Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ヒトリエ

2016年12月号掲載

ヒトリエ

メンバー:wowaka(Vo/Gt) シノダ(Gt/Cho) イガラシ(Ba) ゆーまお(Dr)

インタビュアー:秦 理絵

-では、アルバムの収録曲についてもう少し聞かせてください。Track.7「doppel」はピアノに伊澤(一葉/the HIATUS)さんが参加してますね。これは曲が呼んだんですか?

wowaka:この曲も俺が打ち込みのピアノでデモを作ったんですけど、そのピアノを生かしたままリハとレコーディングもしてたんです。で、たしか最初にゆーまおが"弾いてもらおうよ"みたいなことを言い出して。前々から鍵盤が入ってる曲はあったんですけど、全部打ち込みなんですよね。でも、それこそ4人とも一番わかってると思うんですけど、やっぱり人が演奏することでものすごい変化が起きるんですよ。

ゆーまお:物事が立体的になるから。

wowaka:だから、この曲に鍵盤が入ることで、アルバムの生きた感じも出せるんじゃないかなっていう提案だったんです。それを聞いて、俺も普通に反応して。たぶん、それこそ2年前だったら"嫌だな"とか言ってたと思うんですけどね。でも、それでこの曲が息をするようになりました。

-Track.4「イヴステッパー」は、リズム隊のグルーヴが気持ちいいです。

イガラシ:この曲は優勝しましたね。

-優勝?

イガラシ:やっぱり2016年に出る音源なわけですから、2016年、年間ベース・ランキング1位を狙って弾くんです。自分の中でもそうだし、世の中のいろんな曲も聴きつつ。で、『DEEPER』を出したときに、わりといいベースが弾けたなと思ったんですね。で、そのあとにいろんな音源を聴きながら、また自分がアルバムを出すときに、あれも超えつつ、これも超えつつってやったら、"あ、優勝できた"みたいな曲ですね。

シノダ:おめでとうございます!

イガラシ:あ、ありがとうございます。しかも優勝台にすました顔で立ちたかったんですよ。余裕を持ってウィニング・ランをするために、ものすごい練習した曲ですね。

-なんだかスポーツ選手のインタビューみたいですけど(笑)。

イガラシ:ボロボロになりました。

ゆーまお:ドラム的にも一番やりたいことができた曲なんですよ。音数はあんまり多くないし、3点だけで叩いてるんですけど、めっちゃ前にいきたいと思ったんです。決められた線(リズム)があるけど、それに対して前にいく。ずっと前にいるから体感として速くはないんですけど、みんなが決められた線にいると、俺だけちょっと速めに聴こえるんです。そういうやりたかったことができたので、俺も優勝です(笑)。

-では、最後に聞いておきたいのが、wowakaさんの歌について。Track.9「さいはて」とかTrack.10「目眩」、Track.6「極夜灯」は、とてもエモーショナルな歌じゃないですか。

wowaka:そうなりましたね。

-たとえサウンドが変化しても歌が変わらないと、このアルバムは完成しなかったと思うんです。今、wowakaさんの中で歌の在り方、意味合いは変わってきてませんか?

wowaka:あぁ、どうだろう。変わったのかなぁ。でも、今までのアルバムだったら、自分の声を楽器と並列に並べてるイメージだったんですよね。ギター、ベース、ドラム、で、俺の声みたいな。今回はそこに自分を乗せられたと思うんですよ。人間としての俺の存在を。やっぱり、今までは言葉の意味をあんまり信用してなかったんですよね。世の中、適当な言葉がいっぱい溢れてるから。自分も言葉に疑いの心があったから、言葉とか歌に対してドライに接してたんです。でも新木場のライヴ(※2016年4月29日に開催した[one-Me Tour "DEEP/SEEK"]ツアー・ファイナル公演)もあったなかで、そこには自分がいて、俺が歌ってることに対して演奏してる3人がいて、さらに動いてくれるお客さんが見えた......というか、それを感じて、ストンッてハマッた瞬間があったんです。だから歌だったり、自分の声だったり、言葉だったりに対する向き合い方は変わってるんだと思います。言葉と自分の結束力が強くなったというイメージはあります。自分が言いたいことを、自分の伝わってほしいように伝えるようになったんです。

-聴いてくれる人を信用できるようになった部分もあるんでしょうね。

wowaka:うん、安心したんだと思います。

-と、ここまで話を聞いて、やっぱり問題作だと思うんです。もともとニコニコ動画っていう非人間的なところが原点にあるバンドが、ここまで生々しく人間を歌うっていうのは。

wowaka:そうなんですかね(笑)。でも結局、点でポーンってここにきたわけじゃなくて、点と点を繋げてきて、この開けた状態になったっていうのはあるんですよね。

-バンドに変化があると、それに対する反応は気になりませんか?

シノダ:うーん、特に変わったっていう自覚もないし......。

イガラシ:そりゃ、シノダさんは変わってないのかもしれないけど。

一同:あはははは!

イガラシ:なんか変わったって言われたら、"右のギターだけ聴いてください"って言う。

シノダ:こうしてね(※左のヘッドフォンだけ外す仕草)。

wowaka:たしかに自分としては、言葉と自分の関係とか、変化してる自覚はあるんですよ。"あ、俺はこうやりたいんだ"っていう認識もある。でも、最後に入れた「目眩」は本当に最後に歌詞を書いて、最後に歌入れをしたんですね。そこで"変わらぬまま行こう/未だ知らない場所へと向かおう"って歌えたんですよ。その2行がこのアルバムで俺が最後に歌った言葉なんです。今は、そういう状態の自分にすごく自信を持ててるから。それはリスナーもわかってくれると思います。