Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

空想委員会

2014年06月号掲載

空想委員会

メンバー:三浦 隆一 (Vo/Gt) 佐々木 直也 (Gt) 岡田 典之 (Ba)

インタビュアー:沖 さやこ

-それが三浦さんの書く歌詞と相まって、よりドラマティックなギター・ロックになる。

佐々木:あと僕マイナーな感じが好きなので。切ない感じが好きだから更にそうなるんじゃないかな(笑)。インディーズで出した「難攻不落ガール」(※『僕はまだ必要十分条件を満たしていない』収録)は調はマイナーなのに若干明るく感じるんですけど、メロディなしでインストのみで聴くと暗かったりするし。そういうのが楽しいです。

三浦:(佐々木に向かって)"そして俺!"とか言いながら結構暗いんじゃない(笑)?

佐々木:もしかしたら実は暗いのかな(笑)?

-(笑)岡田さんのベースは、三浦さんと佐々木さんのおふたりをしっかり支えるようなベースを弾かれるなと。

岡田:このバンドは歌とギターが前に出るべきだと思っているので。とは言ってもリズム隊がないとこのふたつも前にいけないので"ふたりが存分に騒げるためには土台をしっかり作らないとな"と常に意識しながら作っています。あんまり前には出ないけどギターのリフを意識してベース・ラインを作ったり、メロディを聴きながら作ったり。

佐々木:岡田くんのベースは綺麗にメロディに沿うんですよね。でも今回の「八方塞がり美人」「残響ダンス」は結構攻めてるよね?

-この2曲は岡田さんのスラップが効いてますよね。

岡田:珍しくちょっと......しゃしゃっちゃったね(笑)。

佐々木:メジャー・デビューだから(笑)?

岡田:いろんな意味でデビューしようかなと(笑)。

全員:はははは!

岡田:っていうのは冗談で(笑)、ベースがそうあるべき曲かなと単純に思って。攻撃的というか。

-そういう部分にも空想委員会の変化が表れているということですね。あと最後にお聞きしたいのが......三浦さんの歌詞は居場所、理想郷、教室など"場所"を歌っているものが多いなと思ったんですよね。

三浦:これは高校のときとかに居場所がなかったからですね。学生に限らず、社会人になっても"どこに行けばいいんだろう?""何したらいいんだろう?""なんでわたしは生まれてきたんですか?"と思いながら過ごしていて......。自分に居場所ができたらいいなとなんとなく思っていたときに、バンドという場所を見つけて。それで聴いてくれる人も少しずつ増えて......だから僕も場所というものに対しては敏感というか。"ここはなんなんだろう?"と結構いつも考えていますね。だから歌詞に出てくるのもそれだと思います。

-それは人と一緒にいたいから起こるもの?

三浦:んー......人と一緒にいなきゃいけないと思っているからですね。生きている限りは人と接して生きていかなきゃいけない。その上で自分はどこにいるべきなのか、どこにいるのが楽なのか、幸せなのか......そういうことを考えているので、理想郷とか歌っちゃうんだと思います。あんまり考えてないですけどね。場所を書いたものが多いと言われて、初めて気付いた感じです。

-空想委員会が理想郷のようなイメージがあったので、そこに通ずるのかなと。

三浦:ああ、バンドのなかでは一応居場所をいただいてるので(笑)。

全員:ははは(笑)。

三浦:それでバンドが聴いてくれてる人たちに居場所をもらっているので、いい状態ですね。それがどんどん広がっていったら、歌う"場所"もこれから変わってくるんじゃないか―― そう思います。