Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

ジェニーハイ

Skream! マガジン 2020年01月号掲載

ジェニーハイ

Official Site

2019.11.27 @六本木ヒルズアリーナ

Reported by 蜂須賀 ちなみ Photo by 井出康郎

初のフル・アルバム『ジェニーハイストーリー』の発売日にあたる11月27日、ジェニーハイが六本木ヒルズアリーナでフリー・ライヴを開催した。フェスや音楽番組で見かける機会も増えてきた彼らだが、単独公演はこれが初。貴重な機会に多くの人が駆けつけた。

カウントダウンが明けると、それまで各メンバーの写真を映していた幕の向こうに、本人のものと思われるシルエットが出現。すると「ジェニーハイのテーマ」のトラックが始まり、川谷絵音(Gt/Produce)、新垣 隆(Key)、くっきー!(Ba)、中嶋イッキュウ(Vo)、小籔千豊(Dr)の順に自らのパートを歌いながら姿を現した。MVにもある"G"のポーズを模したダンスなどを踊りながらラップする5人。振り向きざまにポーズをキメるラスト・シーンでは新垣がメガネの上からサングラスをかけ、タモリに扮してメンバーの総ツッコミを受けた。続くは「ジェニーハイラプソディー」で、自己紹介ソングを2連投する展開。観客含めたみんなで"ゴーストライター!"と叫ぶのも斬新だ。

"寒いなか集まっていただきありがとうございます。今日は楽しんでいきましょう!"とイッキュウが観客に挨拶するなか、ステージ上ではメンバーが楽器を構え始める。"どうだ、寒いだろ! 20分後にはほかほかになってっから!"、"今日は六本木揺らそうぜ!"と芸人からバンドマンにギアチェンジしたくっきー!による煽りを経て、「ランデブーに逃避行」がスタートだ。ここからの5曲はバンド編成。曲間を新垣の旋律が繋げたり、「グータラ節」間奏でくっきー!のスラップが炸裂したりと、各メンバーのファイン・プレイも光る。「片目で異常に恋してる」では川谷とくっきー!に両サイドから詰め寄られたイッキュウが、思わず笑い出してしまう場面もあったが、それよりも、この曲ではバンドとしてのグルーヴが感じられる演奏に聴き入ってしまった。「シャミナミ」の頃にはおそらく緊張も和らいできたのだろう。小籔、くっきー!も観客のほうをよく見ていたり、リズムに合わせて身体を動かしたりしている。小籔に関してはメンバーが"ありがとうございます!"と言ったのに合わせてフィルインを入れるなど、MC中も絶好調だ。

事前告知の通り、最後の曲の前でBiSHのアイナ・ジ・エンドがゲストとして登場。さらに、ジェニーハイ結成のきっかけとなった番組"BAZOOKA!!!"に出演していて、BiSHファンとしても知られる千鳥のノブも急遽ステージに登場だ。ノブは"何順調に売れていってるんですか!"とバンドの活躍を喜びつつ、次の演奏曲のタイトル・コールを間違えてしまい、川谷が笑いながら訂正する。

そうして演奏されたのは、アイナを客演に迎えた「不便な可愛げ feat アイナ・ジ・エンド(BiSH)」だ。イッキュウの儚くも芯のある歌声とアイナのハスキー・ヴォイスは相性抜群で、"ツイン・ヴォーカルで女子ならアイナちゃんしかいないと思った"と川谷が語るだけある。最後はノブの"癖が強い!"を合図に観客も含めて記念撮影をして終了した。1時間弱で全7曲。短い時間ながらも、バンドの個性を体感できた時間だった。次はぜひとも正式なワンマン・ライヴを。


[Setlist]
1. ジェニーハイのテーマ
2. ジェニーハイラプソディー
3. ランデブーに逃避行
4. グータラ節
5. 片目で異常に恋してる
6. シャミナミ
7. 不便な可愛げ feat アイナ・ジ・エンド(BiSH)

  • 1