Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

androp

2015年08月号掲載

androp

メンバー:内澤 崇仁 (Vo/Gt)

インタビュアー:山口 智男

-その結果、かっこいい曲になりましたね。フュージョンっぽいというか、シティ・ポップっぽいというか。この曲の後ろでうねうねふわふわと鳴っているのはギターですか? シンセですか?

それはギターとギターの音を鍵盤の音に変換するエフェクターを使ってるんです。だから、本当はギター1本しか弾いてないんですけど、一緒に鍵盤も鳴ってるっていう音像になってるんです。

-ああ、バンド・サウンドを追求しながら、単純にスタジオ・ライヴを一発録りしましたってことではなくて、音の録り方や音の作り方には結構こだわっているわけですね?

そうですね。ただ、今回、ドラムとベースは一緒に録りました。ドラムとベースを一緒に、いいグルーヴで録るっていうのもひとつのチャンレジだったんです。

-そして、アルバムを締めくくる「You Make Me」では、それまでの流れから一転して、シンセがバキバキと鳴っています。

映画"アップルシード アルファ"の挿入歌のお話をいただいて、androp云々は気にせずに自由に作っていいと言われたのがきっかけだったんですけど、かなりやりたい放題に作らせてもらいました。andropの曲を作るときって、大体、ライヴを想定するんですけど、これは全然想定せず、逆にライヴでできないものを作りたかったんですよ。

-これは打ち込みなんですよね?

いえ、全部生音なんですよ。シンセもドラムとベースも。歌はヴォコーダーを使ってますけど。

-え、ドラムとベースも生なんですか!?

生なんです。打ち込みみたいな音になってますけどね(笑)。そういうのを狙ったんです。もともと打ち込みで作って、それを超える生音を目指しました。その映画でSKRILLEXの曲も使われると聞いてたので、それを超えたいと思って、そういうイメージで作ったんですよ。あとは多脚砲台っていう戦車の戦闘シーンで使われるとわかってたので、そのシーンにぴったりの曲にしたいと思って、そのシーンの映像をもらって、それを見ながら作っていきました。

-それにしても「Yeah! Yeah! Yeah!」で始まって、この曲で終わるって。

たしかに、そうですね。面白いですよね(笑)。最初は全然入れるつもりはなかったんですよ。今までだったらTrack.13の「Songs」でしっとりと終わらせてたと思うんですけど、最後に「You Make Me」を入れることで、自分たちのイメージも壊せるし、自分たちも今までの自分たちじゃないものにできるし、そういうアルバムってあんまり聴いたことないなって思って14曲目に入れました。

-まさにそういうアルバムになったと思います。

今の自分たちのモードや、どの曲を聴いてもandropと言えるものばかり入ってるんですけど、やっぱり振り切ったもの、両極端なことができるバンドになりたいんですよね。ライヴハウスを回って、熱い音楽を届けられるバンドにもなりたいし、繊細な音楽を表現できるバンドにもなりたい。その振れ幅を、ちゃんと自分たちで広げていけるバンドでもいたい。なおかつ聴く人にとっては驚きとともに、常に面白いと思ってもらえるバンドになりたいです。それが表現できたアルバムになったんじゃないかと思います。

-夏フェスにいろいろ出演したあとは、9月からアルバムを引っ提げて、全国のZeppを回るツアーが待っています。そこではこれまでとはまた違うライヴを見せてもらえそうですね?

ライヴハウス・ツアーをやってよりタフになった分、今までのZeppツアーとは違うものにできると思います。アルバムの世界観を表現するツアーではあるんですけど、いろいろなことができそうな気がしていて。演奏も含め、いろいろ驚かせるようなことを、ちゃんと伝わるようなやり方でやりたいと思ってます。ぜひ期待しててください。