Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ヒトリエ

ヒトリエ

メンバー:wowaka(Vo/Gt) シノダ(Gt/Cho) イガラシ(Ba) ゆーまお(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-ははははは。私が最近ヒトリエのライヴを観て感じる印象が、全部『モノクロノ・エントランス』の音になっていたなと思っていて。例えばギタリスト2名で言えば、ライヴでシノダさんが前に出て会場を引っ張るところとか、それをwowakaさんが安心して任せて歌っているところもすごく面白いなと思っているんですけど、シノダさんのフレーズのインパクトも大きくて。

シノダ:やっと彼が考えるフレーズを、自分の演奏として落とし込めるところまできたなという感じはありますけどね。これまではもう、一方的にボコボコにされる感じだったので......。

wowaka:ギターはね~、なまじ自分が弾けちゃうからねえ(笑)。でもシノダさんは最近俺が絶対弾けないようなものを弾き始めてるので。絶対俺無理っす(笑)。俺が弾けてないデモをちゃんと弾いてくるんですよ。逆になってきてるんです。

シノダ:たまにすごいのがあって......"おい、これお前投げたろ!"って言いたくなるような(笑)。それをパズルを解いていくみたいな、"こんな感じかな"と予測をしていくみたいな......それをスタジオで弾いてみたら――。

wowaka:"それです"って(笑)。それこそ最初考えてたのと全然違うものだったりするんですけど、それがスッと通るパターンが増えたなって。お互い寄ってきてるんだと思うし、もうねえ、すげえ最近いいんですよ、シノダさんのギターが! すげえいい。

シノダ:......初めてすごく褒められた気が(笑)。

wowaka:「劇場街」(Track.1)とかすげえ褒めたじゃん(笑)!"それ! それ超いい!"って。

シノダ:あれは、ほぼ一発OKでしたよね。......"本当にいいの? 無理してない?"って逆に不安になりましたけど(笑)。あれはほぼ100%俺が考えたフレーズで。

wowaka:「劇場街」に関しては、デモの段階でフレーズを詰めてきてなくて、コードとストロークはこんな感じというのと、展開だけ持っていて"やろう!""できた!"という感じだったんです。

シノダ:一旦バンドで合わせたものを持ち帰ってフレーズを考えて"どうすか?"と提出して、"これでいきましょう"と。そんなスッと通ったことがなかったので、まあ不安にもなりますよね(笑)!

wowaka:"これこれこれ!"っていう感覚も含めて、最初の設計図でやりたいことのひとつでもあったし。それを超えた部分でもあるし。「劇場街」と「モノカラー」(Track.5)をそういう形で作ったんです。そういう作り方でちゃんと曲ができたのも、すごく良かったですね。僕は5曲目が一番好きなんですけど、この曲を作れたことが一つすごく大きいし。

-「モノカラー」のギターもまさしく"シノダ!"って感じですね。

wowaka:この曲を作ってるとき、シノダさん2時間くらい遅刻してきて(笑)。その間に曲の基礎をシノダさん以外の3人で作ってたんです。それにリフを乗せてもらう感じで。

シノダ:イントロの肝となるリフは面と向かってにらめっこというよりは大喜利と言いますか。ほんとにね、(wowakaは)なんでもないリフは全然反応しないんですよ。無反応で延々とコードを弾き続けるんです。それを見ながら"あ、これは違うんですね。じゃあこれはどうでしょう? あ、違うんですね......"とひたすらバーッとやって、どのタイミングかわからないんですけど、このリフに決まって。

-小難しいことがなく、インパクトがあるリフですよね。

wowaka:うん。それが細かいフレーズに落ち着かなかったのも状態としていいなと思って。今までの俺なら"あのリフがいい"とはならなかったと思うんですよ。

イガラシ:このリフをシノダが弾いたとき、もう大喜利始めて1時間くらい経ってたから、だいぶ(wowaka)飽きてたよね(笑)。あんま聴いてなかったでしょ?

wowaka:ははははは、脳が麻痺してたのかも(笑)。

イガラシ:俺が"俺、今の感じ好きだよ。もう1回弾いてもらおうよ"って言ったら、(wowakaが)"あ、いいですね"って言ってたよ(笑)。

全員:はははは!

シノダ:彼自身もだいぶ曖昧な状態でした(笑)。あんなんじゃ麻痺しますよ! でっけえ音で延々と弾いてたら(笑)。

-1時間タイマンのリフ大喜利......耐久戦ですね。

イガラシ:僕とゆーまおさんは外でコーヒー飲んだりしてました。

ゆーまお:してたしてた。

シノダ:僕は"これで2時間分の遅刻を埋めなきゃ"と必死でした(笑)。でも結果的にめちゃくちゃ印象的なフレーズになったなと。まさかあれでフェード・アウトしていくとは......。

wowaka:ずっと弾いてもらいましょう、ということで(笑)。