Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

SPECIAL

NEWS

2017.06.01 21:00

広島発の4ピース、"ゆるふわリムーブ"のインタビュー&動画メッセージ公開。大きな野望を掲げるバンドに相応しい、挑戦に満ちた1stミニ・アルバムをEggsレーベルより6/21リリース

2017.05.31 20:00

スラマットパギー、かたこと、iloli、ワヅカ、フライングメイヤー出演。7/7に下北沢LIVEHOLICにてEggs協力のイベント"Crush!! vol.3"開催決定

2017.05.31 12:00

【当日券の発売決定!】ウソツキ、ココロオークション、THURSDAY'S YOUTH出演。Skream!×タワレコ×Eggs共催イベント"HAMMER EGG vol.6"、本日渋谷eggmanにて開催

2017.05.23 21:00

広島発の4ピース・バンド ゆるふわリムーブ、"Eggsレーベル"より1stミニ・アルバム『芽生』を6/21にリリース決定。東阪広でのレコ発ツアーも開催

2017.05.09 20:00

the audio pool、key poor diary、Terasakick.、funtass、LESTER出演。6/6に下北沢LIVEHOLICにてEggs協力のイベント"Crush!! vol.2"開催決定

2017.05.03 19:00

SPIRAL SPIDERS、朝眠る、ノクターン、ポータルタウン、BACKDAV出演。5/31に下北沢LIVEHOLICにてEggs協力のイベント"Crush!!"開催決定

2017.05.01 20:00

Eggs“ワン!チャン!!”オーディションにてグランプリ獲得のラッパー、SILYUSのインタビュー&動画公開。心の病を克服した過去から、音楽へのピュアな愛情宿る1stシングルまでを訊く

2017.04.28 12:00

UK.PROJECTのオーディション"Evolution!Generation!Situation!Vol.2 supported by Eggs"1次審査通過アーティスト発表。2次審査リスナー投票もスタート

2017.04.27 18:00

ウソツキ、ココロオークション、THURSDAY'S YOUTH出演の"HAMMER EGG vol.6"、対談含む特設公開。覚悟を持って歌モノであり続ける3組集う第6弾が5/31に開催

2017.04.15 10:00

ウソツキ、ココロオークション、THURSDAY'S YOUTH(ex-Suck a Stew Dry)出演。5/31に渋谷eggmanにて開催のSkream!×タワレコ×Eggs共催イベント"HAMMER EGG vol.6"、チケット一般発売スタート

SHOW MORE >>

ABOUT

出会う(タイムライン)と聴く(プレイヤー)が
一緒になったスマートフォン向け音楽アプリ"Eggs"

友達やアーティスト、キュレーターとつながればつながるほど、音楽が満ち溢れる自分だけのタイムライン
アーティストも、音楽ファンも、未知なる出会いに魅力を感じる方は今すぐダウンロード

INTERVIEWS

  • ゆるふわリムーブ

    そのときそのときの強い想いが
    そのまま歌詞になる

    1年強の間で1枚のEP、3枚のシングルをEggsレーベルからリリースした広島発の4ピース・ギター・ロック・バンド、ゆるふわリムーブが待望の1stミニ・アルバムをリリースする。“芽生”(読み:めばえ)と名づけられた今作は、シングルの表題曲に加え、新しい挑戦をした新曲3曲、即完売し現在は入手困難の盤から新たにレコーディングをした1曲を含む計7曲を収録。“ゆるふわ”という名前に相反して“目指すはアリーナ・ツアー”や“広島を盛り上げたい”という頼もしい野望を掲げる彼らに相応しい、気持ちのいいスタート・ダッシュ作となった。

    READ MORE >>

  • SILYUS

    僕はリアルに音楽があったからこそ
    生き延びることができた人間だと言えます

    地球から見える最も明るい恒星、それがシリウスだと言うが。この名を自らに冠して活動するアーティストが、Eggs presentsのオーディション"ワン!チャン!!~ビクターロック祭り2017への挑戦~"にてグランプリを獲得したSILYUSなのである。ステレオタイプなHiphop/R&B系のスタイルとは明らかに一線を画する、洗練された音楽性と存在感。それは3月に幕張メッセにて開催されたイベント"ビクターロック祭り2017"でのステージングにおいても、おおいに発揮されたという。かつて患った心の病を音楽と接し続けることで無事克服したという過去も持つSILYUSだけに、最新音源『Monaural』を筆頭とした彼の生み出す音楽やコトバには、闇の世界をも照らし出す強い光が宿っているのだ。

