Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

コンテンポラリーな生活

2015年06月号掲載

コンテンポラリーな生活

コンテンポラリーな生活

Official Site

メンバー:朝日 廉 (Vo/Gt) 藤田 彩 (Ba)

インタビュアー:石角 友香

10代のころのルサンチマンを吐き出しただけでなく、そのルサンチマンをガソリンにするなんていう陳腐な昇華でもなく、飽くまで新しいポップ・ソングとして聴かせようとする今のコンポラ。それがクリアにわかる5曲入りEP『ハスキーガール』が完成した。現実も自分もバカにすることなく、だからといって与えられたもので満足できたり前向きになったりできるわけもなく、相変わらず試行錯誤しながら我が道をゆく彼らの現状報告。

-今回はフル・アルバムじゃなくてEPで。最近、EPやミニ・アルバム出すバンドは多いですね。

朝日:ま、たしかにシングルを出すならミニ・アルバムみたいなフシは若干ありますよね。シングル不振みたいのはあるんですかね。あとやっぱりシングルだとカップリングって"ついで"感が出てしまうし、リード・トラックをYouTubeで聴けたら満足みたいなところがあると思って。そうじゃなく、ミニ・アルバムなら全曲に意味が出てくるし、シングルより(1曲単価で言うと)安いからみんなそうするんですかね。

-5曲も入ってるけどEPってところに意志はありますか?

朝日:今回10曲ぐらい候補があった中で、なんかもう......得意な分野を上から5つ数えて入れていったみたいな(笑)、必殺技しかやってないみたいな、そういうところから、ですかね。

-『ヘドが出る前に』ってアルバム曲自体が渾身の一撃だったと思うんです。で、さらに今回は新しいとかどうよりも、こんなストレートなことやってるバンドってなかなかいないんじゃないか?というEPになってるなと思って。

藤田:そう思ってもらえたら勝ちですね。

朝日:思ったんですよね。こういうのがいればいいなっていう(笑)。なんか、なんでしょう? ファッションとか、メンバーが可愛いとか、MVがおしゃれとか、そういうんじゃなく、僕らが中高生のころ憧れたただ熱くていい、みたいのが......"こういうバンドがいればなぁ"っていうのをやったんですね。

-今は動画が先に観れちゃう功罪はあるなと。曲で引き込まれる前に映像込みで覚えちゃうところはあるというか。

朝日:ビデオを作る楽しみは、また見出せるんですけど、面白いビデオを作れるっていう。なんかどんどん手法が手段になっていって......ま、全然いいんですけどね。面白いことっちゃ面白いことなんですけど。なんだかね? まぁ、みんながこぞってやってると逆にやりたくなくなってくる感じが(笑)あってですね。そういうのって発展途中はすごく面白いですけどね。うわーってなって、"これにこれを被せて"みたいな。で、だんだん定石ができてくると、今度、ちょっと寂しくなってくるんですよね(笑)。

-どういうところに寂しさを感じたんでしょうね?

朝日:なんかやっぱり......曲を作ってると、なんだかんだ、その、コツみたいのがわかってくるんですよ。ちょっとここで泣かせると、ちょっとここで盛り上げると、みたいな。そういうコツみたいのがわかってくるから、だんだん、そのコツに特化して曲とかもなんとなく......どのバンドだって言い出したらきりがないですけど、多かれ少なかれやってて。なんかその......なんというか、それをやっぱりある程度掴んでるからこそ盛り上がっちゃうじゃないですか。でもそれで盛り上がってるのを見て、"それでいいのかな?"って思うんですね。自分はそのコツを知ってるからこそ、寂しく思うわけなんですけど。でも、"いいのかな?"と思うと、だんだんそこの流れの中に全然違うコツみたいなのを(笑)、挟み込みたくなってくるというか。

-なるほどね。例えばもう2年近く前のことですけど......コンポラとタイプも違うし、動機も違うバンドではあるけど、OKAMOTO'Sはずっと頑張ってブギーとかロックンロールやってたのに、新曲(「JOY JOY JOY」)で四つ打ちやったらライヴで1番盛り上がった、と。今までやってきたことが無に帰す感じがしたそうなんですけど。

朝日:いや、ほんとにそうなんですよ(苦笑)。いや、いいんです。いいはずなんですけど(笑)、なぜこんなに寂しい気持ちになるのか?っていう。

-それで自分たちなりに違うものを作ってみようと思うわけですよね。

朝日:そうですね。ま、でもそんなふうに作り手側がなにくそ!と思って"こっち側やろうよ"って、みんなが一生懸命作るからこそ、そういう流れって、どんどん変わっていくのかと思うんですね。だとすればここで諦めちゃうとまた僕ら、同じ音楽を10年聴かなきゃいけなくなる、っていうことを考えると、あがくといいことがあるんじゃないでしょうか?って思うんですよ。

-うん。それ以上に朝日さんが"こういうバンドいて欲しいな"っていう気持ちが強いのかなって思いました、今回は。

朝日:それはそうですね。久々に自分の曲でテンションが上がったんですね。"うおー"ってなれたっていうか。なぜかそういう曲をリード・トラックに据えることがなかったんで。

-それこそ「ハスキーガール」の歌詞じゃないけど斜に構えてたんじゃないですか?

朝日:ま、でも今回やっといいタイミングで自分の......中でも「ハスキーガール」をライヴで何回かやってすごく手応えがあって。自分もすごく気に入ってるし、お客さんもすごく気に入って盛り上がってくれてる曲をリード・トラックに据えるっていうのは、わりと今回初めてで。なんかそう考えるとこの曲がどう僕たちを引っ張っていってくれるのか、すごく楽しみで。