Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

"緑黄色社会の社会見学"【第6回】

2019年10月号掲載

"緑黄色社会の社会見学"【第6回】

緑黄色社会

Official Site

第6回 神社訪問 -厳島神社-

目指すはニッポン・リョクシャ化計画!
リョクシャ化するために社会のことをもっと知ろう!(?)
ということで、緑黄色社会がコラムに掲げるテーマはズバリ、「社会見学」!
早くも6回目を迎える今回は「神社」へ行ってきました。

前回のコラムは鶴ヶ城(若松城)、そして今回も歴史的名所「厳島神社」へ。

「嚴島神社は海を敷地とした大胆で独創的な配置構成、平安時代の寝殿造りの粋を極めた日本屈指の名社です。廻廊で結ばれた朱塗りの社殿は、潮が満ちてくると海に浮かんでいるような不思議な建築美をたたえています。」(宮島オフィシャルホームページより抜粋)という、海に浮かぶ大きな赤い鳥居でお馴染みのもはや説明不要の名社ですが、ライブ遠征中に改めてそのスケール感や歴史を感じる有意義な時間となりました。時は金なり!

「前回に引き続き遠征移動中に社会見学!初の厳島神社。神社に向かうまでの道のりに、お土産屋さんがずらーっと並んでいて、その中にあったお醤油屋さんがまあ最高で、そこで購入したかぼす醤油とあさり白だし醤油超愛用してますおススメです。そしてなんと楽しみにしていた大鳥居は修復中で見れず。またおいでということですね。なので以下鹿レポ。宮島のあちこちに鹿がいて、それはそれは可愛かった。人懐っこくて隣に座っても撫でても平気な鹿ちゃん達に癒されました。のびのびと暮らしている様が素敵で憧れます。ただ、ゴミとか食べちゃってる子がいたので観光する際はゴミはゴミ箱に!その日の写真を見返すと一人で撮った写真は鹿と写っているものしかありませんでした。あれ。
P.S. 今回は時間がなくて行けなかった宮島水族館にいつか必ず行きたい!」
(長屋/Vo)

そう、残念ながら大鳥居は工事中でした。ゴミ(怒)!

「山口県から香川県への移動中に行った、この宮島。天気にも恵まれて、この日の夜には花火大会なんかもあったそう(昼で退散)。
厳島神社は潮が満ちている時、海の上に建つ神社。これを当時発案した人は、実現できると思っていたのか。そして命じられた技師たちは、どんな想いで作り上げていったのか......。
調べると、何度も倒壊や焼失に見舞われているようですが、その度に時人たちに再建や修復を施されているようです。それほどまで日本人に愛されてきた神社である理由は、実際に目の当たりにすれば腑に落ちます。
漆塗りの大鳥居こそ見れなかったものの、歴史を背負ったその佇まいには、圧倒されました。またいつか、パワーをもらいに行きたいです!」
(小林/Gt)

人の手、想いによって受け継がれる。一言では語れない重みを感じて。

「やっと行けました、世界遺産の厳島神社! パチパチ!まずフェリーで近づくにつれて島の独特な雰囲気を感じました。(宮島全体が神域とされていたため島の自然林は今は特別保護区になっています。)そして長蛇の土産通りを楽しんだら、ついに本社登場!大鳥居の全貌は残念ながら見れなかったけど、能舞台や豊国神社、五重の塔 他 これらが勉強してたあれか~!と、見られて内心めちゃくちゃ嬉しかったです。その場で発見したものや雰囲気って紙面やネットでは得られないもので、ある程度知識がある状態で行くと見るポイントが増えて楽しいことも、自分の足でその地へ行くことの重要さも改めて感じられました! 楽しかった!つぎに行きたい世界遺産は......たくさんある!笑」
(peppe/Key)

世界遺産ガールならではです。

「自分の先祖が壇ノ浦の戦いに負け、九州に駆け込んだ平家という話を祖父から聞いたことがありました。平家が残した厳島神社に来ることができて嬉しかったです。僕も1500年先の未来まで残る音楽を作れるのかなーと。そんなファンシーなことを考えていました」
(穴見/Ba)

ルーツを感じて未来を案ずる......

ということで、今回は少し固い内容だった気もしますが、どんどん見学範囲を広げていく緑黄色社会。これからのレポートもお楽しみに!

緑黄色社会

愛知県出身/在住の4ピース・バンド。同級生3人と幼馴染で組まれ、お互いを知り尽くした4人がそれぞれの個性を出し合い、幅広いカラー・バリエーションを持つ楽曲とサウンドを生み出す。2013年の"閃光ライオット"にて準グランプリを獲得して以降、着実にファンを増やし続けている。2019年11月にはドラマ"G線上のあなたと私"の主題歌を表題に据えたシングル『sabotage』をリリースし、12月にかけてワンマン・ツアーを開催する。