    READ MORE >>

  • Sentimental boys

    青春の1ページ、今の僕らを形作った原風景を見せてくれる、優しくもほろ苦いロック・ミュージック

    いい歌、いい音楽を伝えたい。そんなまっすぐな背骨が通った、美しくエモーショナルな音楽を奏でるSentimental boys。長野県上田市出身の4人による音楽は、懐かしい風景や、忘れかけていた気持ち、あの日あのときの感触や香りを、じわりと思い出させる。切なくも、とても甘美な味わいが広がる音楽だ。若い世代はもちろん、青春期を通過した大人のリスナーも多いというのも納得のバンドである。そのSentimental boysが、初の全国流通ミニ・アルバム『青春が過ぎてゆく』をEggsレーベルよりリリースする。その歌詞の世界観や音楽性について、メンバーふたりに話を訊いた。

    READ MORE >>

  • A11yourDays

    すべての“あなた”と共に歩む決意を刻んだ
    1stミニ・アルバム

    2015年に結成して間もない昨夏、“Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016”のBorn Next Stageと、“イナズマロック フェス 2016”の風神ステージに出演するという快挙を成し遂げたA11yourDays。貴重な経験を経て、この3月に1stミニ・アルバム『you,』をリリースする。ヴォーカルのSOGYONは韓国と日本のハーフ、ギターのJOHNはアメリカと日本のハーフというボーダレスな感覚を活かしながら、とびきりポップなピアノ・ロックを鳴らす彼ら。新作には、大舞台を見据えたポップスから、横ノリのファンク・チューンまで、彼らの個性がギュッと凝縮されている。メンバー全員に、ここに至るまでを訊いた。

    READ MORE >>

  • “SCHOOL OF LOCK!”
    とーやま校長&あしざわ教頭

    自分が"これが一番カッコいい"、"これが一番楽しい"って思えるものをぶつけさえすれば
    何かが起きるのが"未確認フェスティバル"

    TOKYO FMの人気番組"SCHOOL OF LOCK!"とEggsがタッグを組んで送る、10代アーティスト限定の夏フェス"未確認フェスティバル"の開催が2017年も決定した。"閃光ライオット"を受け継いでスタートしてから今年で3回目となり、新人アーティストの登竜門としてますます大きな注目を集める同イベントへの思いを、"SCHOOL OF LOCK!"とーやま校長とあしざわ教頭のふたりに語ってもらった。

    READ MORE >>

  • CLOW

    ヒリヒリとした、脈打つ感情を歌にする
    シンガー・ソングライター、CLOWの視点

    日本コロムビア主催のオーディション“COLUMBIA U-25 AUDITION”の最終審査を通過した女性シンガー・ソングライター CLOWが、Eggsレーベルよりミニ・アルバム『DEAR FRAME』をリリースする。アコースティック・ギターを爪弾きながら、淡々とした独り言のように歌われる歌。でもその歌は時に、鋭利で、または目の粗いナイフとなって、心の内にあるものを切り出していく。普段は閉じ込めている思いや感覚を生々しいまま取り出されて、ハッとしてしまう。そんな、静かでソリッドな歌を綴る、CLOWの背景を訊いた。

    READ MORE >>

  • THREE LIGHTS DOWN KINGS

    新ヴォーカルを迎えパワーアップしたサンエルの、新たなる挑戦

    ロックとエレクトロ、EDMを融合したサウンドで、2013年にはメジャー・フィールドにも進出した名古屋出身のTHREE LIGHTS DOWN KINGS。前ヴォーカルが脱退し、しばし充電期間に入っていた彼らだが、10月に新ヴォーカル Hiromuが加入し、新体制でリスタートすることが発表された。新曲も完成し、再び臨戦態勢に入った今の思いを4人に訊いた。

