Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

KEYTALK

2016年04月号掲載

KEYTALK

メンバー:小野 武正(Gt/MC/Cho) 首藤 義勝(Vo/Ba) 寺中 友将(Vo/Gt) 八木 優樹(Dr/Cho)

インタビュアー:石角 友香

-4曲入りで、KEYTALKのメンバー全員が書いた曲が収録されていること自体、すごく意思表示な気がするし、実際全員の曲が聴けるので、表題曲以外の曲も、いつも以上に聴く気がします。

小野:僕もミニ・アルバム的なノリだなと思いますね、濃厚さという意味で。

-そういう見せ方をすることが今とてもいいタイミングなんだなと思いました。例えが他のバンドになってしまいますけど、9mm Parabellum Bulletも同じようなことをしてるじゃないですか。

小野:そうなんですよね。近いところで先輩がやっていて、それを知ったときからいいなと思っていて。ひとりひとりが曲を作れるのはなんか憧れますね。

-この人の際立った個性はこれなんだなって。まぁ今回だけでそう思われたら困るかもしれませんけど、特に巨匠(笑)。

寺中:いや、困りません(笑)。

小野:"肉!"(笑)。

-「One side grilled meat」の巨匠の詞は焼き肉についてしか歌ってないという振り切り方で(笑)。

八木:僕らもレコーディングのとき、爆笑してました。

-八木さんこれ爆笑してられるんですか?

八木:あ、歌詞は歌録りのときまで知らなかったんで。たしかにライヴではあんまりやりたくない......。

寺中:おい! やろうぜ(笑)。

八木:同じ理由で自分の曲もやりたくないんですけど。疲れるから(笑)。速いしパンチあるし、置きに行けないんですよね。

-(笑)寺中さんの曲は"2ビートやりたい"という思いからどういうふうに発展していったんですか?

寺中:本当はもっとセクションは多かったり、テンポ変わって静かなところがあったり、いろんなパートがついてたんですけど、みんなでスタジオで合わせていく中で、いらない部分は削ぎ落として、よりシンプルにしました。それこそロック感が増して、曲自体がすごくソリッドになったというか。そのストレートでかっこいいオケの上に何を乗せようかとすごく悩んだんですけど、今回、武道館後の初シングルで、自分がやりたいことって何なのかを考えたときに......武道館でもそういう思いはあったんですけど、"かっこいいな"と思ってもらうよりも"ちょっと笑ってほしい"という欲があって。この曲こそ、歌詞を見てもらえば笑っちゃう曲だと思うんですけど。ちょっと"かっこいい"って思ってほしいのとプラスして"笑ってほしい"みたいな。今後、曲でやっていきたいことの第一歩というような感じになりましたね。

-楽しすぎます。ヴォーカルにエフェクトがかかってるから、一瞬かっこいいこと歌ってそうに聴こえるところがミソですね。

寺中:そうですね。うまく隠しつつ、歌詞を見ないとわからない感じにして。できれば肉を焼きながらライヴしたいですね。

-で、首藤さんは首藤さんで、すごく"らしい"んですけど、なんでしょうね、この懐かしさと王道感は。

首藤:そうですね(笑)。こういうメロばっか出てくるんですよね。80年代歌謡みたいな。好きですねぇ、こういうの(笑)。

-今までもパーカッション的な音は入ってたと思うんですけど、より前に出ていることで80年代の歌謡感が出るのかなと。

首藤:たしかに歌謡感出ますよね、急に。バンドのサウンドだけだとソリッドになりすぎるかもしれないところが、ちょっと和らぐというか。『MONSTER DANCE』(2014年リリースのメジャー3rdシングル)を作ったあたりから、僕が作った曲は積極的に入れてもらうようにしてます。

-本当に四者四様なんだけど、それを4人で作ってるのがKEYTALKらしいという。"攻めていこう"というのは曲調だけじゃなくて、明らかにスタンスであって、このシングルの姿勢そのものが"攻めてるな"と思います。

小野:そうですね。今までの僕らだったらできなかったかもしれないですね。なんか武道館を経て、次のステップみたいなものに進めたのかなと思いますね。

-意志的なシングルをリリースして、全国ツアーですね。1年1年がヴィヴィッドに変化していく中、今年はどうなりそうですか?

小野:今年もまたツアーで全国各地を回るので、どんどんライヴをやってバンドを強くして。今年もフェスにたくさん出させていただけるのかなと思うんですけど、いろいろと攻めたライヴができたらいいなと思います。