Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SIX LOUNGE × Skream! × バイトル

2019年12月号掲載

SIX LOUNGE × Skream! × バイトル

メンバー:ヤマグチユウモリ(Gt/Vo) イワオリク(Ba) ナガマツシンタロウ(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり Photo by 新倉映見

日本最大級のアルバイト求人情報サイト"バイトル"とSkream!による"激的アルバイトーーク!"の今回のゲストは、12月11日に待望のフル・アルバム『THE BULB』をリリースする大分発のロックンロール・バンド、SIX LOUNGE。高校時代に結成し、10代のうちから怒濤のライヴやツアーを行うことで、その名を全国区にしていった3人は、どんな学生時代を送り、どんなアルバイトをしてきたのか話を訊いた。また、今回はSIX LOUNGEにインタビューをするドリームバイト企画で選ばれた大学生、有田さわのさんがSkream!編集部員として取材に参加し、3人に直接バンドや曲作りについての話を聞いてもらった。

SIX LOUNGE × Skream! × バイトル
キャンペーン情報

  1. フォロー&RTでSIX LOUNGEの
    サイン色紙をプレゼント
  2. バイトルアプリをDLしてSIX LOUNGEのサイン入りロゴタオルをプレゼント

▼応募はこちら
https://www.baitoru.com/contents/geki/48.html#oubo


-SIX LOUNGEの結成は高校生の頃だそうですが、みなさんはその当時、アルバイトはしていたんですか。

ヤマグチ:バイトというのはしてなかったんですけど、俺は実家がラーメン屋なので土日に手伝ったりはしていました。仕事としては、雑用ですよね。朝10時くらいに店に行って、仕込みを手伝ってもう2時くらいには終わっていましたけど。

ナガマツ:俺は高2くらいから、カフェでバイトをしてました。その店がパフェで有名なところだったんですけど、接客は苦手だったので、厨房で2~3年バイトしてました。

-今のナガマツさんの感じとパフェっていうのがいまいち結びつかないんですが、なぜそのお店をバイト先に?

ナガマツ:スタッフにバンドマンが多い店だったんです。

ヤマグチ:めちゃくちゃガラ悪かったよね(笑)。

イワオ:お客さんはJKしかいないけど。

ナガマツ:たしかにお客さんは女子高生とか、女性客ばかりでした。

ヤマグチ:でも店長がモヒカンだった。

-パフェとは不似合いな方も多かったんですね(笑)。

ヤマグチ:そのカフェは、SIX LOUNGEのMV撮影でもお世話になっているんですよ。

-ふたりはナガマツさんが働いているときに、お店に行ったりしてました?

ヤマグチ:何回か行ったんですけど、店員さんは怖い感じだし、お客さんは女の子ばっかりだしで、肩身狭い思いをしながらいましたね。

イワオ:しかも男に対しての接客が違うよね?

ナガマツ:男には冷たい(笑)。

イワオ:俺、元カノとオムライス食いに行ったことあったな。そのときシンタロウはいないと思って行ったのにおって、"いらっしゃいませ~"ってニヤニヤしながらこっち見てて。

ヤマグチ:あの店が一番おしゃれだと思って彼女連れていったんだろ?

イワオ:そんなことないよ!

-それくらい人気のお店だと、忙しいのでは。

ナガマツ:結構人気で、土日とかは列ができたりしていて、忙しかったです。ただ、バイトはバンドマンが多かったのでシフトについても理解してもらえたし、一緒に働いていた人はたまにライヴに来てくれたりしましたね。

-イワオさんはどんなアルバイトを。

イワオ:高校生のときは学校がバイトしちゃダメなところだったんですけど。でもどうしてもバイトがしたかったので、こっそり宅配ピザ屋の中で働いてました。電話対応とかしてましたね。そこは2年くらい働いたかな。未だにバイト先のグループLINEに入っていて、シフト表が送られてくるんですよ。

ヤマグチ:まだ入ってるの?

イワオ:もう3年くらいは行ってないんですけどね。でも、すごく応援してくれていて。

-バンドをやっていることは承知だったんですね。

イワオ:そうです。土日はライヴがあるからバイトに入れないとかも理解してくれて、シフトも結構わがままを聞いてもらえましたね。

-ヤマグチさんは実家のお手伝い以外でもバイトはしているんですか。

ヤマグチ:高校を卒業してからは、服屋さんでバイトをしてました。そこは楽でしたね。立っているだけで良かったので。大分って結構時給は安いんですけど、そこは時給も良かったし、家も近かったし、服も半額で買うことができたので、これはいいなと思って。

-そのお店はバンド活動にも理解はあったんですか。

ヤマグチ:みんないい人ばかりでしたね。CDを買ってくれたりもしていたんです。シフトも、ライヴが入るような土日とかは配慮してもらっていたと思いますし、いいバイト先でした。

-バイト代っていうのは、バンド活動に費やすことが多かったんですか。

ヤマグチ:高校生のときは、シンタロウがグッズとかを作ってくれていたんですけど、卒業してインディーズ・レーベルのTHE NINTH APOLLOに所属してからは、自分たちがお金を出してCDを作ったりするとかはなかったと思いますね。

-順調な活動ですね。バンドを始めた頃って、いいモデルになるような先輩とか、こういうふうに活動すればいいと教えてくれるような存在は近くにいたんですか。

ヤマグチ:もともとは高校の先輩とバンドを始めたのが最初だったんです。それでライヴハウスに出させてもらえるようになって、今の事務所に見つけてもらったというのがデカかったですね。

-当時、大分で10代のバンドっていうのは多かったんですか。

イワオ:当時、同い年くらいのバンドはあまりいなかったのかな。

ヤマグチ:今考えればかっこいいバンドは少なかったかな。東京に出ちゃったバンドはみんなかっこ良くて、憧れだったんですけど。近いところではそんなにいなかったかもしれない。

-そのくらい3人は3人で、自分たちのやりたいことをやっていくんだっていうのはあったんですね。

ヤマグチ:そうですね。でもプロになろうみたいな感じではなかったんです。ただ楽しいし、褒めてもらえるのでやっていて──

イワオ:なんかバンドする前のほうが3人仲良かったよね?

ナガマツ:(笑)

ヤマグチ:いや、もうこうなってくると仲がいいとかの感じじゃないんですよ(笑)。家族以上に一緒にいますからね。