Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI × Skream! × バイトル

2019年02月号掲載

バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI × Skream! × バイトル

バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI

Official Site

メンバー:鈴姫 みさこ 恋汐 りんご ななせぐみ 望月 みゆ 甘夏 ゆず 大桃子 サンライズ

インタビュアー:吉羽 さおり Photo by 上溝恭香

日本最大級のアルバイト求人情報サイト"バイトル"とSkream!による"激的アルバイトーーク!"の今回のゲストは、バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHIの6人。2019年1月1日に、改めて"ポスト・アイドル"として、音楽を通してLOVE&PEACEを世界に広めるべくユニット名を変え、のっけからフル・パワーで活動し、4月にはメジャーでの2ndアルバム『NO LIMIT』のリリースも予定されている。アイドルでありバンドでもある新しい形で、まさにノー・リミットでファンを増やしている6人は、これまでどんなアルバイトを経験してきたのか、話を訊いた。また今回は、普段はできないような非日常的な体験ができる企画"ドリームバイト"で選ばれた大学生、坪谷英里さんもインタビューに参加。熱い質問をぶつけてもらった。

バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI × Skream! × バイトル
キャンペーン情報

  1. フォロー&RTでバンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHIのサイン色紙をプレゼント
  2. バイトルアプリをDLしてバンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI厳選のグッズ3点セットをプレゼント
  3. (チェキ帳、肝試しツアータオル、メンバーサイン入りHAPPY BIRTHDAYロンT)

▼応募はこちら
https://www.baitoru.com/contents/geki/37.html#oubo


-みなさんこれまでどんなアルバイトをしてきましたか。

鈴姫みさこ:私は、一番長く勤めていたのが居酒屋さんで。毎日皿を割って、店長に"次割ったら辞めさせるぞ"って言われながら1年半くらい勤めました。大学在学中だったんですけど、そのときはなぜかたくさんバイトをしたくて。接客業専門の派遣のバイトに登録していて、六本木のカラオケ館に派遣に行ってバイトしていたりもしましたね。このお店、全然日本人のお客さんが来ないなぁと思っていたら、店員さんが外国人の方だったとか(笑)。あと、パン工場の流れ作業のバイトで、柏餅に葉っぱをつけるだけの作業もしました。

ななせぐみ:面白い。

鈴姫みさこ:派遣でいっぱいバイトをしていたんですけど、働きすぎてある日、左膝に水が溜まりました。

恋汐りんご:それは働きすぎ。汐(恋汐りんご)は、バイトの経験が少なくて。ケーキ屋さんと、あとはアニソンのDJバーで働いたことがあります。アニソンのDJバーの方では、メイドさんじゃないけどかわいい制服を着てお酒を作ったり、あとはイベントでDJもしたりしてました。ケーキ屋さんは高校生のときにやっていて、すごく時給はちっちゃいんですけど──

望月みゆ:時給は大きい、小さいじゃなくないか(笑)?

恋汐りんご:ちっちゃいんです。もともとケーキ屋さんで働いてみたかったんですけど、面接はしたくなかったので、知り合いのところで。

ななせぐみ:コネ(笑)。

恋汐りんご:お願いをして、働かせてもらいました。お客さんに言われたケーキをケースから取るとか、あとは苺を乗せるだけの作業をしました。

望月みゆ:キャラを裏切らないね。もみ消してないよね、似合わないやつとか。

甘夏ゆず:コンビニとか。

鈴姫みさこ:実は工事現場で、とかね。それはそれで萌えるけど(笑)。

恋汐りんご:かわいさを重視してました(笑)。

-ケーキ屋さんで働くことの特典はありましたか?

恋汐りんご:ケーキを間違って崩しちゃったりしたら、買取なんです。好きなケーキを崩しちゃうこともありました。

望月みゆ:それは口実だよね。

恋汐りんご:"しょうがないから、これ買います"って言って、しめしめって思いながら購入して帰りました。楽しかったです。

-では、ぐみさんはどうですか。

ななせぐみ:ぐみはコンビニと焼肉屋さんと、ビア・ホールとか、カフェです。

望月みゆ:焼肉屋でバイトしてたのは知らなかった。

ななせぐみ:3回で辞めたからね。ぐみの特徴は、結構早めに辞めるってことで(笑)。焼肉屋さんは、肉を焼く網を洗わなきゃいけなくて。一生懸命やったんですけど、"もうちょっと洗える"って言われて、自分ができる中で一番きれいに洗ったから、これは無理だなって思ったんです。

望月みゆ:(笑)

ななせぐみ:カフェが一番楽しかったです。ケーキの盛りつけとかも楽しいし。カフェはまあまあ長くやったかなぁ。半年くらい。

望月みゆ:私は数が多いので、ざっくりと言っていきますね。まずピザ屋でメイキングをやってました。で、そのあとに焼肉屋さんで――私はちゃんと網を洗ってましたよ(笑)。それと同時にTOWER RECORDSでバイトをしていて。そのあとは上京資金を貯めるために小豆島で仲居さんというか、ホテルの住み込みのバイトをして。そのあと戻ってきて、短期バイトをたくさんやりましたね。100均の店舗の設営──什器の搬入とか。

恋汐りんご:じゅうきはんにゅう!?

