Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

コンテンポラリーな生活 × 空想委員会

2014年12月号掲載

コンテンポラリーな生活 × 空想委員会

コンテンポラリーな生活

Official Site

メンバー:コンテンポラリーな生活: 朝日 廉 (Vo/Gt) 藤田 彩 (Ba) 酒井 俊介 (Dr)
空想委員会:三浦隆一 (Vo/Gt)

インタビュアー:TAISHI IWAMI Photo by 吉田 太一

空想委員会が主宰するツアー"大歌の改新"第2弾の、神戸と京都2公演に出演したコンテンポラリーな生活。今回はメンバー3人揃って、空想委員会を率いる三浦隆一を迎えた対談が実現した。かねてから三浦に憧れていたので、この時間を楽しみにしていたというコンポラの面々。両バンド、互いが互いに持つ思い、音楽的なバックグラウンドや曲作りに対する意識、将来的なビジョンまで、終始和やかな中にも、熱い言葉が飛び交う時間となった。

-コンテンポラリーな生活と空想委員会、両バンドの出会いは?

酒井:KANA-BOONの企画です。nothingman、memento森も一緒だった。大阪の天王寺にあるFireloopっていうライヴ・ハウス。

藤田:今考えてもすごいメンバーですよね。

三浦:あれは、だいたい2年くらい前? そのときはほとんど話さなかったよね?

朝日:はい。僕は当時から空想委員会にすごく興味があったのですが、ほとんど話してないですね。タイミングが合わなかった。でも、その2日後にも神戸で一緒だったんで、そのときはグイグイいきました。でも三浦さんとは、あまりうまく話はできなかった。どのバンドも、基本ヴォーカリストは手強い(笑)。

藤田:朝日さんが積極的に話しかけるとこ、ほとんど見たことがないからびっくりした。

三浦:うん、俺以外のふたりにぐっと迫ってきたイメージ。

朝日:本当に、どのバンドも基本ヴォーカリストは手強いんです(笑)。

三浦:君もヴォーカリストじゃん(笑)。

朝日:僕はそうでもないです。

酒井:いや、よく他のバンドの人から"朝日くんは話しかけづらい"って言われるよ(笑)。でも、空想委員会と初めて対バン決まったときは、みんなで舞い上がってたよね。嬉しかった。

三浦:そうなんだ。こうやって話すようになったのは最近だもんね。そういうふうに思ってくれていたなんて、全然知らなかったなあ。

-いろいろと話すようになってからのお互いの印象は?

朝日:僕はずっと追いかけていたバンドだから、一方的によく知ってたんですけど、それだけに簡単に話しちゃいけないっていうのもあって、でも、実際話すようになって、音楽の趣味も似ていて、例えばくるりや奥田民生、ナンバーガール、敬愛するバンドに共通する部分が多くてテンション上がりましたね。

三浦:今回京都と神戸で一緒になった、MONOBRIGHTの桃野くんも合わせて、この3人に共通項が多いのは面白いよね。

朝日:桃野さんは、オンタイムで体験してきたアーティストのかたがた。僕に対しては"なんでお前そんなの知ってんだ? "ってなってた(笑)。僕が音楽をやろうって思ったときには、ナンバーガールも、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTも、すでに解散してましたから。三浦さんはおいくつですか?

三浦:え~っと、俺、設定上は永遠の17歳だから(笑)。

酒井:空想委員会の委員長ですもんね(笑)。

三浦:まあ、他のメンバーやスタッフに所属委員があるわけでも、役職があるわけでもなく、すごくゆるい設定だけどね。なんとなく、そうなっていった感じ。

朝日:そうなんですか? 結成当初から、はっきりとしたビジョンがあってやってるのかと思ってました。マネージャーさんは書記だって、勝手に思ってました(笑)。

三浦:よく"初めから展開が決まってたでしょ"って言われるんだけど、ないんだよね。実際、そんな感じで、俺がゆるくて頼りないからなんだろうけど、他のメンバー全員に2回逃げられてるからね。今の佐々木と岡田は第3期メンバー。いろんなことが徐々に仕上がってきた感じ。

藤田:私、アンコールじゃなくて居残りコール、大好きです。みんなで"居残りっ! 居残りっ!"って。来ている人、すごく楽しいだろうなって思います。

朝日:僕らも間に合うかな? "コンテンポラリーな生活"だから、布団が敷いてあって、起きるところからライヴ始めるとか。

三浦:いや、コンポラはさ、そんなことやんなくていいよ。曲がすごく特徴的だし、絶対に友達にならなさそうな3人がステージにいるだけで、すごく変だしそこが面白い(笑)。

藤田:今も友達ではないです(笑)。

酒井:うん、決して友達ではない(笑)。

朝日:音楽が特徴的なのは空想も同じだし、僕らも設定を......。

三浦:いや、うちらはそうでもない(笑)。自分たちが作ってる曲のことは分かんないけど。