Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

BLUE ENCOUNT × RockCorps

2018年08月号掲載

BLUE ENCOUNT × RockCorps

メンバー:田邊 駿一(Vo/Gt) 江口 雄也(Gt) 辻村 勇太(Ba) 高村 佳秀(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり Photo by 大木 優美

4時間誰かのために身体を動かし、その対価としてライヴを楽しむ──"Give,Get Given"を合言葉にスタートした"RockCorps"が日本に上陸して今年で5年。ボランティアと音楽フェスとが一体となったこの試みは、これまでに世界10ヶ国、18万人以上が参加してきた大きなイベントとなっている。今年9月1日に行われる幕張メッセでのセレブレーション(ライヴ)には、海外からEllie Goulding、そして国内からはBLUE ENCOUNT、KEYTALK、加藤ミリヤ、でんぱ組.incの出演が発表された。今回のインタビューでは、実際にボランティア活動にも参加したというBLUE ENCOUNTの4人に、"RockCorps"について、またボランティア活動に対する彼らの思いを訊いた。

-"RockCorps"というイベントについて、率直にどう感じましたか。

田邊:初めて聞いたときは、かなり攻めてるなと思いましたね。たくさんのボランティア日程があって、そこにいろんな方々が集まって、その方々が最後に幕張メッセに集まるみたいな、そう考えると"Road to~"なイベントなんだなって思いますね。ボランティアってなかなか、やろうにもやり方がわからなかったりとか、僕ら自身もどうやって参加したらいいのかがわからないこともあったりしましたけど、こういうイベントがあることで関心が湧くし、改めてきっかけを与えてくれるイベントだなと思いましたね。

-みなさん自身、ボランティア活動はあまりしたことがなかったですか。

高村:メンバー4人でっていうことはないかな。

田邊:2016年に熊本地震が起こって。ツアーで募金活動などは常にやっていたんですけど。でも、自分たちで何かワン・アクションを起こす──もちろん募金もワン・アクションですし、いろんなものに対する活動や行動、言動もワン・アクションだと思うんですけど、身体を動かすボランティア活動は今までしたことがなかったかもしれないですね。だから、今回は貴重な経験でした。

-今回は実際に、4人で福島県双葉郡広野町の清掃ボランティアに参加しました。ここではどんな作業を行ったんですか。

田邊:活動内容に"除草活動"とあったんですけど、頭の中で思い描いていたのは、ばぁちゃん家の畑の雑草を手で摘んでいって、最後"麦わら帽子いっぱいに取れたよ~"くらいの感覚だったんです。その日、福島は肌寒い日だったので、"長袖とかいるよね"って話していたんですけど、まぁ、実際の草の丈のデカさたるや。

高村:すごかったね。

田邊:ちょっとした竹林くらい生えてたよね。

辻村:生い茂るっていう感じの。

田邊:どうやってこいつらはここまで育ったんだ、くらいの(笑)。結局僕は、Tシャツ3枚着替えるくらい汗をかきました。かなりの仕事量だった気がしますね。

-広さ的にはどのくらいの場所を除草したんですか。

田邊:道を歩きながらやっていくスタイルで、4時間くらいいたんだっけ?

高村:実際に刈っていたのは、2時間くらいじゃないかなぁ。

田邊:その時間でいけるところまでいこうということで。とにかく草があるところに鎌を入れるみたいな感じでしたね。

高村:僕の田舎、実家とかは同じくらい草が生えていて。それを半年に1回くらいは親と一緒に刈ったりしていたので、昔を思い出すくらい、この歳になって久しぶりに本気で草刈りしたなっていう。

田邊:一番、高村がうまかった。

江口:うまかったね。

高村:親に教わった刈り方があるので。

田邊:他のボランティア参加者に、鎌の使い方をレクチャーしてましたから。

辻村:最後の方は無心でやってたもんね(笑)。

田邊:ちょっとふざけたらよっちゃん(高村)に怒られました。

辻村:そうだね。

田邊:"え、楽しくやるんじゃないの?"っていう。

高村:真剣になっちゃいましたね、草刈りも。せっかく参加するならちゃんとやりたいなっていう思いが強かったので。やり始めたら止まらなくなっちゃって。

辻村:各々の性格が出てたよね。田邊はずっとカメラの前で喋ってるし。

田邊:取材用のカメラが回っていたんですけど、やっぱりカメラが回ってると何かコメントを発さないといけないという思いが自動的に出てきてしまうので。

高村:責任感がありますからね。

田邊:でもだんだんと口数が少なくなってきて、"どうですか"って言われて、"いやぁ、なんとかかんとかですね。はぁ......"って溜め息をつきながらもやっていたのがあって。最終的に、次の日両腕が上がらないくらい筋肉痛になってました。普段使わない筋肉を使ってたからね。

辻村:なんだろうね、あの部分。ボーリングしたときと同じような感じの。

江口:はははは(笑)。

田邊:そう、ボーリングの次の日に変な筋肉がピクピクするみたいな。そうやって普段使ってないところを使うみたいな感じが、普段参加しない場所に参加するというのを、身体がちゃんと理解してくれてるんだなというのはありましたけどね。

江口:そうだね。今回のイベントって、入り口がふたつあると思うんです。ライヴが観たいからボランティアに行くという人と、ボランティアがしたくて、結果的にライヴがついてくるというパターンがあって。そのどちらが入り口でも、僕はいいんじゃないかなと思うんです。自分がやりたかったこと、見たかったことをきっかけに、別の知らなかった世界を知れるという、このイベントは新しいし、とても素晴らしいなと思いました。僕らも、普段はライヴを中心にやってますけど、ボランティアを率先してやったことがなかったので。こういうのをきっかけに、新しい世界を知ることができて。とてもいい経験だったなと思ってます。