Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ぜんぶ君のせいだ。

ぜんぶ君のせいだ。

ぜんぶ君のせいだ。

Official Site

メンバー:如月愛海 ましろ 一十三四 咎憐无

インタビュアー:吉羽 さおり

-曲それぞれに、みんなのキャラ、人間性が反映されていますよね。

ましろ:作詞のGESSHI類さんが、今まで見てきたぼくたちのことをすごく描いてくれていて。

一十三四:キャラソンみたいな感じだよね。

ましろ:本当に。ぼくは、歌への想いが強いことが入っているし。

一十三四:これを聴いたときに、まだまだこれもましろの一部かもしれないけど、そういうのを曝け出してくれた感じがして。すごく歌詞を凝視しました。

如月愛海:本当に嬉しそうだったしね。出そうとしないところもあるんですよ、そういうところを。でも、レコーディングのときからずっとニヤニヤして喋ってるから、本当に楽しみにしてたんだなって。

ましろ:自分が書いた歌詞じゃないのに、これだけ伝えさせてもらえるのもすごいことだと思いますしね。

-愛海さんの曲「比翼連理」。この曲は頭からずっとリーディングで、びっくりでした。

如月愛海:そうですね(笑)。ツアー中、大阪で初めてこの曲をやったんですけど、これは来てくれた方には申し訳ないんですけど、リハの方がめっちゃ気持ちが入っちゃって。というのも、人の顔を見ない方がこの曲は歌えるというか。ひとりで海で心中する気持ちなので。みんなの顔を見ちゃうと......。みんな、泣いてくれている人もいれば、本当に死ぬんじゃないかってくらいきつい顔して観ている人もいて。それが視界に入っちゃうと、セリフも飛んじゃうんです。あとはリハのときにめねが、本当に上手だったと言ってくれたのが嬉しくて。なおさらそれを覚えているんですよね。それを超えたんです。だから、またどこかでやりたい。

ましろ:少年がミルクさんが書いているのも、めーたんにとっても特別だし、ぼくたちにとっても、ずっと昔からふたりが一緒にいたことを知ってるから。聴いていても、特別な感じがある。

如月愛海:ミルクさんは自分の人生をすべて知っているくらいの人なので、本当にきつかったときのことを書いてくれたのかなって思って。そこからの今があるという曲を書いてくれたんですよね。

-一十三四さんの曲「リコリスアイロニー」は、よつさんの女の子らしさが全開ですね。

一十三四:全開です。

ましろ:こんなよつらしい歌詞はこれ以外存在しないと思う。

一十三四:最近、シャウトのイメージがついているんですけど。ソロでもシャウト系の曲がくると思ったという人も結構いて、でも違うんだぞと。

-しかも女の子の欲深さが出てます。

一十三四:そうですね。一番気に入ってるのが、"乱雑と刹那 生きる サキュバスと思えば 許される... ?"のところなんですけど。女の子のわがままさもあるし、あなたはわたしのこと好きでしょうっていう気持ちも全開で。でも、自分のわがままさもわかっているし、わたしに振り回されている君の悲しさとかも歌っているし。でも、わたしのことだけ見ていてねっていう歌で。

ましろ:よつは本来、かわいらしくて、女の子っぽいんですよ。

如月愛海:誰よりもね。

ましろ:だからこういう曲を歌ってくれて嬉しい。他のメンバーは絶対できないので。こんなふうに、かわいいも、きれいも、かっこいいも欲しいって堂々と言えるのはよつならではだと思いますね。