    READ MORE >>

  • 向井太一

    ポップ・シーンを更新する
    若くオルタナティヴな精神を持った実験者

    華奢でソフトな佇まいからは想像のつかない、甘さとクールさを湛えた都会的なヴォーカルと、エクスペリメンタルな音響やビートによる先鋭的なトラックで、ソウル・ミュージックの新たな地平を切り拓くシンガー・ソングライター、向井太一。10月26日にはTOWER RECORDS限定シングル『SLOW DOWN』を、そして11月16日には2nd EP『24』をリリースする。レーベルメイトのstarRo、また若手の注目株であるyahyel、grooveman Spotなどジャンルレスな音の探求者たちとのタッグで、多彩にしてディープな作品が完成。クラブ・シーンのみならず、J-POPシーンにも深く切り込んでいける意欲作だ。

    READ MORE >>

  • あいみょん

    音楽に留まらない魅力を詰め込んだ
    フリーペーパーを制作

    昨年、弱冠19歳にして、ラジオ各局で放送NGが出るほどの過激な歌詞で話題をさらいながらシーンに登場したシンガー・ソングライター“あいみょん”。そんな彼女が、自身が表紙を飾ったフリーペーパーを制作し書店に並べるため、“Eggsサポート・プロジェクト”にてクラウドファンディングをスタートさせた。音楽に留まらず、そのパーソナリティにも一筋縄ではいかない魅力を存分に秘めた彼女なだけに、それを凝縮したフリーペーパーはかなり濃厚なものになりそうだ。今秋、unBORDEよりメジャー・デビューすることも発表されたあいみょんに、本プロジェクトへの思いを訊いた。

    READ MORE >>

  • A11yourDays

    日米韓の血が混ざり合う多国籍ピアノ・ロック・バンド
    “イナズマゲート2016”準グランプリを獲得し大舞台へ

    躍動的なピアノ・ロックに、爽快に駆け上がるメロウな歌心を持ったメロディを響かせる5人、A11yourDays。日本語、英語、韓国語というメンバーの言語が取り入れられた歌はキャッチーで、結成から半年少々の短期間で、“イナズマゲート2016”の準グランプリ(2016年のグランプリは不選出)を獲得し、“イナズマロック フェス 2016”への出演が決定。また、7月には“Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016”のBorn Next STAGEにも出演しており、大きな舞台へと突き進んでいる。9月14日にはライヴハウス限定シングル『City』をリリースし、9月18日の“TOKYO CALLING 2016”に出演する5人に、話を訊いた。

    READ MORE >>

  • ドラマチックアラスカ×フレデリック×夜の本気ダンス

    日本最大級のライヴ・サーキット・イベント
    “Eggs presents TOKYO CALLING 2016”開催記念対談 第3弾!

    大阪の“見放題”、名古屋の“でらロックフェスティバル”、福岡の“TENJIN ONTAQ”がタッグを組んだ日本最大級のライヴ・サーキット・イベント“Eggs presents TOKYO CALLING 2016”が、9月17~19日に下北沢、新宿、渋谷の3ヶ所で開催される。その開催を祝し、3バンドによるライヴ・イベント“ALA-UMI-DOSS”でもお馴染みのドラマチックアラスカ、フレデリック、夜の本気ダンスの個性豊かなフロントマン3名に、サーキット・イベントの楽しみ方、関西音楽シーンの魅力、“TOKYO CALLING”への期待について語ってもらった。

    READ MORE >>

  • 感覚ピエロ × DJライブキッズあるある中の人

    日本最大級のライヴ・サーキット・イベント
    "Eggs presents TOKYO CALLING 2016"開催記念対談 第2弾!

    今年9月17~19日、下北沢、新宿、渋谷の3ヶ所にて開催される、日本最大級のライヴ・サーキット・イベント"Eggs presents TOKYO CALLING 2016"。前回、東西を代表するアーティストによる対談が実現したが、今号では関西発のアーティスト、感覚ピエロとDJライブキッズあるある中の人が登場。方や自主レーベルで活動を続けるロック・バンド、方やロック・バンドの音源を流すDJでありライヴ・キッズでもある彼ら。三者三様の立場から見る、"ライヴ"の面白さとは? 関西の音楽シーンに欠かせない、登竜門とも言われるようになった"ライヴ・サーキット・イベント"の魅力について語ってもらった。

    READ MORE >>

  • Bentham

    “初ワンマン・ライヴの映像をひとりでも多くの人に届けたい”
    Benthamがクラウドファンディングに初挑戦!

