Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

Brian the Sun 小川真司と田中駿汰の「しんしゅんワンコインキッチン!」【第10回】

2018年01月号掲載

Brian the Sun 小川真司と田中駿汰の「しんしゅんワンコインキッチン!」【第10回】

このコラムではBrian the Sunギター小川真司と、ドラム田中駿汰がワンコイン(500円)で料理を作っていきます!


「あけおめ!ワンコイン栗きんとん」


材料
栗の甘露煮 1瓶 230円
サツマイモ 1個 150円
はちみつ 大さじ1 100円

計480円

調味料
みりん 大さじ2
塩 ひとつまみ
甘露煮のシロップ 大さじ1
サツマイモの茹で汁 適量

しんしゅん:みなさま明けましておめでとうございます!
真:今年も一年よろしくお願いします!今回はお正月ということで、それにちなんで今回もワンコインで栗きんとんを作っていきたいと思います!
駿:お正月といえば、だから豪華に予算アップとかはないのね(笑)。
真:うん......ないね......。
駿:いつかしんしゅん万券キッチンやろや!
真:駿汰が経費出してな。
駿:さーてワンコイン!ワンコインで張り切っていきましょう!
真:じゃあまずは、サツマイモの皮を厚めに剥き、熱が通りやすいように適当な大きさに切り、水に浸けてアクを抜きます。2、3回水を入れ替えて15分くらい浸します。

15分後

真:水をもう一度入れ替えて、サツマイモが浸るくらいに水をはり、ラップをかけて600wで10分チンしまーす!

レンジ:チーン

真:竹串でサツマイモを刺して柔らかさを確認するで......いけてる!柔らかい!
駿:よっしゃ!このボウルの茹で汁って捨てていい?
真:ちょっと待ったー!この茹で汁、後で柔らかさの調整で使うから捨てずに置いといて!茹で汁とサツマイモを分けて、熱いうちに裏ごししていきます。
駿:裏ごし器ってあったっけ?
真:えっと......ないので(笑)、今回はザルの目を使って裏ごししていきます!
駿:え?いける?
真:目が荒いからやっぱり粒感残るな(笑)。
駿:ほんまやな(笑)。みんなには裏ごし器をお勧めするね(笑)。
真:裏ごしが終わったら鍋に移して、調味料を混ぜて、弱火で焦げないように練っていきます!甘さは甘露煮の汁で、柔らかさはさっきの残しておいた茹で汁で、お好みの感じに調整していってください。なんとなく味がついてきたら、栗を2、3個細かく刻んで混ぜていきます。これを入れると食感が全体的についてより美味しくなります。練り終わったら、バットに移して冷まします!最後に栗の甘露煮をボンとのせて完成!
駿:正月感すごい仕上がりやな!見た目は美味しそう!


実食タイム!

しんしゅん:いただきまーす!
駿:うーーん!美味しいぞ!食感もあの栗の粒々入れて正解!前回の梨パイは無しパイやったでな(笑)。今回は成功してよかった!

というわけで、無事に第10回「あけおめ!ワンコイン栗きんとん」は完成!
皆さんもぜひこのレシピでお正月を感じてくださいね~!