Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

KEYTALK

KEYTALK

メンバー:小野 武正(Gt/MC/Cho) 首藤 義勝(Vo/Ba) 寺中 友将(Vo/Gt) 八木 優樹(Dr/Cho)

インタビュアー:吉羽 さおり

結成して10年を迎えるKEYTALKが、ユニバーサルミュージック/Virgin Musicへと移籍し、ニュー・シングル『BUBBLE-GUM MAGIC』をリリース。今回は、これまでライヴハウスからアリーナまでを揺るがしてきた、アッパーで攻撃的なKEYTALK節たるダンス・ビートとはまたひと味違った、ファンキー且つビッグなビート感で豪快に気持ちよく聴き手を掴んでいく、スケールの大きな曲となっている。4人それぞれが培ってきた細やかな持ち味と、ソリッドでモダンなダンス・ミュージック、ブラック・ミュージックのエッセンスとが混じり合った妙味で、新たなロックを生み出した1曲だ。新天地でさらに旺盛に音楽の可能性や視野を広げる、貪欲なバンドの姿勢に期待したい。

-レーベル移籍後の第1弾シングルということで、心機一転ではないですが、気分もリフレッシュして新たなKEYTALKを見せたい思いはありましたか?

小野:リフレッシュするために環境を変えたわけではないんですけど、結果的に新しい気持ちになれていますし、関わる人が変わったことで意見や切り口も変わってきたので、それによって今まで出てこなかったような曲やアイディアも出てきたりして、僕らもフレキシブルに、いい方向に前を向けているんじゃないかなと思いますね。

-制作のチームが新しくなって、ここからKEYTALKとしてどういうふうに進んでいきたいのかという話は、重ねていったんですか?

小野:具体的に"こういうバンドになっていこう"というよりは、ブレずに4人で好きな音楽をやっていくということですかね。特にメロディを大事に、且つ踊れるライヴっていうのも大事にしつつで。今回の楽曲で言うと、今までの"踊れる"とはまた別の切り口の踊れる曲になっているんですけど、本当に自分らで楽しく新しいものを作っていこうというのはずっと変わらずなんです。それを再現するうえでのチームが変わったという感じですかね。

-「BUBBLE-GUM MAGIC」を聴いただけでも、制作の中ではいろんなアイディアが出ていたんだろうなと想像します。

首藤:心機一転とは言いつつも、作りたい音楽や好きな音楽ってそうそう変わるものではないので。新しいチームのプロデューサーとかとディスカッションを重ねていったんですけど、そのディスカッションの往復は、今までにないくらい綿密にできたと思っていますね。例えばAという曲を提出したとしたら、"こういうところはいいよね。でももうちょっとできるかな"とかいう話が出て、それでどんどん磨かれて。最終的に出てきたのがこの「BUBBLE-GUM MAGIC」なんですけど。

-そうなんですね。

首藤:今回は、みんな合わせて40曲分くらいデモを出したのかな。このタイミングでのリリースということで選ばれたのが「BUBBLE-GUM MAGIC」だったので、今回デモという形で止まっている曲も、これからお披露目できる可能性は十分あるなと思います。

-「BUBBLE-GUM MAGIC」という曲はどんなイメージでスタートしたんでしょうか?

首藤:"KEYTALKとして今出したら面白い曲ってなんだろう"というのはありました。ライヴハウスで映えるのはもちろんですけど、スタジアムの景色が見えるというのがひとつキーワードとなっているとか。あとは、今まで走ってきたレールとはちょっと違った、いわゆる洋楽チックなテイストとかがKEYTALKとして提示できたら面白いなと。なんとなくそういうイメージがだんだんと固まっていって、そのうちにポンと出てきた感じの曲でしたね。

-ファンキーな曲でそれぞれの楽器のアレンジもより練られた印象です。アレンジ面で新鮮さはありましたか?

八木:めちゃめちゃ感じましたね。

-ドラマーである八木さんは特にそう思うかもしれませんね。

八木:もともとこういうダンス・ビート、ファンキーなビートの音楽は好きで聴いてはいるんですけど、KEYTALKとしてここまで色濃く出すことはなかったと思うので、楽しかったですね。屈強な黒人ドラマーになったイメージです。

-こういうノリの曲はこれまでアイディアとしてもなかなか出てなかったんですか?