    今年4月30日に代官山UNITにてフリー・ワンマン・ライヴ“祝!初ワンマン~タダだ!タダだよ!全員集合~”を行ったBentham。応援してくれているファンへの感謝を込めた初ワンマンは、キャパシティの10倍にも及ぶ5,000通もの応募があった。その映像をひとりでも多くの人へ届けるために、彼らはEggsとタッグを組み、Eggsサポートプロジェクトを実施。クラウドファンディングに馴染みのないリスナーでも気軽に参加できるプランを立ち上げた。バンド初の試みとなるクラウドファンディングの話題や、初ワンマン以降のライヴにかける想いなどから、今のBenthamのモードを感じ取ってほしい。

    READ MORE >>

  • ザ・チャレンジ × ヤバイTシャツ屋さん

    日本最大級のライヴ・サーキット・イベント
    "Eggs presents TOKYO CALLING 2016"開催記念対談

    大阪の"見放題"、名古屋の"でらロックフェスティバル"、福岡の"TENJIN ONTAQ"がタッグを組んだ日本最大級のライヴ・サーキット・イベント"Eggs presents TOKYO CALLING 2016"が、9月17~19日に下北沢、新宿、渋谷の3ヶ所で開催される。その開催を祝し、楽しいライヴに定評がある東のザ・チャレンジと西のヤバイTシャツ屋さんの対談が実現。サーキット・イベントでの戦い方、発達した関西の音楽シーン、TOKYO CALLINGにかける期待、お互いのライヴ観など、第一線で活躍するロック・バンドならではの視点で語ってもらった。

    READ MORE >>

  • チーナフィルハーモニックオーケストラ

    "あなたもオーケストラの一員になりませんか?"
    聴き手とバンドが繋がるクラウドファンディング

    チーナのメンバーが中心となり2015年に結成された“チーナフィルハーモニックオーケストラ”が、5曲入りの初音源を作るために“Eggsサポートプロジェクト”にてクラウドファンディングを実施している。サポート・メニューは“コーラスとしてのレコーディング参加権”など、リスナーもCDの制作などに参加できるという普通ではなかなかできない経験ばかり。そこには“オーケストラの一員になってほしい”というバンドの願いがあった。

    READ MORE >>

  • T/ssue

    人がそれぞれ抱えるこだわり、好み、憧れ、夢を
    肯定したくて書いた歌

    平均年齢23歳の"次世代草食系男子4人組"ロック・バンド、T/ssue。地元 名古屋を中心としたギター・ロック・シーンにおいて頭角を現してきた彼らが、"Eggsプロジェクト"がクラウドファンディングをモチーフに新たに開始した"Eggsサポートプロジェクト"の第1弾アーティストとして、"最高のミュージック・ビデオをファンと共に作り上げる"プロジェクトをスタートさせている。生活の中でふとした瞬間に感じたことを、抜群のキャッチーさという強力な武器をもって心に訴える彼らにメール・インタビューを行った。

    READ MORE >>

  • AUSTINES

    大舞台を経て
    さらなるステップアップへ

    "ワン!チャン!!~ビクターロック祭りへの挑戦~"にて準グランプリを獲得し、"ビクターロック祭り2016"への出演を果たしたAUSTINES。ブラック・ミュージックを日本人にとって耳馴染みの良いポップスへと昇華する腕前と、大きな会場でも映える華やかなサウンド&ステージングが魅力のバンドだ。今回はメンバー5人にメール・インタビューを敢行。4月1日よりバンド名をkikiからAUSTINESに改名、さらに現在は新曲の制作期間中......とすでにネクスト・ステージを見据えている彼らに話を訊いた。

    READ MORE >>

  • Shout it Out

    真っ暗で何があるかわからない未来を
    少しでも明るいものにしたかった

    10代限定の夏フェス"未確認フェスティバル"初代グランプリのShout it Outが初の流通盤『Teenage』から約3ヶ月というスパンで4曲入りEP『僕たちが歌う明日のこと』をリリース。4曲中3曲は『Teenage』リリース後に制作、残りの1曲は高校時代の楽曲を大幅にリアレンジしたとのことで、最新型のShout it Outを堪能できる作品なのだが......『Teenage』から飛び級とも言えるほどに急成長をしている。サポート・メンバーだったドラムの細川千弘を正式メンバーに招き、さらに結束を強め速度を上げ続ける4人の現況に迫った。

