Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

オモイメグラス × 空想委員会

2015年03月号掲載

オモイメグラス × 空想委員会

オモイメグラス

Official Site

メンバー:オモイメグラス:祐 (Vo) ナンリ (Gt) さとう けいた(Dr)
空想委員会: 三浦 隆一 (委員長, Vo/Gt) 佐々木 直也 (Gt) 岡田 典之 (Ba)

インタビュアー:沖 さやこ Photo by 石原 慎

空想委員会の顧問(サポート・ドラマー兼事務所の社長)としても知られるテディ氏が運営するONE EIGHT RECORDS。アーティスト自身が自分たちの意思をしっかり持ち、地力本願/自力本願で活動をしていけるようにする、を基本理念にするこのレーベルで、オモイメグラスが3rdミニ・アルバム『図解と消えたフィラメント』をリリースする。それを記念し、ONE EIGHT RECORDSで力をつけ、現在はメジャーにフィールドを移した空想委員会との元レーベル・メイト対談が実現した。オモイメグラスの前身である、祐とナンリのユニット時代からの仲だという2組。両極端なバンド同士ではあるが、どちらも流行とは一味違う独自の音楽を追求し、お互いをリスペクトしている。この対談で、そんな空気が少しでも伝われば幸いだ。

-お互いの初対面のことは憶えていますか?

:まだ私とナンリがアコースティック・ユニットを組んでいるころ、福岡から上京してきた直後で。空想委員会と出会う前にテディさん(オモイメグラスのレーベル・オーナーであり、空想委員会の事務所の社長兼サポート・ドラム)と知り合って、そのときに"これから来るバンドがいるぞ!"と言われまして。それがインディーズ・デビュー前の空想委員会でした。お互い吉祥寺で行われたコンテストに出演して、ちゃんと対面したのがそのときです。2011年ですね。

岡田:祐さんの第一印象は"歌うまっ!! うますぎる!!"でした。

佐々木:俺はナンリ君のギターにヤラれましたね。ガット・ギターだったので。そのときに"ギターうまいね!"と言ったら、"あっ、ああ......"と言われて(笑)、きっと人見知りなんだろうなと。

ナンリ:あのときはまだエレキ・ギターを触ったことがなくて。ガット1本で、エフェクターも使わなかったので、このバンドを組んでから初めてエフェクターを組み直して......ほぼパートが変わったような感じでした。

佐々木:初対面の印象はふたりともシャイな感じだなあと思って。

-今はどうですか?

佐々木:今は......"仲間"ですかね。

ナンリ:えっ、仲間なんて言ってくれるなんて、優しい......!

三浦:ん? まだ人見知りの気がある感じ(笑)?

:(笑)気軽に接してくれるし、近い関係なんですけど、私たちにとって空想委員会は先輩なので。目の前で小さいハコで一緒に対バンしてたころから、どんどんどんどん売れていく様を見せてもらっています(笑)。

岡田:僕らは仲がいいバンドもライバル的な感覚なんですけど、オモイメは同じレーベルでやっていたのもあって親しい関係だから、ライバルというよりは仲間だと思ってます。

佐々木:オモイメはライヴを観に行きたいなと思うんですよね。ツアー・ファイナルにも大体行くし、この間もオモイメの企画ライヴに行ってきて。やっぱりレーベル・メイトだったというのもあるからすごく応援したいなと思うし。

ナンリ:ああ、最上級の褒め言葉を頂きました。

三浦:オモイメはやりたいことをやってるなと思います。僕は結構ふわっと曲を作って、できあがったものを客観的に見て"あ、こんな曲ができたんだー"と思うんですけど、オモイメは作る前から完全にイメージがあって、そこに向かっている印象がすごくあるので、その点は僕はうらやましくもあります。

:空想委員会とは仲良くしてるし、同じステージには立つんですけど、やっていることは違うし、音楽性は真逆かもしれないですね。個人的には佐々木さんの存在がうらやましくてうらやましくて! ヴォーカルよりも前に出たと思ったら、ちゃんとバンドのバランスを取っていたりとか......気が遣えるというか。欲しい才能ですね。

佐々木:俺はやっぱり、ナンリ君の作曲能力はすげえなと思いますね。テディさんにデモを聴かせてもらうことがあるんだけど、デモのレベルがすごく高くて、音源じゃん!って感じ。ドラムも凝ってるし、シンセも弾くし、ギターもできるし......本当にいろんなことができるんですよ。僕もアレンジを作るから、そこはうらやましいと思いますね。

ナンリ:ああ、ありがとうございます。でも自分は作曲とギターの両方をやらなきゃいけないぶん、空想委員会は佐々木さんが表にポーンと出ていくギターのプレイと、三浦さんの歌とメロディを大事にしている曲の作り方と、それぞれの役割分担ができていることが、僕からするとうらやましい。それは空想委員会のいいところのひとつだなと思うんですよね。各々の得意な部分をやっているというか。

三浦:基本的に僕が面倒臭がりなんで、アレンジまでやろうとすると時間が掛かるね。3ヶ月くらいかかる(笑)!だったら"じゃあお願いします"って。僕はあんまりアレンジにも口出しはしないし。こういうのは嫌だとか、こういうのにして、ともほとんど言わない。

佐々木:とは言っても、アレンジのデモを聴かせてたとき、いいと思ったものはふたりとも"いいね"と言ってくれるんです。でも微妙な空気になることがあって......そういうとき"あ、これはあんまり納得いってないのかな"と思います(笑)。この話、前にナンリ君ともしたよね?

ナンリ:(※頷きながら)僕も夜な夜な曲を作って、朝方にようやく倒れそうになりながらヴォーカルに曲をデータで送ったときに返事が返ってこないことがあって......それが1番つらいですよね。

佐々木:返事が来ないってのは、ああ、そういうことか!ってね(笑)。

ナンリ:次の曲を作ります(笑)。

:ボツはボツですね!