Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

緑黄色社会 穴見真吾の"部屋とけん玉と穴見"【第1回】

2020年06月号掲載

緑黄色社会 穴見真吾の"部屋とけん玉と穴見"【第1回】

緑黄色社会

Official Site

慌ただしい日々が続いていますね。先日の夜、NYに住む高校の後輩から「先輩元気ですか?東京大丈夫ですか?」という連絡をもらって。そんなやりとりをする流れで、俗にいうオンライン飲みをしたのですが、向こうはまだ朝10時(朝からごめん(笑))で、彼がビールを買いに行くところから通話が始まって。今NYでは、マスクをせずに外を歩くと取締りを受けて、数万円の罰金を取られるみたいで、そんな話を聞きながらバドワイザーと本麒麟で乾杯しました。彼が通っている学校の授業がオンラインになったり、バイトもできなくなったりだとかそんな話を聞いたり。僕らもCDリリースが延期になったことやライブツアーの開催が見合わせになってしまったことなどを話しました。


そんなこんなでいろんな話をしたのですが......おっと紹介が遅れてしまいましたね(笑)。
皆さんはじめまして、緑黄色社会ベースの穴見真吾と申します。前回までは、「緑黄色社会の社会見学」というコラムをメンバー全員で書かせていただいていたのですが、今月からシフトチェンジをして、「部屋とけん玉と穴見」というタイトルで僕がコラムを書かせていただくことになりました。若干心細いですが......なるべく実りのあるコラムを書けるよう精進していきますので、お付き合いよろしくお願いします!
手短に説明をすると、僕の音楽ライフ(?)について語っていくコラムです(けん玉どこいった)!皆さんがお察しの通り、タイトル「部屋とけん玉と穴見」はあの曲のオマージュです。


愛するリスナーさんのため、毎日磨いていたいから......

時を戻そう。本題↓


NYに住む彼と最終的に、「収束したら東京で服を見にいったり、レコード屋に行こうねー」という約束をしてオンライン飲みは終わりました(オンライン飲み終了時に若干寂しくなる感じ......嫌いじゃない)。
時間はかかるけれど、お互いに気持ちの良い朝日を浴びられることを願って、今回はOasisのアルバム "(What's the Story) Morning Glory?" について語っていこうと思います(ようやく音楽コラムっぽくなってきたぞ)。

高校生の頃からBOOKOFFに入り浸るようになったのですが、そこで出会ったのがこのアルバムでした。買ってから一年間でアルバム100周くらいはしていたと思います(笑)。元々ズブズブの洋楽リスナーではなかった僕をズブズブにさせたアルバムと言っていいでしょう。2つのポイントに分けてこのアルバムの魅力を語っていきたいと思っています。


①邦ロック・ポップスへ与えた影響を顕著に感じた


僕は中学の頃から音楽に興味を持ち始めたのですが、当時BUMP OF CHICKEN、RADWIMPS、ASIAN KUNG-FU GENERATIONなど、素晴らしき邦ロックレジェンドの曲を聴いていて、彼らの歌、サウンドは今でも身体に染み付いています(全曲歌える)。そして、時を経てこのアルバムと出会った時に、「なんだこれ......聴いたことないけどどこか聴いたことあるような感じ。めっちゃかっこいい!」っていう衝撃。
物語のように進行する、コンセプトアルバム的な構成。ギターの多重録音、そして何よりメロディーのわかりやすさ。邦ロックレジェンドとOasisという、点と点が線になった感覚。いわゆる音楽を掘り下げる楽しみを教えてくれたのが "(What's the Story) Morning Glory?" だったのです。


②メロディーのキャッチーさ、HIPHOP並みに踏まれる韻、イギリス英語のはっきりとした発音


歌詞は聞き取れないものだと思いながら、「何歌っとるのか分からんけどかっこいいからいいやー」って感じで洋楽を聴いていた穴見少年だったのですが、Oasisの曲は、歌詞を見ずとも大まかに単語を理解できました。洋楽の入り口として最高な一枚だったのです。見出しの三つの要素のおかげでとにかく聴き取りやすい。アルバムの最後の曲「Champagne Supernova」は特に大好きな曲(カラオケの十八番)。僕自身の曲作りにも大いに影響されています。


少し長くなってしまいましたが、まだまだ語り切れていないことだらけ......
Oasisをあまり聴いたことがないという方の、出会いのキッカケになればなと思います!!!そんなこんなで、最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回何やろかね~

緑黄色社会

同級生3人と幼馴染で結成した愛知県出身のバンド。互いを知り尽くした4人が個性を出し合い、幅広いカラー・バリエーションを持つ楽曲とサウンドを生み出す。2018年11月、EPIC Records Japanからメジャー・デビュー。2020年4月にニュー・アルバム『SINGALONG』を配信リリースした。