首藤:あったことはあったんですけど、表題曲として出すとなると難しいですよね。アルバム曲とかB面的な立ち位置ならわかるんですけど。いわゆる表題曲ならではのワイド感を出すというところで、アレンジに気を遣う部分はあったかもしれないですね。特にサビ部分で大きく見えるようなというか。

寺中:これまでもやってこなかったわけではないんですけど、"KEYTALKと言えばこのリズムだね"っていうところがない曲だと思うので、最初はやっぱり作業を詰めていくなかで戸惑いというか、僕らの得意な勢いだけではかっこ良く持っていけない楽曲だなと感じました。ガツガツいくんじゃなくて、ちょっと引くリズムを取るとか。歌い方に関してもリズムの取り方はかなり試行錯誤をした感じですね。

-いわゆる必殺技、得意技的なところは、今回はあえて使ってない感じですしね。リズムもだし、ギターのキャッチーなフレーズで転がしていく曲でもない。気持ちよく聴かせていくうえで、アレンジ面で一番重視したのはどんなところですか?

首藤:意識したのは"跳ね感"ですかね。なかなか正解がないリズムというか、4人それぞれ癖みたいなものがあるので、それを詰めていく作業はありました。4人同時にせーので演奏して、それを聴いてそれぞれ自分なりに、"自分はもうちょっと後ろにアクセントを置こうかな"とか、4人が少しずつ調整していくという。

-小野さんはギタリストとして、この曲にどう向かっていったのでしょう。

小野:こういうプレイはすごく好きなので、この4人のグルーヴでハメていくのは楽しかったですね。

-グルーヴィなノリが出つつ、一転してソロ部分はノイジーなギターがアクセントになっていますね。

小野:用意してきたソロもあったんですけど、もっとはじけるようなソロを弾きたいなとなって、1回用意してきたものは置いておいて録ってみたテイクがすごく良くて。"これだ"ってなりましたね。

-歌詞の面では、どんなイメージを?

首藤:第2弾目くらいのデモで仮歌詞をハメて、歌が乗ったときのイメージをなんとなく想像し始めたんですけど、そのあと1回書き直して。2曲目の「海」が夏の曲だということもあったので、1曲目も夏にしちゃおうかなくらいのノリで舞台を夏にしたという感じですかね。あと意識したのは、平歌部分で韻を踏むところとか。メッセージ性はもちろん大事なんですけど、今回はリズム的に聴いていて楽しくなるようなところを意識してますね。

-はじけるような夏の光景、その高揚感やざわめきを終わらせたくないという思いが描かれた曲ですが、ここにはKEYTALKの今の状況っていうのも映り込んでいる感じですか?

首藤:歌詞を書き進めるに連れて、そういう部分も入れ込んでいきたいなという気持ちが芽生えてきましたね。音楽を奏でることについて書いた歌詞っていうのは、これまで書いたことがないわけじゃないんですけど、なるべく出しすぎないようにしようって僕は思っていて。巨匠(寺中)がそういう歌詞を結構書くので、僕は対称的にしようというのがこれまではあったんです。でもこのタイミングだったらいいかなっていう。自分で歌っていて気持ちを込められる歌になったらいいなと思いましたね。

-またこの曲は、首藤さんと寺中さんの歌い分け、歌のコントラストがいいバランスになってますね。

首藤:ちょうどいいですよね。普段は作曲者が歌い分けを決めるんですけど、新しいプロデューサーさんと一緒に作業していくなかで、客観的にふたりの歌声を捉えてみてもらったらどうなるんだろうということを含めて、この曲では歌い分けもあえて決めてもらったんです。自分たち的にはそれが新鮮で。今までなら交互に分担して歌っていただろう部分も巨匠がサビ部分を全部歌うとか。それを聴いてみてハマりがいいなと思ったので、気づけなかった部分に気づけました。

-かなり新鮮な目線でKEYTALKというバンドを見てくれているんですね。

首藤:今までどういう曲を作ってきて、どのくらいの立ち位置のバンドだとか、そういうことを抜きにした、フラットな状態でアドバイスを貰えたのは良かったかなと思います。"この歌詞でいいでしょう"って自分で思っていたところに鋭いツッコミを貰うとか、そういうコミュニケーションもできて。思い返してみると、アドバイスをいただいて良かったなということだらけですしね。

-そういう部分で気づきの多い制作だったと。

首藤:多かったですね。

八木:僕はこのビートのノリを出すのに苦労していて、そこに関していろいろなアドバイスをいただいたので、かなり助かりました。こういうニュアンスでとかこういう気持ちでというのを教えてもらう感じですかね。自分なりにはやっていたつもりですけど、できてない部分が結構あったので、それをわかりやすく伝えてくれて、いい感じに録れたかなと思いますね。