Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

挫・人間 下川リヲの"モノホンプレーヤーになれねえ"【第12回】

2020年04月号掲載

挫・人間 下川リヲの"モノホンプレーヤーになれねえ"【第12回】

前回のコラムが公開されて「他の連載陣が、今年もよろしく!的な内容で書いているのに、下川だけ季節感ゼロで『赤ん坊が怖い......』とか言ってて心配になった」みたいなのをよく聞いたので、年がら年中『粉雪』を全力で熱唱しているおれも、今回ばかりは春らしい話をしたい。

我々挫・人間のような、絶対に夏の野外フェスに呼ばれないようなバンドが(なんでもするので出してください)、どうやって季節感を掴んでいるのか教えよう。
それは、小学生のツイッターアカウントを作ることだ。

おれは、自分より弱い人間が大好き!!!!
だから、先輩や同世代のカッコいいバンドと関わりたくない。
なので「おっ、下川有名なバンドの奴にフォローされてるじゃん」と思われるために仕方なくツイッターをやっているのだ。

が、実はその裏で、小学生なりきりアカウントHIROKi(仮名)がフル稼働している。「部活最高」などとツイートしたりして、フォローしてくれた小学生達と、アナザースカイを楽しんでいるというわけだ。

とはいえ、そんなライフワークも6年近くやっていると、当時小学生だった皆も高校生になってしまった。HIROTO(仮名)もMiracle(仮名)も気付いたらツイッターから離れていった......。
それでも、みんな友達だぜ!と思っていたのだが、ある日、ひとつのアカウントが、気付いたら「カップルアカウント」というものになっているではないか!!

カップルアカウント?!!!?!?
要するに、恋人とのラヴリーな日常をツイッターに載せるという、邪悪な活動だ。

バカが!!!!!ちょっと前まで、「アイドルとか好きになる気持ちわかんねーし」とか言ってたくせに......!この、裏切り者がよ!!!!

おれは、スマホ越しに吠えた。
――おれより先に幸せになるな――目を細めて念を送った。
おれは彼が小学校を卒業し、中学でサッカーを始め、身長が30センチ近く伸びて、塾で受験勉強を頑張り、高校に入学し、彼女を作る......その間、おれは、屁をこきながらリカちゃんでんわをかけていただけだ......。

おれは静かに小学生アカウントを閉じた。おれが、おれ自身としてもう一度成長するために。立ち上がって目の前の敵と戦うために......。

そしておれはNintendo Switchを起動し、ネット対戦で春休みで暇を持て余している小学生を平日の昼間に片っ端からボコボコにしたのだった。

いいか!大人は怖いんだよ!!よく覚えておくんだな!!!!!!

――春は、出会いと別れの季節だ。

fin

挫・人間

2008年、熊本で結成。"閃光ライオット2009"の決勝大会に進出し、同大会のキャンペーン・ガール、夏未エレナが選出する"夏未エレナ賞"を受賞。2013年に1stアルバム『苺苺苺苺苺』をリリース。2018年5月に1stシングル『品がねえ 萎え』、11月には4thアルバム『OSジャンクション』を発表した。2020年3月には5thアルバム『ブラクラ』をリリース。現在、"挫・人間 TOUR 2020 ~さような来世!風と共に去りヌンティウス~"を開催中。