Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

鶴 / モーモールルギャバン / シュノーケル

Skream! マガジン 2019年07月号掲載

モーモールルギャバン

Official Site

2019.06.18 @下北沢LIVEHOLIC

Reported by 沖 さやこ

"3組ともバンドを始めてから表舞台に立つようになって、メジャーに行って全国で活動してフェスに出て、その時期を過ぎて、自分たちの足でバンドをやっていこうぜ――という運命共同体のような空気がぷんぷんでございました。でも平日のライヴハウスでわいわいしてる君たちももはや運命共同体でございます。どこまでも行こうぜ!"という、アンコールでの鶴、秋野 温(うたギター)のMCが、この夜の充実を物語っていたように思う。結成16周年の鶴、15周年のシュノーケル、14周年のモーモールルギャバンという、同世代3ピースによる3マン。自力で様々な荒波を乗り越え、真摯に活動を続けているバンドたちによる、説得力と陽の気で満ちたライヴが楽しめた。

シュノーケルはポップネスの中に渋みと甘さを加えたサウンドと、曲中のドラマに合わせて巧みにアプローチを変えるヴォーカルで魅了する。MCは終始和気あいあいとした空気感で、ステージもフロアも笑いが絶えない。「いいじゃん」は観客のシンガロング&クラップと、西村晋弥(Vo/Gt)とKABA_3(Ba)のラップでハッピーな空間に拍車がかかる。誠実な気持ちが込められた新曲「君に響け」、エネルギッシュな「solar wind」、清涼感たっぷりの「波風サテライト」など、ギター・ロックの持つ奥深さやロマンチシズムを届けた。

モーモールルギャバンは「ユキちゃんの遺伝子」、「IMPERIAL BLUE」と瞬発力と爆発力のあるステージを展開する。隅々にまで集中力が通った3人の音が一歩も引かずに炸裂していく様は、非常に痛快で瑞々しい。「消えて」は曲の繊細さや切なさを際立たせる演奏を聴かせ、ゲイリー・ビッチェ(Dr/Vo)のヴォーカルも趣深く響いた。「サイケな恋人」から間髪いれずに「細胞9」へ繋いで「7秒」になだれ込むという運びも、アトラクションのようにダイナミックで鮮やか。キャリアで培ったタフネスと、天然素材の強すぎる個性が眩しかった。 "LIVEHOLIC、4周年おめでとうー! みんなも一緒に祝っていこうぜー!"とのっけから祝祭感たっぷりで登場した鶴は、卓越したスキルでもって意気揚々とした心地いいグルーヴを作り出していく。定番"こんばんは鶴です"のクラップとコール&レスポンスには"LIVEHOLIC 4周年"を組み込み、「踊れないtoフィーバー」の導入でダンサブルな演奏を繰り広げるなど、観客をスマートにエスコートする姿勢を崩さない。3周した47都道府県ツアーを経て抱いた気持ちが込められた8月リリースの新曲「バタフライ」では、温かい歌声と音色で観客を大きく包み込んだ。

シュノーケルは"LIVEHOLICさんが10周年を迎えるとき、僕らもここで新曲が演奏できるように頑張っていきます"、モーモールルギャバンは"これからも続けていくんで、良かったらまたライヴ遊びに来てくれますか?"、鶴は"終わりのない楽しい旅を歩き続けている"と、どのバンドも向上心を持って、ナチュラルにバンドを続けていくことを語っていたのも印象に残った。周年イベントに相応しい、続けてきた人間の強さと愛に満ちた、笑顔の絶えない夜だった。

  • 1