Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ねごと × Skream! × バイトル

2018年04月号掲載

ねごと × Skream! × バイトル

メンバー:蒼山 幸子(Vo/Key) 沙田 瑞紀(Gt) 藤咲 佑(Ba) 澤村 小夜子(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり Photo by 上溝恭香

小林:今、いいなと思うアーティストはいますか。

沙田:連載で、毎月レビューを書いてるんですけど。tetoっていうバンドをそのレビューのために初めて聴いたんですけど、すごく良かったですね。GOING STEADYとandymoriを掛け合わせたような感じで。王道のギターのリフとか、すぐに覚えられるようなメロディと歌詞で、すごくいいなって思いましたね。

蒼山:私は小さいころから宇多田ヒカルが好きで。昔のアルバム曲も、改めて聴いてみるとすごくいいんですよね。考えてみると、このころまだ彼女は20歳くらいだよなって思うんですけど、すでに完成されているんですよね、歌詞とかもすごくて。歌がうまいだけの天才じゃないんだなって思いながら、聴いてますね。

澤村:ともこ一角というバンドがいて。ヴォーカルが女性でほんわかした歌なのに、演奏がマニアックですごいんですよ。ライヴも全然やってないし、CDもホームページからしか買えないようなバンドなんですけど、すっごい気持ちのいい音楽なんです。

藤咲:友人に教えてもらった、FKJっていうアーティストを聴いてますね。昨年代官山UNITで来日公演があって、それは残念ながらチケットがソールド・アウトしていて行けなかったんですけど、今のねごとのツアーの会場SEの中に何曲か入れ込んでます。

小林:会場SEはみなさんの意見やそのときの趣味が反映されているんですか。

藤咲:いつの間にか私が担当になっていました。ツアーの1週間前くらいに選曲するので、その近辺で聴いているものが反映されてますね。

小林:ライヴでは、そこもちゃんと聴いてみます。それでは、最後の質問です。私もバンド・サークルに入っていて小さいながらもライヴをするのですが、ステージでは自分のことで手いっぱいになってしまって周りが見えなくなってしまいます。みなさんは、どんな思いで、どういうことを考えながらライヴをしていますか。

澤村:その日その日で私は違うけど、高校生でコピー・バンドをやっていたときは、人の曲で、身体に入れるのに時間がかかったりとか、身体に入ってない状態でライヴをして、自分のことでいっぱいいっぱいになってしまったり、お客さんのことを見れなかったりしましたね。コンタクトレンズの期限いつまでだったかなとか考えちゃったり、余計なことがいっぱい浮かんだりして。たくさん練習をするとそれだけ余裕もできるから、今はお客さんの顔を見て楽しむっていうのが一番ですね。あまり難しいことを考えずにやってますね。

沙田:邪念が入ることはあるよね。ライヴハウスで、"今日、空調臭いなぁ"とか(笑)。そういうのがあるとダメだよね。

蒼山:あるある(笑)。

藤咲:一瞬でも、お腹空いたなとか感じてしまったらだんだんと集中力が切れてきちゃったりするよね。ってこれ、質問に答えてるかな(笑)。

蒼山:あまり気張らない状態が一番いい気がしますね。その方が結果的にもいいライヴだったなと思えることが多いというか。やってやるぞっていう気持ちも必要だけど、音楽に入り込んじゃうというか、スイッチが入る瞬間があるので、そこに任せるだけってなると楽しいんじゃないかなって思います。

澤村:そういうときって、気づいたらライヴが終わってるもんね。

藤咲:あとは、ステージに立つときはひとりでも多くの人に楽しんでもらえるようにっていう"気"を送ってる。たぶん、場所によって見えないことも多かったりすると思うんですけど、"伝われ~"って(笑)。パフォーマンス的には前に出たりして、少しでも見えてほしいのはあるけど。確実に見えない人もたくさんいると思うから、そういう人たちもいることを忘れないようにしてますね。

沙田:小林さんは、音楽サークルでは何をやってるんですか。

小林:ドラムをやってます。

澤村:スタジオ入るんだったら、私行くけど。

沙田:講師で(笑)。

澤村:超厳しくいくよ。

小林:嬉しいです(笑)。

蒼山:こうして自分たちよりも若い世代の人に聴いてもらえるのは、嬉しいです。もちろん男の子でも嬉しいけど、同性の女の子に共鳴してもらえるのってすごく嬉しいですね。

小林:私も、いいお話がたくさん聞けて嬉しかったです。ありがとうございました。

ねごと × Skream! × バイトル キャンペーン情報

バイトルのアプリDLでねごとの
サイン入りネックストラップをプレゼント

バイトルのアプリをダウンロード後、お知らせメニュー一覧にあるSkream!×バイトルのページからご応募いただけます。
キャンペーン詳細はこちら


フォロー&RTでねごとのサイン色紙をプレゼント

応募方法は、Skream! Twitterアカウントをフォローした上で該当のつぶやきをRTするだけ。締切は4月16日(月)。たくさんのご応募お待ちしております。
※お送り先をDMで伺いますので、Skream! Twitterアカウントをフォローした上でリツイートをお願い致します。