Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

コンテンポラリーな生活

2016年06月号掲載

コンテンポラリーな生活

コンテンポラリーな生活

Official Site

メンバー:朝日 廉(Vo/Gt)

インタビュアー:石角 友香

ドラマーの脱退により、朝日廉(Vo/Gt)、藤田彩(Ba)のふたり体制での活動続行を決意した、新生コンポラにとって第1弾となる『BAKEMONO in the Tennoji Park』。思いどおりにいかずともロックンロールは弱さも歌い、時に強さを笑うという必殺のフレーズを持つリード・トラック「化け物になれば」のストレートさに、今までの彼らになかった素直さを見る。フックになる言葉の表現に自覚的になる"ある出来事"を始め、ニュー・アルバムを起点とする新たなコンポラの方向性を朝日に訊いた。

-今回のアルバムって今までにないぐらい、くすぶるバンドマンそのままというか。かなり身も蓋もないこともロックンロールの本質も、冒頭の「化け物になれば」(Track.1)で歌ってると思うんですが。

(笑)この曲を作ったときには、実はすでに他のリード・トラック候補があった状態で。自分たちではもう、いい曲を作れたなと思ってたんですけど、ある日、曲を作ってたらなんか気持ちがだんだん入り込んできて。「化け物になれば」が、メロディとか関係なしに、簡単にポーンと出てきたんです。サビのメロディが出てくるまでのプロセスが異様に少なかった曲で。他の曲は考えて考えて、最終的な完成まですごく時間がかかったんですけど、「化け物になれば」みたいに情報量が少なくて、うわー!って歌える曲がやっぱり一番、良い曲なのかなと。歌詞も考えて書くというよりは、脊椎反射で書くような歌詞にしようと思って、今回のような身も蓋もない歌詞になりました。

-この曲ができたことでアルバム全体が見えたところは?

マネージャーに"1曲すごくいい曲があれば、あとはもう好きにやっていいよ"って言われて。だから、他は昔の曲が2曲と、自分の好きな感じでもう3曲ぐらい作ったんです。「何もないサンデイ」(Track.3)はレコーディング当日まで合わせる時間もなくて、打ち込みで完成させたデモを"これちょっと練習しといてよ"という感じでメンバーに渡して、当日、レコーディングの現場で"じゃ、合わせますか"で録りました。つまり俺しか完成形が見えてない状態で録るっていう。だからリード・トラック以外はすごく変化球というか、ハチャメチャな感じで作ってますね。リード・トラックが"王道です"という感じで真ん中に立ってくれてたから、安心してちょっと余分なところにいけたというか。ま、いきすぎたというか(笑)。

-朝日さんはこれまで現状のシーンについて直接的な表現を曲ではしてなかったと思うのですが、「化け物になれば」を1曲目に置くことによって、その中に入ってちゃんと悔しがってる様子を曲が担ってる印象を持ちました。

いや、でも結局、自分に対する歌やったんで、あんまり現状のシーンは......現状のシーンに身を投じてる自分のことを歌ってるんで、そうっちゃそうかもしれないんですけど、完成してみたらすごく個人的な歌というか。

-こういう、状況は厳しいけど辞められないし辞めたくないことって、バンドマンじゃなくてもあると思うんです。

そうですね。だからミュージック・ビデオは今回ちょっとストーリー仕立てで、主人公がバンドマンじゃなくて漫画家なんですよ。要するに、"ちょっと無茶なアレを追っかけてる人"にハマればいいなと。漫画家とか芸人だとか、そういうちょっと外れた人やものを目指してる人に刺さるといいなと思います。


-「何もないサンデイ」も"ある日の朝日 廉"というか、プロモーションで東京に来た朝日さんを思わせるリアルな歌詞ですし。

「何もないサンデイ」は、メンバーは全然楽しくなさそうやったんです。そもそも完成が見えなかったし、実はこの曲、ポップなわりに演奏するのはめちゃめちゃ大変なんですよ。でも、俺はこういうの一番得意やなと思って。歌詞の感じも、「化け物になれば」は"歌いたい!"みたいな曲なんですけど、「何もないサンデイ」は、なんでしょう? ノリノリで書けたんですよ(笑)。最後らへんの歌詞で、"こんな今日はどんなだった?"、"悲しかった/腹が立った/そんでちょっと笑えることも/あったような、なかったような/そんな話を聞かせておくれ"とあるんですけど、こういう地味な"話を聞くよ"みたいな曲って一番自分の好みに合ってて、メンバーは全然楽しくなさそうやったんですけど、俺はすごくノリノリでしたね。で、いざ完成してみたら、メンバーも"化けたね、この曲"って。だって俺がメンバーに渡したデモはドラムとベースとメロしか入ってなくて、俺の中ではギターが鳴ってるけど、メンバーは――

-共有できてないわけですね。

そう。ドコドコ言ってるだけで歌詞もないし。だけど完成したら一転してガツンと上がった曲なんで、すごく聴いてほしいですね。

-「何もないサンデイ」の歌詞みたいなことってよくあるじゃないですか。実際に人が多い場所にいると思うことだし、SNSに楽しい投稿ばかりあると自分だけなんにもしていない気分になったりとか。

置いてきぼり感というか。でも、腹立ったこととか嫌やったこととか、よくよく考えてみたらたぶん1日の中でもあるんでしょうね。猫が変な格好で寝てたぐらいしか話すこともない、そういう日がたまにあってもいいんだろうなって。そういう日が1ヶ月続いたら相当ヤバい(笑)、何もしてない人ですけど。そう、たまにあればいいなと最終的に思えてくるんですよね。