Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

FEATURE

Japanese

【Skream!×MUSE音楽院特別企画】 アーティストSPECIAL講義

2015年07月号掲載

【Skream!×MUSE音楽院特別企画】 アーティストSPECIAL講義

ドラマチックアラスカ

Official Site

夜の本気ダンス

Official Site

ヒジカタ ナオト(ドラマチックアラスカ) 三原健司(フレデリック) 米田 貴紀(夜の本気ダンス)

ロックに特化した音楽媒体"Skream!"が、各方面で活躍する音楽業界のプロを育成する"MUSE音楽院"とタッグを組み定期開催する、Skream!×MUSE音楽院公開講座。今回は、3マン・ツアー"ALA-UMI-DOSS TOUR 2015 ~逃げ出したくなるような踊ってない夜に本気ダンス~"で全国7ヶ所の公演をすべてソールド・アウトさせた、ドラマチックアラスカ、フレデリック、夜の本気ダンスのフロントマンが講師として顔を揃えた。近年盛り上がりを増す関西バンド・シーンの中から勢いのある関西若手バンド3組のフロントマン3人を招き、先述のツアーの外伝として開催された今回の公開講座では、自己紹介ならぬお互いの"他己紹介"から始まり、関西シーンへの想い、今後の展望など盛りだくさんの内容が語られた。本公演は、Ustreamにてフル尺の動画を公開中。関西バンドが気になる関東バンドや、会場で飛び交った来場者からの質疑応答など、誌面に載りきらなかった内容も併せてご覧いただきたい。

-今回は関西若手バンドマンの3人に集まっていただきました。現在回られている"ALA-UMI-DOSS TOUR 2015"の外伝という形でお届けさせていただきます。仲がいい3バンドが揃ったということで、ふたりがひとりを紹介する他己紹介をお願いします。それではフレデリックの三原さんからお願いします。

米田:真面目でいつも正しいことを言ってくれる。同い年だけどお兄ちゃんみたいな感じ。

三原:バンドでは(みんな)同い年だけどお兄ちゃんを担当しています。だからこの3人の中でもお兄ちゃん感が出てるのかも。

ヒジカタ:ご存知の方もおられると思いますけど、ヴォーカルの健司君とベースの康司君(三原康司)が双子の兄弟っていう。

米田:なかなかいないよね。珍しい。

三原:でも、今日のちょね(米田)はMCの渡邉さんと兄弟っぽい(笑)

-この企画で司会に振ってきたのは(今回が)初めてです。

一同:(笑)

ヒジカタ:こんな感じで、埒があかないところをいつも切り開いてくれるのが健司君ですね。

三原:長男として頑張っていきます。三原健司です、よろしくお願いします。

- 続けてヒジカタ ナオトさんのご紹介をお願い致します。

米田:ヒジカタ君は最初、人見知りな感じで。俺も人見知りなんですけど、最初会ったときはお互い目を合わせずに"よろしくお願いします"みたいな。でも打ち解けるとすごく喋りやすくて、すぐに仲良くなってた。健司君は?

三原:(ヒジカタと)初めて会ったのが18、19歳ぐらいのときだよね?

ヒジカタ:そうですね、3、4年前......。

三原:最初に会ったとき、人見知りっていう印象もあったけど、落ちついてるけど闘志があるっていうか。"これだけは俺は絶対負けへん"みたいな、内に何かを持ってる10代ってなかなかいないと思って、尊敬しているところがあった。

米田:たしかにバンドに対してストイックな気がする。

ヒジカタ:あぁー......ライヴでは毎回、熱量を意識しているところはあるから、そういう部分もあるかもしれないですね。

米田:全然俺よりしっかりしている。(3人の中で)次男だと思ってる。

ヒジカタ:兄弟的な枠に収めたいんですか。

一同:(笑)

ヒジカタ:次男的な感じでこのツアーを回ってます、ドラマチックアラスカのヴォーカルのヒジカタと言います。よろしくお願いします。

-それでは三男(米田)のご紹介をお願いします。

三原:ライヴを観てもらってる人はわかると思うんですけど、ライヴと今こうやって喋っているちょねのギャップがすごすぎる。

米田:そやね。びっくりするぐらい違うと思う。どっかでスイッチが切り替わってる。

ヒジカタ:でも、今日すごい喋ってる。

米田:なんか今日はおかしいねん。前に出てるっていうか。

一同:(笑)

ヒジカタ:これまで3人で喋る機会が何回かあって、わりと健司くんが進めていく空気が多かった中、今日は(米田が)攻めている(笑)。

米田:三男やから、自由にやってもお兄ちゃんがまとめてくれるから(笑)。そんな末っ子、三男の米田です。よろしくお願いします。