Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

挫・人間

Skream! マガジン 2022年07月号掲載

2022.06.01 @渋谷CLUB QUATTRO

Reported by 山口 智男 Photo by 森 好弘

"おいっす! 久しぶりに渋谷CLUB QUATTROに帰ってきました。夏目(創太/Gt/Cho)がQUATTROラストです。(みんなは)しんみりしながら夏目の最後を楽しむつもりなんだろうけど、俺たちが先に楽しませていただきます!"

序盤から、夏目創太とマジル声児(Ba/Cho)のバカテクを交えながら、「チャーハンたべたい」、「明日、俺はAxSxEになる......」、「さよならベイベー」とロック・ナンバーを畳み掛けるように演奏して、一気に会場の温度を上げていったところで、下川リヲ(Vo/Gt)が宣言したように、この日は先日、脱退を発表した夏目のフェアウェル・ツアーの3日目となる東京公演。挫・人間でプレイする夏目の雄姿を見届けようと集まった観客は、はなっから盛り上がる気満々だった。

そんな観客の期待に応えようと、いや、はるかに上回ってやろうとステージの4人は「大人の事情」から、ファンキーなサウンドを基調に様々な音楽のエッセンスを取り入れ、持ち前の諧謔精神でくるんだ曲の数々を、弛緩と緊張を行ったり来たりしながら披露していった。手を振ったり、拳を突き上げたり、その場で飛び跳ねたり、手をワイプしたり、あらゆるアクションで応える観客に"挫・人間、QUATTROソールド(アウト)したの初めて。(メンバーの)脱退も悪くないなと思った(笑)"と下川もご満悦だ。もちろん、それはアンセミックでキャッチーな展開を持つ魅力に加え、バンドが一丸となったときの演奏のパワー、そして観客を懐柔する下川の話術によるところが大きいのだが、カラオケに合わせ、踊りながら歌う4人に観客がサイリュームを振るという光景に思わずくらくらしてしまった電波ソング風の「☆君☆と☆メ☆タ☆モ☆る☆」で会場の盛り上がりはさらに跳ね上がったのだった。

そして、後半戦の始まりを印象づけるように、そんな熱狂から一転、夏目の軽やかなカッティングとともに演奏したチル系のR&Bナンバー「ゲームボーイズメモリー」は、嵐の前の静けさだった。そこからさらに一転、バンドはアンセミックなコーラスが観客の気持ちを再び駆り立てるロックンロールの「恋の奴隷」、ラップ・ロックが四つ打ちのリズムとともに展開する「セルアウト禅問答」と繋げ、会場の温度を今一度ぐっと上げると、下川が畳み掛けるようにラップする「絶望シネマで臨死」のファンキーな演奏で観客をとことん踊らせ、本編を締めくくった。

いつもだったらそこで完全燃焼となっていたかもしれない。しかしこの日、バンドにはやり残したことがあった。それは下川いわく"夏目の除霊"。初恋の亡霊を除霊するというテーマで作った「下川最強伝説」を、今回のツアーを最後に挫・人間を脱退する夏目への餞として演奏した。"本当は夏目とケンカ別れしたかったけど"と、それまで夏目の脱退を笑い飛ばしていた下川が不意に本音をポロリ。ということは、さっきマジル声児が夏目に言った"Twitter見たけど、脱退すんの(笑)?"という言葉も単なるボケではなかったわけだ。

もちろん、そこでしんみりしたまま終わらないのが挫・人間だ。最後の最後に彼らが選んだのはロックンロールの「マジメと云う」。この曲の"かっとばせ!マジメ!/まだまだやれるぞマジメ!"というシンガロングはこの日に限っては、彼ら自身に向けたエールだったんじゃないか。メンバーたちの思いを汲み取ったように眩い照明の中、拳を振る観客の姿を観ながら、そんなことを思った。ちなみに、全17曲を披露したオールタイム・ベストと言えるセットリストは、7月24日のツアー・ファイナルまで変化し続けるそうだ。そこには、できるだけ多くの曲を夏目と演奏したい。そして、それを観客にも楽しんでほしいというバンドの思いが窺える。


[Setlist]
1. チャーハンたべたい
2. 明日、俺はAxSxEになる......
3. さよならベイベー
4. 大人の事情
5. 人間やめますか?
6. 童貞トキメキ☆パラダイス
7. JKコンピューター
8. ソモサン・セッパ
9. 人類
10. 念力が欲しい!!!!!~念力家族のテーマ
11. ☆君☆と☆メ☆タ☆モ☆る☆
12. ゲームボーイズメモリー
13. 恋の奴隷
14. セルアウト禅問答
15. 絶望シネマで臨死
En1. 下川最強伝説
En2. マジメと云う

  • 1