Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

NEWS

Japanese

シンガー/ヴォーカリスト限定サーキット音楽フェス"シンガロンシンガソンSHIMOKITA 2022"、出演アーティスト第1弾で三浦隆一(空想委員会)、ぼっちぼろまる他28組発表

2022.04.22 12:00

シンガー/ヴォーカリスト限定サーキット音楽フェス"シンガロンシンガソンSHIMOKITA 2022"、出演アーティスト第1弾で三浦隆一(空想委員会)、ぼっちぼろまる他28組発表

ぼっちぼろまる

Official Site

空想委員会

Official Site

シンガー/ヴォーカリスト限定サーキット音楽フェス"シンガロンシンガソンSHIMOKITA 2022"の出演アーティスト第1弾が発表された。
 
本日4月22日の出演アーティスト第1弾解禁で発表されたのは、三浦隆一(空想委員会)ぼっちぼろまるおはなのなど28組。関東と関西のアーティストが入り交じるラインナップとなっている。また同日、前売りチケットが"シンガロンシンガソン公式ストア"にて発売開始となった。前回開催時に行ったTwitterのRTキャンペーン"次回告知ツイート500RT達成で¥500off"を達成したため、価格は4,300円から3,800円に引き下げられた。
 
"シンガロンシンガソン"は2021年に大阪で誕生した音楽フェスで、大阪のライヴハウス密集地域であるアメリカ村(大阪市中央区)に位置する心斎橋SUN HALL、心斎橋ANIMAの向かい合わせに立地する2会場を用いて、7つのステージに総勢125組(過去2回累計)のアーティストが出演した。関西の単日開催のシンガー系のフェスとしては最大規模の出演者数となる。
 
"シンガロンシンガソン実行委員会"は、大阪の新人アーティストを広めるというコンセプトをより体現するため、初となる東京開催に踏み切った。"シンガロンシンガソン"に出演するのは、シンガー・バンドやグループに所属するヴォーカリスト、歌を中心とするユニットやグループに限られ、バンド編成のシンガーは出演するが、バンドとして活動するアーティストは出演しない。会場となるのは、下北沢のライヴハウス"LIVEHOLIC"、"ろくでもない夜"、"DY CUBE"と、ショップ"ヴィレッジヴァンガード下北沢"、バー"ROCKAHOLIC"と"SHAKE"、下北沢駅東口の"まちの案内所"の計7会場7ステージで総勢65組のアーティストが出演する。
 
また、9月4日には再び大阪アメリカ村SUNHALLとANIMAの2会場7ステージにて、60組以上が出演する"シンガロンシンガソンOSAKA 2022Summer"の開催が決定している。

 

▼イベント情報
"シンガロンシンガソンSHIMOKITA 2022"
7月18日(月・祝)下北沢7会場
会場:LIVEHOLIC / ろくでもない夜 / DY CUBE / まちの案内所(総合受付) / SHAKE / ROCKAHOLIC
OPEN 11:30 / START 12:00
[チケット]
¥3,800 (税込/別途ドリンク代¥600)
http://singalong-singasong.com/ticket/
 

"シンガロンシンガソンOSAKA 2022Summer"
9月4日(日)大阪 アメリカ村2会場7ステージ
 

公式サイト:http://singalong-singasong.com/
公式Twitter:https://twitter.com/S_S_O_info
公式ストア:https://s-s-o.stores.jp/
公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCDdWOmcQxD8XOOGHcaVfM6A

関連アーティスト

ぼっちぼろまる, 空想委員会