Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

"緑黄色社会の社会見学"【第9回】

2020年04月号掲載

"緑黄色社会の社会見学"【第9回】

緑黄色社会

Official Site

緑黄色社会がコラムに掲げるテーマはズバリ、「社会見学」!
ということで、テーマに乗っかって、普段やらないことや行かない場所に訪れるという、社会見学というには少々無理のあるコラムを書かせていただいております、緑黄色社会です。いきなりですが、なんと!(?)今回でこのテーマは終了!次回より新しいテーマでお送りしようということで、これまでのコラムを振り返ってみようと思います。


第1回「ボルダリング体験」(2018年12月号)

さて、記念すべき第1回は、この時期、メンバーで体を動かすことをやりたいよねと常日頃話していたこともあって施行されたボルダリング。実際にやったのは約1年半前のことになりますね。常連の方々の素晴らしい動きに言葉を失うメンバーを横目にサポートドラムの比田井修先輩がどんどん上達していく。そしてその背中を追うように、ひとつ、またひとつと登っていく。そう、この見学が「バンドとして必要な鍛錬なんだ」と気持ちを一つにしたのでした。


第2回「カメラマン体験」(2019年2月号)

第2回は、いつもライブ写真を撮ってくれている安藤みゆさんをレコーディング現場にお呼びして、機材の使い方、コツみたいなものを教えてもらい、メンバーそれぞれの素の姿を撮影。流石に短時間で上達するわけもなく、各々撮るメンバーへのポーズのリクエストが多かったような。いつかメンバー撮影の作品とかも作ってみたいですね!


第3回「BBQ」(2019年4月号)

はい、遊びです。完全に。でも、やりたかったんです。ずっと言ってたんです。だからいいじゃないですか。でも、ただババーっと焼いて食べるだけでなく、調理器具や具材など、かなり本格的なストイックな創作時間となりました。場所は、とある島。この時期、分かる人には分かる!またライブで行きたい。


第4回「釣り堀」(2019年6月号)

これもずっと言っていたけど、なかなかみんなで川や海に行ってやろうとまではいかず、せっかくだしこの機会にということで、釣り堀へ行ってみました。休日には一人で釣りに出かけるという穴見リーダーに教えてもらいながら、約1時間。釣れたのは小林選手のたった1匹......今度は釣って捌くところまでいこうぜ。


第5回「名城見学」(2019年8月号)

やっと......このコラムタイトルに相応しい内容。海外バージョンでこの企画を復活させたいですね。


第6回「神社訪問」(2019年10月号)

第5回に続き歴史的名所へ。動物好き長屋さん、世界遺産ガールpeppeさん擁するリョクシャカにとっては訪れないわけにはいかない場所でした。ツアー、無事に開催できるといいな。


第7回「バッティングセンター」(2019年12月号)

ツアー中、「アクティビティー」と称される移動中の自由時間を使って訪れた、札幌のバッティングセンター。このコラムの時だけではなく、2日連続で行ったメンバーもいたような。不思議なもので、今は全然やってません(笑)。「バッティングセンターって......青春だよね。」by 穴見



こうやって振り返ってみると、まだまだネタはありそう。テーマが変わっても、「復活!社会見学!」とかあってもいいかもしれません。大事な大事な、新しいテーマについての詳細は改めておしらせしますが、ベース穴見の音楽ライフを中心に書かせていただく予定です。
それでは、今後もお楽しみに!

緑黄色社会

同級生3人と幼馴染で結成した愛知県出身/在住のバンド。互いを知り尽くした4人が個性を出し合い、幅広いカラー・バリエーションを持つ楽曲とサウンドを生み出す。2018年Epic Records Japanより3rdミニ・アルバム『溢れた水の行方』を発表。2020年4月22日にニュー・フル・アルバム『SINGALONG』のリリースを控えており、5月からは全国ツアーを開催予定。