Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

"緑黄色社会の社会見学"【第3回】

2019年04月号掲載

"緑黄色社会の社会見学"【第3回】

緑黄色社会

Official Site

第3回 BBQ

目指すはニッポン・リョクシャ化計画!
リョクシャ化するために社会のことをもっと知ろう!(?)
ということで、緑黄色社会がコラムに掲げるテーマはズバリ、「社会見学」!
第3回目は、「BBQ」。(遠征にかこつけて遊んだだけ?)

ライブで訪れたとある遠征先で、バーベキューができるナイスな場所を発見!
この2~3年、「みんなでバーベキューがしたい!」と言っていた4人のメンバーは、「今でしょ!」と、あの有名なセリフをハモってみせた。

みんなで楽しく焼いて食べる、というような要素はありつつも、テーマはやはり社会見学。
本格的な道具を使用してのストイックな時間。さぞかしメインの創作意欲も掻き立てられたことでしょう。

「とってもお洒落な料理も、レクチャーを受けて簡単に作ることが出来ました。ソースを一から作ったり、お肉や野菜を焼いて盛り付けたり。出来上がった料理、超超超おいしかったなあ......。普段自分用にパパっと作る料理が多いけど、誰かと一緒に作ったり、誰かの為に作ったり、盛り付けまで楽しい料理も素敵だなと思えたそんな日でした。」
(長屋晴子)

美味しくなくちゃ意味ないですもんね。
大物を焼くのにかなり苦戦したのは、小林さん。

「僕は極厚お肉の調理を担当しました。これがまた中までしっかりと火を通すのに、とても時間がかかる。こまめに様子を見ながら、ひっくり返したり、温度計をぶっさしたり。ミディアムレアで頂けるよう、内部温度が約65度になるまで加熱しました。
みんなが調理してくれたお野菜を盛り付けて、仕上りは完璧。肉の切り分けもそこそこ。いざ実食!ありがとう。この時の味は、少し経った今も思い出せる。
みんなの想いが詰まった料理は、格別でした。心からの感謝を込めて、ごちそうさま(合掌)。」
(小林壱誓)

長屋さんと一緒に野菜を担当したpeppeさんは。

「買ってきた肉や野菜をそのまま焼くのではなく、調理をして一手間かけるだけでこーんなにも美味しくなるなんて!夏じゃない季節にやるBBQってのも新鮮だったな。これはまたやるしかないでしょ~!!!」
(peppe)

かなり楽しんでいます。

「お肉の低温処理や素材の旨味をそのままソースに使う方法など。クックパッドで得られない知識をたくさん得られてとても学びになりました。今度はメンバーだけで本格リョクシャカキッチン開かないとですね!!」
(穴見真吾)

これは社会見学なのか?それとも趣味探しなのか......。
次回もお楽しみに!

緑黄色社会

愛知県出身/在住の4ピース・バンド。同級生3人と幼馴染で組まれ、お互いを知り尽くした4人がそれぞれの個性を出し合い、幅広いカラー・バリエーションを持つ楽曲とサウンドを生み出す。2013年の"閃光ライオット"にて準グランプリを獲得して以降、リリースを重ねながら着実にファンを増やし続けている。2019年5月29日に『幸せ -EP-』をリリース予定。6月には東名阪にて自主企画"緑黄色夜祭 vol.9"の開催も決定している。