Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

KEYTALK

2017年01月号掲載

KEYTALK

メンバー:小野 武正(Gt/MC/Cho) 首藤 義勝(Vo/Ba) 寺中 友将(Vo/Gt) 八木 優樹(Dr/Cho)

インタビュアー:石角 友香

2017年第1弾の音源でもあり、メジャー・デビューから約3年でなんと10枚目のシングルとなる今回の『ASTRO』。いかにKEYTALKがバンド・シーンのみならず、ポップ・シーンの最前線で新曲をリリースし続けてきたかがわかるが、肝心の内容もこれまでになくストレートに鼓舞するメッセージと、ショート・チューンの中に凝縮した彼らのアレンジと演奏スキルの高さに熱くなる1曲。今後のライヴでギア・アップする場面でも大事な役割を果たしそうなこの曲。しかも今回のシングル、カップリングは「amy」のライヴ音源で、実質「ASTRO」一点突破な作品とも言える。さてメンバーの思惑はいかに?

-首藤さんの歌詞でこんなにストレートなメッセージが書かれているのは初めてだなと。

首藤:ちょっとストレートめの歌詞にしたいなと思いながら書きました。

-そういう気持ちが生まれてくる背景があったんですか?

首藤:今、そういうモードなんですよね。ここ1年ぐらいだと思うんですけど、なるべくリアルな言葉で、作詞した人がこう考えてるんだろうなとか、こういう経験したんだろうなってわかる歌詞を書きたいなと思って。そういう歌詞ってすごく説得力があるし、1回聴いただけで、よりガツンと入ってきやすいのかな? っていうのは思ってます。

-それはリスナーとしての自分自身の体感的にも?

首藤:自分がリスナーでも"あ、いい歌詞だな"と思うものって、だいたい説得力があって、ほんとにこの人が考えてるんだろうなってわかる歌詞が多くて。特に最近はそういうモードですね。

-KEYTALKは曲の面白さや楽しさ、ワクワクするっていうことをずっとバンドのテーマにしてきたと思うので、徐々に取り入れてきた変化なんですかね?

首藤:そうですね。全部が全部メッセージ・ソングじゃなきゃいけないってことはないと思うんです。セットリストを組むうえで、めちゃふざける方に偏ってる曲があっても全然いいと思うし、そのバランス的な意味でも今回、「ASTRO」(Track.1)はいい役割を果たしてくれるんじゃないかと思います。

-この曲を演奏してるときの気持ちはいつもと違ったりしますか?

八木:義勝の意志が明確な気がして、叩いてて気持ちが乗りやすいですね。そういう曲に気持ちを乗せるのが得意っていうのもあるんですけど、特に「ASTRO」は僕らの曲の中ではかなり熱い気持ちが乗りやすい曲だなと思います。

-八木さんは自分で歌詞を書くとき、結構ストレートですもんね。

八木:そうですね。明確なものがある歌詞は好きかもしれないです。

-寺中さんは今回、歌ってていかがですか?

寺中:ライヴで2回ほど披露したんですけど、声が枯れるギリギリまで声を振り絞って歌いたくなる曲ナンバーワンだなってイメージがあって。最初は"なんでこんな熱く歌える曲なのか?"、その要因がわからなかったんですよ。で、こうやって取材で義勝の話をいろいろ聞いていくなかで、単純に義勝が意識して歌詞の方向性を若干変えているから、今までと違った面があるっていうのを知って、"あぁ、なるほど。そういうことなんだな"って最近わかり始めたというか。別にそこは、歌詞を見て熱いと思ったから熱く歌おうとかじゃなくて、曲全体が熱く歌いたくなる感じだったから熱く歌ってただけなんですけどね。

-最初はむしろ、寺中さんが書きそうな歌詞だなと。

寺中:うん、そうかもしれないですね。自分でも、そう思われそうな感じもあるなって最初は思ってたんですけど、使う言葉は4人全員違って、義勝は義勝のストレートな表現があるので、やっぱり違うかなって思います。

-作詞者としての首藤さんっぽさが出てる部分はどういうところだと思います?

寺中:サビの"Dreamer"とか"Shooter"とかなんすかね? "ここぞ"ってところで耳に残るポイントがあったりするのは、やっぱり義勝の技だなと思います。

首藤:あざます(笑)。

-小野さんは、ストレートな楽曲に対してのアプローチについていかがですか?

小野:ギターもそのぶん、ストレートにギャンギャン、ロック・サウンドを鳴らせてるのかなと思いますね。

-この曲は2分台で、しかも今回のシングルが「ASTRO」一点張りじゃないですか? 「amy」(Track.2)はライヴ・バージョンだし、ほぼ「ASTRO」1曲で勝負してきた感じというか。今回のシングルがこういう形態になった理由はあるんですか?

首藤:流れではあるんですけど(笑)。まぁ、この次に何かあるんだろうなと期待してもらえれば。