-ソロ曲を聴くと、メンバーそれぞれ全然違った個性を持っているのがよくわかりますね。

ましろ:本当に。これが嘘偽りなくそれぞれなんですよね。設定づけたキャラとかではまったくなくて。

如月愛海:全員に言えるのが、歌詞もそうですけど、不器用で。だめだね、生きにくい。

ましろ:うん、生きにくさはあるね。

-そして咎憐无さんの曲「めしぇあ!」も、加入からここまでの流れや頑張りがすごく出てる。

咎憐无:そうですね、突然ぜん君。に入って、という曲で。ちょっと落ち着いてきたころにできた曲だったんですけど、そのときはこういう流れでぜん君。に入って、"今こういうふうに頑張ってるよ"、"ついてきてね"っていう、一緒に笑って泣こうねっていうのを患いさんに伝える曲だったんですけど。最近になって、いろんな経験が増えて、どっと背負うものも増えて、メンバーの愛も増えて、メンバーに対しても歌える曲になって。

ましろ:嬉しいよ、とがれがこんなふうになって。

-激動だったからすごく時間が経ったようですけど、まだ2016年末の恵比寿LIQUIDROOMのライヴ(※12月30日に開催された"ぜんぶ君のせいだ。ワンマンLIVE ~ぜんぶ僕のせいだ。~"/このライヴで咎憐无が加入)が初だったから、ついこの前ですもんね。

ましろ:まだ1年も経ってないんですよね。

咎憐无:(※思い起こして涙)

如月愛海:本当にいい曲でね。聴いたら明るい感じに聞こえるけど、やっぱりとがれなりに思うことがあって。あの時期に加入して、プレッシャーこそそこまでないかもしれないけど、3人(如月愛海、ましろ、一十三四)はもう仲良しこよしというか。

ましろ:すでに2年一緒にいたからね。

如月愛海:とがれの中でもいろいろ感じていたと思うしね。

咎憐无:そうですね(笑)。

如月愛海:「無題合唱」でも、一緒に泣くしね。

咎憐无:最初に出たLIQUIDROOMで泣いたのは、そのライヴ自体がエモくて。まだ自分はぜん君。のことも、今までのメンバーのことも全然わかってなかったけど、涙が出てきちゃったんです。でも今は、一緒になって泣けるようになっていて。全然違います。アイドルって、ライヴや画面上で見るだけだとかわいくて、輝いていて憧れるんですけど。実際にはつらいことも、幸せと半々くらいあって。でもそういうことを感じられるのも、ぜん君。になれてよかったなと思うことでもあって。積み重ねて歌える大切な曲になりました。

-めねさんの曲「3984らぷそでぃー」も、かわいいアイドル・チューンなのがめねさんらしい。

如月愛海:めねがこの曲を北海道で披露したとき、"この人、誰よりもアイドルだな"って思いましたね。

ましろ:あんな笑顔で踊るか、ってなったよね。

如月愛海:お人形さんが命を吹き込まれて、どんどん感情を吸収していって。めねも伝えることがすごく苦手な子で、自分をバンと出せるタイプではないんです。みんなそうだったんですけどね。ただ、とがれもそうですけど、歩みのペースが早かったぶん、自分の想いを出せないところもあったと思うんです。でもソロ曲になった途端に、"めね!"っていう。まさにめねのためのステージだったんですよね。

ましろ:こういう可能性もあるんだって、めねのポテンシャルを感じられたし、ライヴでめねがやってるのを見て、こういうこともできるんだってすごく思ったので。ぼくたちにはなくて、めねにある可能性がこもっていた曲だったし、だからめねのいい表情が見れたんだろうなって。めねに似合う曲だし、どんどんめねらしくなっていった曲ですね。

-5人でのぜんぶ君のせいだ。がひとつの形になってよかったです。

如月愛海:できてよかった、本当に。めねの声の曲が入って。

ましろ:ジャケットにもめねが写っているので。

如月愛海:またこの5人のときがあったというのを覚えていてもらえるものになったと思います。まだまだ進みますよ。

ましろ:止まっていられないからなぁ。もうやるしかないから。

如月愛海:わたしたちだけではなくて、働いているサラリーマンでも波乱万丈はあるので。わたしたちだけがくじけているわけにはいかないですからね。