望月みゆ:陳列も全部自分でやって、売り場を作ったりするのを何店舗かやりました。そのあとは百貨店での催事のバイトをしたりして、お金を貯めて東京に来て。子供の写真館でヘアメイクとか衣装選びとかの手伝いとか、コンセプト・レストランとかで働いて。そのあとはディズニーストアで働いてました。

鈴姫みさこ:ブライダルのバイトもしてたよね?

望月みゆ:そうだ。専門学校を卒業して最初にやったのがブライダルのバイトでした。ブライダルのバイトのときは毎回、全然知らないカップルのビデオを見て、良かったねぇと思って泣いてました。

鈴姫みさこ:親に手紙読むのとかも、涙を耐えるのがつらいよね。

望月みゆ:そうなの! いろいろ経験してます。

甘夏ゆず:ぽん(甘夏ゆず)も、なんだかんだでいっぱいやっているんですけど、続かなくて(笑)。人生で初めてやったのが、高校生のときのレストランのバイトで。両方の手に肉の乗った鉄板を4つ乗せて持っていかなきゃいけないんですけど、筋力がなさすぎて、そのまま落としちゃって。

大桃子サンライズ:え、全部?

恋汐りんご:それどうしたの?

甘夏ゆず:"ごめんなさい、作り直してください"って先輩のおばさんに言うんですけど、おばさんに"もう! *#$&?%!@!!"とか怒られながら。

望月みゆ:なんて言ってるの、それ(笑)。

甘夏ゆず:キッチンに去りながら怒るから、何言ってるかわからなくて(笑)。店長は"そのうち慣れるから大丈夫だよ"って言ってくれてたんだけど、おばさんはずっとそのテンションのままだったから、怖くて辞めて。そのあとは、私はたぶんゆるいところが合ってるんだろうなって思って、コンビニのバイトに応募したんですけど、ゆるいって思ってたらめっちゃきつくて。

恋汐りんご:コンビニって大変そうじゃない?

甘夏ゆず:そのときは高校の先輩と一緒だったから、意外と続いたんです。あとは引越し屋もやってましたね。最初は梱包だけって言われていたのに、気づいたら洗濯機ひとりで運べとか言われて。

望月みゆ:どう考えてもサイズ的に無理だよね。

甘夏ゆず:それで辞めちゃった。あとはカラオケ屋さんとか。漫画喫茶は2回で辞めて(笑)。それと、契約社員としてアパレル・ブランドで働いたりとか、あとはカメラ屋さんで働いたりもしてました。ぽんは続かない理由がひとつあって。考えたら、何かの専門的な知識が欲しかったんですよね。カメラ屋さんに入ったときに、現像から何から自分でやらせてもらえたり、写真の色味とかも自分で考えてできたりしたので、それが一番長く続きましたね。めっちゃ楽しかったです。

大桃子サンライズ:長期的なバイトより短期間のものが多くて。ティッシュ配りはよくやってました。

鈴姫みさこ:やったなぁ。

甘夏ゆず:ぽんもやった。

大桃子サンライズ:リゾート・マンションを売ってる駅まで行って、おじいちゃんとかおばあちゃんとかにパンフレットとティッシュを一緒に渡したりするバイトで。あとは美術系の裏方っていうのかな、それはよくやってました。夏になると友達と一緒に働くんですよ。夏休みに池袋のサンシャインで書道展があって、日本全国から何百点という書道の作品が届くんですけど、それを地域ごとに仕分けして、そのあと審査員の前に持っていって見せる仕事で。

望月みゆ:それ、1日どれくらいやるの?

大桃子サンライズ:ずっと。最初の時期は日本中からくる作品を仕分ける仕事で、後半は審査員に持って見せる仕事(笑)。

望月みゆ:いくら貰えるの?

大桃子サンライズ:1日9,000円くらいだったかな。

ななせぐみ:いいなぁ、それやりたい。

大桃子サンライズ:これが友達同士で行くと結構楽しくて。