Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

NEWS

Japanese

川谷絵音がリード曲「だけど放て」プロデュース。BENI、デビュー15周年記念ニューEP『Y/our Song』9/16リリース

2020.08.05 04:00

川谷絵音がリード曲「だけど放て」プロデュース。BENI、デビュー15周年記念ニューEP『Y/our Song』9/16リリース

ゲスの極み乙女。

Official Site

ジェニーハイ

Official Site

BENIが前作品から約1年9ヶ月ぶりとなるニューEP『Y/our Song』を9月16日にリリースすることを発表し、同作品のリード曲「だけど放て」は、BENIと初タッグとなる川谷絵音(indigo la End/ゲスの極み乙女。 etc.)を迎え入れ、作詞作曲含むプロデュースを担当していることが明らかになった。
 
同局は、レコーディングにも川谷立ち合いのもと、細かくやりとりをしながら制作され、BENIの新たな一面を見いだしている。その他にニューEP『Y/our Song』にはBTSなどを手掛けるSUNNY BOYがプロデュースする「Beautiful」や、2020年2月にデジタル・シングルとしてリリースされた「夢色日和」と「HAPPY」など含む、全7曲が収録される。
 
川谷、BENIからのコメントは以下の通り。
 
もともと BENI さんは強い女性のイメージがあったのですが、
お会いしたらとても繊細な方だなと思いました。
この曲は、本当は弱いけど、強がっている人の像でもあるので、パブリックイメージが 強い方が歌うと、凄くエモーショナルに感じました。
僕が作ったメロディーを自分のものにして歌いこなしていて、素晴らしい歌唱力と表現力で、想像以上の楽曲に仕上がったので、とても感動しました。
ライブで聴ける日を楽しみにしています。
―― 川谷絵音
 
今回は15周年を記念したEPをリリースする際に、一曲を他のミュージシャンにプロデュースをして頂きたいと思い、真っ先に出した名前が川谷絵音さん。
デモ曲を最初に聴いた時の一言めは「おしゃれカオス」でした(笑)
疾走感ありながらも、自分と外の世界への葛藤をこんなにもどかしく表現するのは初めて。
新しい側面を引出されるのはアーティストにとって最高なプレゼントですね。
皆さんにも聴いてもらって悩みや日々のフラストレーションから解き放たれて踊ってほしいです!
―― BENI
 
■川谷絵音
indigo_kawatani_solo_web.jpg

 

▼リリース情報
BENI
ニューEP
『Y/our Song』
BENI_yoursong_jacket_web.jpg
2020年9月16日(水)リリース
UMCK-1661/¥2,860 (税込)
 
[CD]
1. だけど放て
2. Missing Piece
3. Don't You Stop
4. Beautiful
5. L.I.F.E. - Love Is Forever Evolving -
6. 夢色日和
7. HAPPY
 
[DVD]
だけど放て (Music Video) / Arigato (Music Video) / BENI Live Tour 2019 -唄道- (Behind the Scenes)