考えて作りました。でも、それに捉われ過ぎることなく、自然と生まれる自分たちらしさみたいなものは自然に出せたので、よかったです。とにかく、先を見据えて作ったアルバムっていう感じはありますね。

MAX:やりたいことがたくさんあった分、曲の幅は凄い広がってるけど、Wiennersらしさがギュッと詰まってるアルバムができたなって思います。

-前作の『CULT POP JAPAN』から2年経ってますけど、あれから今回の『UTOPIA』までの間で、バンドとして、凄く大きな変化をしていると思うんです。具体的なところで言うと、歌に対するアプローチが広がったり、それと同時に曲のスケール感も大きくなったり。この2年の間に、バンドとしてはどういう意識の変化があったんですか?

玉屋:元々、僕らはパンクとかハードコアが好きだったし、そういうシーンでやってたので、『CULT POP JAPAN』みたいなショート・チューンを連発するパンクな感じって、素養として持ってたものだったんです。でも、『CULT POP JAPAN』を作った後、ああいうパンクの方法論で、もっと壮大なことをやりたいなって思って。そうなると、あの『CULT POP JAPAN』のやり方だけじゃ収まりきらなくなってしまったんです。

-『CULT POP~』を作った後、どこかそれまでの自分たちのやり方にもの足りなさを感じたっていうことですか?

玉屋:そうですね……もちろんハードコアやパンクは好きなんですけど、それ以外でも、音楽はなんでも好きなので。極論を言ってしまえば、クラシックからパンクまで、好きなものは好きだし、やりたいものはやりたい。ヒップホップとかレゲエとかポップスとか、いろんなものをやりたいってなった時に、そのすべてをあのスピード感の中に落としこむのが、なかなか難しくて。それをやろうと思うと、逆に曲を作る時間が半端なく長くなってしまうんです。そうなった時に、自分たちがやりたい音楽をもっと効率よく収められる方法はあるんじゃないの?って思って。それで、今までのやり方から1回抜け出さないとなって思ったんですよね。抜け出すというか、さらに広げないとなって。決して『CULT POP~』の方向性を捨てることなく、どんどんどんどん広げていく感覚というか。

-なるほど。

玉屋:そこから、もっと突き抜けたことをするには自分たちで何をすればいいのか、まとまりがつかないまま模索して模索して、試していく期間があって。その中で、自分は歌を歌うべきなのかなっていうのがちょっとずつ見えてきたんです。それこそ、悩んで曲が作れなかったり、上手い具合にバンドが転がっていかなくて周りの人に相談した時にも、“歌をちゃんと唄ったほうがいいよ”って言われたりして。それで、前作ミニ・アルバムの『W』で、1回普通に歌を唄った曲を作ったんです。「午前6時」っていう曲なんですけど。あれを作ったこととか、あれをみんなが受け入れてくれたことが、自分の中では大きな出来事で。あの曲は凄く素直な気持ちで作った曲だけど、それが受け入れられて、こういうことやっていいんだって自分の中で折り合いがついた瞬間に、もっともっといろんなことができるようになったし、もっと気を楽にして音楽と向き合えるようになりましたね。