Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

KEYTALK

2014年05月号掲載

KEYTALK

メンバー:小野 武正 (Gt/MC/Cho) 首藤 義勝 (Vo/Ba) 寺中 友将 (Vo/Gt) 八木 優樹 (Dr/Cho)

インタビュアー:石角 友香

-もう無理です(笑)。でも、八木さんのその気合いは、ライヴでも思いましたけどYOSHIKIさん並みというかすごい漢がいる!と思いましたけど。

八木:おっと、がんばります......。

-そして八木さん作曲した曲も遂に入りました。勝ち上がったってことですよね?

八木:そうですね。敗者復活みたいな。最初に選んだ16曲には入ってなかったんですけど、"普通にいいよね"っていうので復活して。

-テンションの高い曲ですけど、歌詞で気が抜けるというか(笑)。寺中さんはどういうスタンスで書いたんですか?

寺中:これはこれまでで1番悩んだというか、歌詞が出てこなくて。最初、まったく違う歌詞を完成させたんですけど。

八木:焼き鳥?

寺中:や、焼き鳥はまだその前。で、それはちょっとやりすぎだろうなと思って、まじめなのを書いたんですけど、それもしっくりこなくて。ちょうどいいあいだぐらいのないかな?と思って、八木ちゃんが初めて作った曲だし、じゃ八木ちゃんのことを書こうと思って、ドラムのこととか、ライヴでの八木氏......ブレイクとか、曲の最後とか、ドラムを叩かなくていいタイミングで立つんですよね。

八木:ハハハ。そんなふうに思ってたの?

寺中:で、サビは"ブレイクでスタンドアップ!"って、ブレイクのときに立って、よく叫んだりしてるんですけど、すごいツバとか飛んでたりして。それを"飛ばせ飛ばせ"って書いてます。

小野:汚ねー。この曲が物理的にいちばん気持ち悪い(笑)。

-ひどい言われ方してますが、八木さんそのものの曲だってことですね。さて、アルバム・タイトルの『OVERTONE』、これにはいくつかの意味があるかと思うんですが、発案者は誰ですか?

(八木、挙手)

-おっ、八木さんどういう意図ですか?

(八木、寺中に説明を促し、目を閉じて腕を組む)

寺中:八木さんの言葉を代弁しますと、まず義勝くんと僕はツイン・ヴォーカルで、かなり声質も違うと思うんですけど、だからこそ2人で出してる声からもたくさんの倍音が出る。で、僕たちが歌ってる後ろでは、裏で違うメロディを弾きまくるタケのギター、それによって生まれる倍音と、隙あらば叩きまくる八木ちゃんのドラムが出す倍音という、4人で出せる最大限のたくさんの倍音がこのアルバムにはぎっしり詰まってるんじゃないのかなと。そういう意味で付けたと彼はおっしゃっております。

-なんか即身仏みたいになってますけど、八木さん。

一同:(爆笑)

-いや、タイトルに負けてないすさまじいアルバムだと思います。しかしこれをライヴでやると思うと軽くオエッてなりませんか?ならないか(笑)。

首藤:過去最高につらい気がします......早く、完璧にプレイできてる日にワープしたいです(笑)。