    READ MORE >>

  • ヤバイTシャツ屋さん

    サークル時代と変わらず活動しているのに
    どんどんバンドが大きくなっていくのが楽しい

    "SUMMER SONIC"公式オーディション企画"出れんの!?サマソニ!?"への入賞をきっかけに注目を集める、関西発の3ピース"ヤバイTシャツ屋さん"。今年は音楽コミュニティ・サービス"Eggs"プレゼンツの"ワン!チャン!!~ビクターロック祭りへの挑戦~"でグランプリを獲得し、"ビクターロック祭り 2016"へ出演し、"VIVA LA ROCK 2016"への出演も決定するなどさらなるブレイクが期待されるバンドだ。様々なコンテストで入賞を果たしながらも"サークル時代と変わらず活動している"という彼らにメール・インタビューを行った。

    READ MORE >>

  • カノエラナ

    私にとって“カノエラナ”は“なりたい自分”

    無料音楽プレイヤー・アプリ"Eggs"のシンガー・ソングライター部門で再生回数第1位を誇る、佐賀県唐津市出身の二十歳女子、カノエラナ。楽曲の世界観によりキャラクターを使い分けるミラクル・ヴォイスと歌唱力に加え、ギターやピアノ、ループマシンを操るという、新進気鋭のアーティストだ。3月9日にリリースされる2ndミニ・アルバム『ヒトミシリ。』の制作真っ最中だという彼女に直撃し、歩んできた音楽の道を追った。

    READ MORE >>

  • Damn Drive

    キャッチーな歌メロと
    攻撃的なバンド・サウンドで突っ走る等身大の18歳

    インディーズ活動支援を行う"Eggsプロジェクト"が、Eggsアプリ内にてリスナーからのFollow数を期間中最も多く獲得したアーティストに、豪華なプライズを用意するという"ARTIST FOLLOWingキャンペーン"を実施。その栄えある1位に輝いたのが、メンバー全員が高校3年生にして、"未確認フェスティバル2015"のファイナリスト、千葉県出身の男女4ピース・バンド Damn Driveである。ラウドとギター・ロックをかけ合わせた攻撃的な音楽性とキャッチーさを武器にFollowを集め、4つの豪華プライズを手にした彼らに、音楽への想いを訊いた。

    READ MORE >>

  • Shout it Out

    僕らの音楽が、ひとりで涙を流している人の
    光になれたらいい

    2008年に産声を上げた10代限定夏フェス"閃光ライオット"が装いを新たに2015年から"未確認フェスティバル"として始動。その初代グランプリに選ばれたのがこのShout it Outだ。大阪府堺市を拠点に活動する1996年生まれの19歳。Eggsプロジェクトから立ち上がった新レーベル"Eggs"第1弾アーティストとしてTOWER RECORDS限定でリリースされる初の流通盤『Teenage』は、タイトル通り若さをダイレクトに音楽に落とし込んだ、非常にフレッシュな作品だ。"未確認フェスティバル"グランプリの賞金100万円でフリー・ライヴを行うという熱いハートを持った彼らに直撃した。

    READ MORE >>

PRESENT

【フォロー&RTで応募】ゆるふわリムーブのサイン色紙プレゼント。

応募方法は、Skream! Twitterアカウントをフォローした上で該当のつぶやきをRTするだけ。締切は6月15日(木) 23:59。たくさんのご応募お待ちしております。 ※お送り先をDMで伺いますので、必ずSkream! Twitterアカウントをフォローした上でリツイートをお願い致します。

LIVE REPORTS

  • 2016.03.08-09

    "CDTV NEXT Supported by Eggs"

    3.8 Reported by 沖 さやこ / 3.9 Reported by 蜂須賀 ちなみ

  • 2016.02.14 "ビクターロック祭り2016"

    ワン!チャン!! ROAR STAGE ヤバイTシャツ屋さん / kiki

    Reported by 米沢 彰
    Photo by Yosuke Kamiyama(SOUND SHOOTER)

  • 2016.01.31 "Live Eggs" @渋谷WWW

    QoN / 井上緑 / リーガルリリー / みきなつみ / Damn Drive

    Reported by 蜂須賀 ちなみ
    READ REPORT ≫

  • 2016.01.23-24 "ワン!チャン!!

    ~ビクターロック祭りへの挑戦~ ライブ審査" 東京 / 大阪

    Reported by 蜂須賀 ちなみ
    Photo by 田中 聖太郎