Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

fhána × Skream! × バイトル

2019年10月号掲載

fhána × Skream! × バイトル

メンバー:towana(Vo) 佐藤 純一(Key/Cho) yuxuki waga(Gt) kevin mitsunaga(Sampler)

インタビュアー:吉羽 さおり Photo by うつみさな

村上:素敵だなと思います。towanaさんはいかがですか。

towana:私は、小さいときからお家の中でずっと歌を歌っているような子供だったんです。自分が何か曲を聴くときも、自分が歌いたいものというか、歌えるものというのが基準だったから、基本女性ヴォーカルのものばかり聴いているんですよ。あとは、簡単なものよりは、ちょっと歌いづらそうなものや難しいものばかり聴いてきたような気がします。それが歌えたときが楽しいんです。といっても、家の中で鼻歌で歌うくらいなんですけどね。ずっとそうやって聴いてきたから、プロになって聴き方が変わるというのはなかったです。でも、ちゃんと商品になるような歌を歌うという意識にはなりました。この人はこの曲を歌っているとき、難しいけど、どうやって歌っているんだろうなとか、ここはファルセットにするんだなとか、そういうちょっとした分析みたいなものをすることはあります。でも、自分が歌って楽しいものとか、歌いたくなるものとかを聴いているということでは、あまり変わっていないと思いますね。

村上:特によく聴く曲はありますか?

towana:先ほど女性ヴォーカルしか聴かないと言ったんですけど(笑)、スピッツさんがすごく好きで。スピッツだけは別格なんです。草野(マサムネ/Vo/Gt)さんは声も高いし、私が自分で歌うにしても楽しく歌えるので、よく聴いていますね。

村上:小さい頃は、いろんな歌手を真似て歌うとかもしていたんですか?

towana:まさに真似していたんです。自分がオリジナルの曲を歌うとなったとき、これは今でも思っているんですけど、私の歌声ってあまりオリジナリティがないなって感じるんですよ。

村上:そんなことはないです。

towana:フラットだなというか。売れている方ってそれぞれ特徴があったりしますけど、そういうのを真似て遊びで楽しく歌っていた感じだったので、いざ自分がオリジナルの曲に声を乗せるとなったとき、どうしたらいいんだろうってなりました。今でもそんな感じなんです。でも周りの方からは、"fhánaの歌声はこんな感じ"っていう特徴的なものとして、捉えてもらえている感じがするので、これでいいのかなって。周りの人の声や環境で、これでいいんだなってなっている感じなんです。

村上:スタイルができあがっているのかと思っていました。

towana:迷っていましたね。

kevin:その"個性とは"というのは、普遍的にみんなが悩むところですよね。それこそ今アルバイトをしている人たちも、自分は何が得意なのか、どんな個性があるのかってわからなくてモヤモヤしていることもあると思うんです。それに通じる話だなと。

towana:うん、なかなか自分ではわからないっていうことかもしれないですけどね。

村上:そこを周りが認めてくれることで、自信になっていく感じですか。

towana:そうですね。

佐藤:音楽だけではなく、なんでもそうですけど、すべての表現は過去にあった何かの真似から始まっているんですよね。完全にオリジナルな表現というのは、存在しないんです。真似からスタートするんだけど、それをいろいろやっているうちに気がつけば自分ならではのものができあがってくる。仮に自分らしさを出さないようにしたとしても、滲み出てきちゃうというのはあるかもしれないですね。で、towanaに関しては、客観的に見ても、towanaっぽいヴォーカルって他にいないんですよ。これはオリジナリティがあると思いますね。

村上:towanaさんの歌で、fhánaにしてくれる感じがありますしね。

towana:それは歌い方に癖があるとかではないと思うんですよね。声質の話なのかな。

佐藤:ヴォーカルって、これは良くも悪くもだと思うんですけど、生まれつきのものだと思うんです。誰でも練習である程度、80点くらいまではいくと思うんですけど、その先は本物の才能がないといけないですね。この人の歌は本当にいいなって世の中の誰もが感じるような人って、もう生まれつきの才能というか、歌うために生まれてきているというか、それは訓練でどうこうという次元じゃないんですよ。訓練することで技術的にピッチが安定したり、表現力が増したりというのはもちろんありますが、根本的には生まれ持った才能ですね。そういう本当の才能があるヴォーカリストって、プロの中でもそうそういないんじゃないかなと。もちろん、才能を持って生まれたうえで、それを磨いていくことで本物になっていくわけですけど、声質が特徴的というのは、生まれ持ってのものなので、ある意味ギフテッド、神に与えられたものっていうのはあるかもしれないですよね。

村上:そう思います。今日は、いいお話をたくさんありがとうございました。

fhána × Skream! × バイトル
キャンペーン情報

バイトルアプリをDLしてfhánaの
サイン入りTシャツ+缶バッジをプレゼント


バイトルのアプリをダウンロード後、お知らせメニュー一覧にあるSkream!×バイトルのページからご応募いただけます。
キャンペーン詳細はこちら


フォロー&RTでfhánaのサイン色紙をプレゼント

応募方法は、Skream! Twitterアカウントをフォローした上で該当のつぶやきをRTするだけ。締切は2019年10月15日(火)。たくさんのご応募お待ちしております。
※お送り先をDMで伺いますので、Skream! Twitterアカウントをフォローした上でリツイートをお願い致します。