Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

緑黄色社会 穴見真吾の"部屋とけん玉と穴見"【第3回】

2020年10月号掲載

緑黄色社会 穴見真吾の"部屋とけん玉と穴見"【第3回】

緑黄色社会

Official Site

外が急に寒くなってきましたね~!去年の今頃を思い出すと僕はまだ大学生でした。夏休みが終わり卒業制作に向けてせこせこと手を進めていたのを思い出します。
今思えばバンドをやりながら大学に通うって大分カロリーが高かったなと思います(笑)。大学を途中でやめようと思ったことも何度もありましたが、"石の上にも三年"。入学したからにはちゃんと全うしようと思い頑張りました(めちゃくちゃ単位ギリギリだったし友達に助けてもらってました)。同じゼミの子、今何やってるんだろうなとか、学食のカレーきしめん大盛をまた食べたいなとか。そんなことを考えてました。

大学1年時の、ドラムを叩いていた写真を上げておきます。

そんな事は置いておいて、今回はこの一枚を紹介したいと思います!


HONNE "no song without you" 
2020年7月3日リリース


HONNEというイギリスのエレクトロポップデュオが今年出したアルバムなのですが、この2020年に発表されたことが相まって、ジーンと来る一枚になっていると僕は思います。

"HONNE"というアーティスト名は、日本語の"本音"の意味に共感してつけられたそうで、日本のカルチャーもとても好きだそうです。そんなこともあり、心なしかJ-POPのメロディの雰囲気も持っている気がしていて、普段洋楽を聴かない人にも入りやすい曲ばかりだと思います。

アルバムの表題曲"no song without you"は、個人的な見解ですが、"リスナーがいてはじめて音楽が生まれる"というような意味で。2020年、物理的にも精神的にも人と人の間に距離が空いてしまって、そんな時にこの曲を聴くととても染みます。アルバム全体を通して、暖かく優しい雰囲気でとても大好きです。

是非みなさんも聴いてみて下さい!


次回何やろうかなーと考えているのですが。
次回はもう年末だと思うので、「穴見真吾的2020年ベストアルバム4」みたいなのをやってみようかなと思います~

ではまた!!

緑黄色社会

同級生3人と幼馴染で結成した愛知県出身のバンド。互いを知り尽くした4人が個性を出し合い、幅広いカラー・バリエーションを持つ楽曲とサウンドを生み出す。2018年11月に、EPIC Records Japanからメジャー・デビュー。2020年7月には配信シングル「夏を生きる」を発表。9月にニュー・アルバム『SINGALONG』をCDリリースした。