Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

BLUE ENCOUNT

2016年01月号掲載

BLUE ENCOUNT

メンバー:田邊 駿一(Vo/Gt) 江口 雄也(Gt) 辻村 勇太(Ba) 高村 佳秀(Dr)

インタビュアー:石角 友香

-実際、でもアレンジとか悩みませんでしたか?

辻村:めちゃめちゃ悩みました(笑)。何を悩んだって、たぶん普通にやっても成立するんですよ。だから余計怖くて。だけど、それだと今までBLUE ENCOUNTがやってきたことを全否定される気がしちゃって。だから自分らなりの「はじまり」を作ったというか。歌以外も楽器、演奏含めてひとつの塊として出せたことに俺らとしても納得がいったんです。それで最終的に田邊の歌に対しての感動が、俺らの演奏で相乗効果となって伝わればいいなっていうのはすごくあるんで。

-江口さんは結構いろんな技を投入してますけど。

江口:そうですね。この曲に関しては正解が1,000通りぐらいあって。どれやってもある意味、正解っちゃ正解だと思うんです。でもその中でやっぱり、みんなの音が重なり合っていかにドラマを作れるか?っていうテーマがあるので。この曲はベースの方が先にフレーズが決まってたんですけど、その中でも彼(辻村)がだいぶダイナミックにドラマチックにやってくれたんで、僕はそこに乗っかって一緒にドラマを作れたらいいなと。そういうところがあって田邊の歌がより引き立ったかなって思います。

-いや、1番難しいお題だと思いましたね。そのぶん「パラノイア」(通常盤:Track.2)が楽しく聴けたんですが(笑)。

田邊:(笑)"天井どこにあるねん?"みたいな。

-これも今回作ったんですか?

田邊:はい。"/ SLASH /"(※Ki/oon Music主催イベント。2015年11月15日開催)の日に、楽屋で作りました。カップリングは、「はじまり」とは真逆な、衝動的なものというか、でもその衝動もどっちかと言えば、鋭角なのもので行きたかったんです。「はじまり」の優しく包むような感じに対して突き放すような真逆なものにしたかった。その意図で作ってて、メロディとか構成とかは"/ SLASH /"の日にバッと楽屋でライヴ全部終わってから作りましたね。歌詞はツアー始まってから北海道のワンマンの戻りの飛行機の中で、書き殴って。もう次の日が歌録りだったんですよ(笑)。だから追い詰められたというか、自分の中でもその感覚で書きたかったっていうのがあって。Twitterの中では言いたくない、言うだけ野暮なことも全部書きたいと思ったんです。

-"昔の方が良かった"とか"評論家ぶんな"とか、かなり具体的な歌詞で。

田邊:そうですねぇ。かと言って対象となる人物は明確に見えてるわけではなくて。なんか結局そういう人っているよねっていうのを集めただけで、それに対して言えることって何かな?って自分なりに噛み砕いて考えた結果こういうのが生まれてきたというか。

-いつかその人を唸らせるんだという気持ちや気概を感じます。

田邊:絶対そうできる自信もあるので。それは今年になってから思ったことでもあるんですけど、"ブルエンいいかも"っていう人増えたんですよね。それこそ"クサい"って言ってた人の中で、『≒』とその前のシングルあたりで1周回って"いいんじゃね?"って思ってくれた人もいたので、もうそれでいいんじゃないのかなと思って。向こうも感性のおもむくままに言ってるんだから、迎合せず俺らもそのままやればいいのかなって。だからあえて「はじまり」の真裏でやりたいことやってもいいかなと思って。それがまた鼻についたんだったら、今回はご縁がなかったということで(笑)。

-でも"いや、いつか絶対届くはず"みたいな意思を感じます。

田邊:でもそれぐらいの遠吠えでいいと思うんですよね。だからこそ、まだこの安定じゃ収まりたくねぇって思えるし。そんなやつは次、どんな曲を欲するのか考えるのも曲の材料になるので。できればね、安心してずっと生きていきたいっていう気持ちありますけど、安心したらいい曲はできないので。なんか、傷つきたくないとも思うんですけど、傷つかないとそれを酒のツマミにもできないですし。悔しいところではありますけどね。

-そのめんどくささが人間臭いなと。

田邊:そのめんどくささで生きていこうと。言わないでおくのがいいのかもしれないですけど、"なんかあいつめんどくさいな"とひとつ思われたいっていうのはあるんですよね。そう思われても自分を出したいんですよね。今やっているツアーの自分との戦いっていうのは、めんどくさい自分を出しきって、ちゃんとBLUE ENCOUNTの第1章にピリオドを打てるか?っていうところなので。この熱さでどこまで行けるか?っていうのもあるんです。