Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ぜんぶ君のせいだ。

2021年02月号掲載

ぜんぶ君のせいだ。

ぜんぶ君のせいだ。

Official Site

メンバー:如月愛海 征之丞十五時 甘福氐 喑 もとちか襲 雫ふふ メイユイメイ 个喆

インタビュアー:吉羽 さおり

-7人体制になって、今何公演くらいやってきた感じですか。

如月愛海:7人体制だと、1月11日の私の"如月愛海生誕SP"でのアンコールで初めて出て。そこからちゃんとライヴをやったのは2公演だけなんです(※インタビューの1月中旬時点)。なので、全然やれてないんですけど、めっちゃ楽しいし、しかもわかってくれるんですよね。例えば、ライヴの反省点でも"今日はこれとこれができてない"とかも、ふたりは経験値もあるし、この3人もそもそも5人の活動がすごく濃密だったから、成長スピードもとても速くて。みんな次の日にはそれを飲み込んでやってくれているので、スピード感がめっちゃ早いんですよ。それは今感じていますね。

-こういうご時世で以前のように活動するっていうのは難しい時期ではありますけど、しっかりライヴという形で見せているのも大きいですしね。ただファンはびっくりじゃないですか。昨年秋に3人が加入して新体制となったと思ったら、年が明けたらさらにメンバー増えてるぞっていう。

征之丞十五時:たしかに、最初の生誕祭のアンコールのときも、ゆくえしれずつれづれさんとのコラボだと思われてたかも(笑)。

もとちか襲:生誕祭の企画モノみたいなね。

甘福氐 喑:フロアもみんなハテナって顔になってた。

征之丞十五時:しかも新曲やるしね。

如月愛海:いきなり知らん曲きたぞっていう(笑)。もちろん賛否両論あると思うし、いろんな意見はあると思うんです。でもきっとゆくえしれずつれづれもぜん君。も賛否両論の中で生きてきているので、この先7人のすべてを見てほしいなって思います。

征之丞十五時:納得させる気持ちしかない。

-パフォーマンスにパワーがあるふたりが入ったからこそ、ライヴでの説得力は間違いないでしょうね。

如月愛海:そうですね。群青さん(※ゆくえしれずつれづれファンの呼称)には申し訳なかったんですけど、ふたりを早く入れたかったのは、私たち自身が早く7人になりたかったんですよね。私たちの成長スピードと一緒に成長してほしかったので。加入のタイミング的には無理を言ったかもしれないですけど、そのおかげで7人が伸び伸びとパフォーマンスできるようになっているので。理解してくれてありがたい。

-電撃でしたからね、1月2日に解散ライヴをして、約1週間後にはぜん君。加入という。

如月愛海:ニュース的には電撃移籍みたいな感じですよね(笑)。でもプラスの声も大きかったです、"また会えるんだ"とかね。

メイユイメイ:解散の日、群青さんから"まだこれからも歌っていてほしい"ということをいろんな人に言っていただけていたので。もしかしたら、群青さんたちの思っている形ではなかったかもしれないけど、でも同じようにここでまだまだ歌うし、まだまだ叫びたいし、まだまだ大きなステージにも立ちたいので。一度でも、まだ歌っているところを見たかったなと思っていた群青さんには、気が向いたらでいいので見にきてほしいなって思います。

征之丞十五時:ステージを見てもらうのが一番早いですからね。

-そして7人での第1弾となるシングル『堕堕』がリリースとなりますが、エモーショナルな前作『インソムニア』(2020年11月リリースのシングル)とはまた打って変わって、メイユイメイ、个喆というふたりの背景が加味された曲になって、そしてそれぞれのキャラクターやぜん君。としての新しさも感じられる曲になりました。

如月愛海:前回、「インソムニア」を出したときに、5人の声が似ているって言われたことがあったんです。それってたぶん似ているんじゃなくて、「インソムニア」という曲にみんなが寄せただけなんですね。そういうこともこの3人はすぐにできたんです、曲に対しての想いがあったので。そこから今回の曲、「堕堕」がきたときに、今度は寄せるんじゃなくて遊びましょうとなって。みんな好きなように歌いましょうっていう感じが出せたので。また違った楽曲として楽しめるかなって思います。

雫ふふ:ひとりひとり歌い方が違って、個性が出ているよね。

-7人それぞれが際立つようになっています。3人にとっては、前回と全然違う曲がきたぞっていう感じだと思いますが、曲を貰ったときの印象は。

雫ふふ:すごくぜん君。っぽいと思いました。syvaさんが作曲してくれた曲なんですけど、syvaさんだーって噛み締めました。

甘福氐 喑:syvaさんを噛まないで(笑)。

如月愛海:syvaさんならではの"節"が出てるよね。

もとちか襲:そこに个喆とメイの歌声やシャウト、表現力が入ってくるとなると仕上がりがすごく楽しみでしたね。

雫ふふ:最初に曲と一緒に「堕堕」のコンセプト、意味が送られてきたんです。それを読んで、改めて曲を聴いて7人でやっていくんだなって思いました。この「堕堕」は、既成概念を壊していくというダダイズムのダダと、ゆくえしれずつれづれの曲「我我」へのオマージュと、"君に堕ちる"という意味合いのトリプル・ミーニングがあって。

甘福氐 喑:ぜん君。らしいよね、君に"堕ちる"というこの重い想いが。

征之丞十五時:こんなに楽しい曲なのに。

如月愛海:恋の曲でもあるはずなのに、落ちるじゃなく"堕ちる"だから。相当堕ちてる。それをゆくえしれずつれづれだったふたりが歌ってるのは、すごいなって(笑)。

-たしかに、心の奥底を吐き出すような、ゆくえしれずつれづれの世界観とは違うテンションです。

个喆:違いますね。ぜん君。の曲は感情が忙しすぎて、時間をかけないと理解しきれないこともあって。これがぜん君。なんだっていう洗礼を受けて(笑)。

メイユイメイ:ゆくえしれずつれづれではゆっくりな曲調で、重い、シリアスな曲が多かったんですよね。それぞれみんなが堕ちるところまで堕ちた気持ちのままライヴをしてるというのが、大きかったんです。ぜん君。は全然違って。

个喆:感情がぐわん、ぐわん、ぐわんっていうジェットコースター状態で。

メイユイメイ:1曲の中でもそのジェットコースターがめっちゃある。

个喆:楽しいし、難しいね。

メイユイメイ:感情のコントロールがね。