Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

FEATURE

Japanese

【Skream!×MUSE音楽院特別企画】 アーティストSPECIAL講義

2015年05月号掲載

【Skream!×MUSE音楽院特別企画】 アーティストSPECIAL講義

バックドロップシンデレラ

Official Site

打首獄門同好会

Official Site

北島:あぁ、そうかも!コーラスがね。

大澤:なんかメイン・ヴォーカル級のね。なんかサビがメイン・ヴォーカルじゃない人ができちゃうくらいの。

北島:PANはごっちさん声めっちゃ高いですよね(笑)。PANはそれがもう1個の売りでしょ、ハーモニーというか。

大澤:PANのステージを観たときに、"声の交わり方がヤバイ!キャリアだな!"って思いましたね。

北島:キャリアですよね!タフなんですよね。

大澤:すっごいきれいに絡めてくるなって。同じメンバーでやってる期間が長いから曲作るときに自然に役割分担ができて、すっごい自然に曲できるんだろうなって。

北島:川さんはバンド界の中でも身体能力がめっちゃ高いんですよ。

豊島・北島:動きがきれい!

川さん:そうなの?バンドマンの運動会とかあったらやってみたいよな?

北島:前に"運動神経のいいバンドマン誰やろうな?"って話してるときに名前挙がってましたもん。あと怒られるスレスレを川さんうまいこといきますよね。怒られることもあるでしょうけど。

川さん:まぁ散々怒られてきたけどな。

北島:その辺の上手さは、見る側も"これ大丈夫なんかな!?"ってテンション上がるじゃないですか。"これ大丈夫!?でもなんか楽しいわ!"ってとこをきれいに突いてくるんですよ。ウチのギターは"あ、これアカンな......"なんですよ(笑)。

川さん:アイツなりに戦ってるって。

全員:(笑)

北島:でもそのへんの川さんの上手さはありますね。プロ意識みたいなのを感じます。

川さん:京都大作戦に四星球が一昨年出たときもまさやん(Gt)が上に登って怒られたやん?

北島:僕はノータッチです、知らないです(笑)。

川さん:スピーカーのさらに上に屋根があって、そこに登ってまさやんが怒られたって情報は俺は知ってんねん。俺はそれを知ってる以上そこに登ったらアカンやん?俺はスピーカーの上には登ったんよ、そこは何も言われてないからね。歌い終わって降りて来たらライヴ中に人が来て"もう登らないでくださいよ!"って(笑)。ライヴ中に"すいません、すいません!"って(笑)。そういう怒られはちょいちょいあるけど、まぁでもしゃあないよな。

北島:だからそこのスレスレで、怒られてもしゃあないと思ってやるのが観る人の心を掴むのかなって。

川さん:悪いことしようと思ってないから、もともと。そうなってしまった結果怒られたっていうね。

北島:あとでも言葉もありますよね、川さんのは。固有名詞は出さないですけど、現COMIN' KOBE、前GOING KOBEで、対面で前に出られてたアーティストさんがちょっと時間長かったんですよ。それはもう......、直接的に言われましたもんね。1発目のMCがそうでしたもん!

川さん:COMIN' KOBEってすごい時間が厳しいのよ。ギュッと詰まってるから。それをみんないろんな試行錯誤しながら20分とかやってたのに、すごい長くやってたから。

北島:あれは誰しもが思ってた。