Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

ねごと

Skream! マガジン 2019年09月号掲載

2019.07.20 @Zepp DiverCity(TOKYO)

Reported by 沖 さやこ

2007年に現メンバーで結成、2008年1月から本格的に始動したねごとは、12年弱の年月を経て"この4人でできることは精一杯やりきった"という理由で解散を選択した。

彼女たちが活動してきた期間のバンド・シーンの音楽的流行は明快且つ目まぐるしく、バンドマンたちにおいても激動の10年間だったと思う。その中で彼女たちは、インディー・ロック、オルタナ、シンセ・ポップ、エレクトロニカ、ダンス・ミュージックなど様々なジャンルを取り入れ、ポップ・センスが効いた独自のロック・ミュージックを追求し続ける。その凛々しく気高い姿勢、楽曲の精度には目を見張るものがあった。

ラスト・ライヴとなったZepp DiverCity(TOKYO)公演も、12年間を振り返りながら噛みしめるというよりは、自分たちの音楽を高めることに力を注いでいた。それは自然体ゆえなのか、音楽家としてのポリシーゆえなのか、どちらかは定かではないが、おそらくそのどちらもだろう。すべての経験を糧にして前進してきた彼女たちらしい、堂々とした幕引きであった。

「インストゥルメンタル」でゆったりと幕を開けると、「透き通る衝動」からアッパーな楽曲を立て続けに届ける。澤村小夜子(Dr)は軽やかでありながら力強いドラムを、藤咲 佑(Ba)はステージ前方に出てステップを踏みながら低音を繰り出して、陽のエネルギーでサウンドを牽引。蒼山幸子(Vo/Key)と沙田瑞紀(Gt)の歌と音色も演奏を重ねるごとにしなやかさを帯び、「透明な魚」はリズミカルで煌びやかなレーザーと照明とともに晴れやかな音色を放った。 「真夜中のアンセム」以降、4人のグルーヴはより増していった。「ふわりのこと」は蒼山の繊細でありながら堂々としたヴォーカルが美しく舞い、「Fall Down」から徐々にディープ・ゾーンへと入り込む。同曲のアウトロの演奏は、演奏に没頭する4人が作り出す音の泉が心地よく、「サタデーナイト」は音楽に対する逞しい美学が胸に迫る。幻想的な空気で場を染めたあとの「水中都市」は、より深いところで通じ合う4人の音がひとつの大きな世界を作り出した。人魚姫のように儚い音像に、"永遠、みたいだった"、"泳がせて もう少しだけ"という終わりを示唆する歌詞が重なる様は、ラスト・ライヴというシチュエーションと相まって、誠実且つ感傷的に響く。

蒼山はこの日お台場に来る際、ねごとが出演し審査員特別賞を受賞した"閃光ライオット2008"の決勝が夏のお台場だったことを思い出したと話す。センチメンタルな空気になりそうだったところで、澤村がその決勝に向かう道中で見知らぬ老人に怒られたエピソードを明かし、それに藤咲が乗ったことで、場内はほのぼのとした空気に包まれた。

生演奏とプログラミングの融合がクールに響く「シグナル」や、ねごと流のギター・ロック・ナンバー「nameless」など、バンドのエッジーな側面が表れた楽曲を畳み掛けると、蒼山は"音楽をやる意味とはぐれそうになったこともあったけど、みんなが曲を待ち続けていることが励みになった"と語る。このラスト・ツアーではそれをより実感していることを話すと、"バンドをやってきた意味が確かにあったなと感じています。みんなほんとに、ねごとに出会ってくれて、見つけてくれてありがとう"と頭を下げ、客席から温かい拍手が沸いた。

"宝物のような12年間で、宝物のような今です"と晴れやかな表情で語り、披露されたのは沙田のリミックス・バージョンの「ETERNALBEAT」。ダンサブルなのに切なくて、消え入りそうなほどの透明感があるのに屈強な意志が通っている、まさに"わたしたちだけのミュージック"。ねごとというバンドの化身とも言える音像で、この日歌われる"やまないビート"と"あなたを忘れないで/飛びたい"に、どうしても涙腺が緩んでしまった。そこから「endless」、「LAST SCENE」と繋ぎ、「アシンメトリ」でスケール大きく締めくくる。その勇敢な姿はどんな言葉よりも12年間の充実を物語っていた。

アンコールではメンバーそれぞれが独自の切り口から12年間の感謝を伝え、「雨」と「彗星シロップ」を届けると、彼女たちが最後に披露したのは「カロン」。高校生の4人が作ったバンドの始まりの曲を、持てる力をすべて出して演奏しきった4人は、全員が澄んだ笑顔を浮かべていた。

青春のすべてを費やしたバンドを手放すのは大きな決断だっただろう。だが人生の分岐点を自分たちで決めて歩き出したことは、きっとこの先財産になるはずだ。最後まで音楽家としてのポリシーと美学を貫いた彼女たちに、大きな拍手を送りたい。



[Setlist]
1. インストゥルメンタル
2. 透き通る衝動
3. DESTINY
4. sharp ♯
5. ループ
6. greatwall
7. 透明な魚
8. 真夜中のアンセム
9. ふわりのこと
10. シリウス
11. シンクロマニカ
12. Fall Down
13. サタデーナイト
14. 水中都市
15. メルシールー
16. シグナル
17. nameless
18. 憧憬
19. ETERNALBEAT -Mizuki Masuda Remix-
20. endless
21. LAST SCENE
22. アシンメトリ
En1. 雨
En2. 彗星シロップ
En3. カロン

  • 1