Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ヒトリエ

2014年02月号掲載

ヒトリエ

メンバー:wowaka (Vo/Gt) シノダ (Gt/Cho) イガラシ (Ba) ゆーまお (Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-それだけ生々しい感情が込められていると。

wowaka:ひとりで作ってた頃(※VOCALOIDクリエイターとして活動していた頃)からそうなんですけど、後で振り返ると、いつもそのときのことしか歌ってないし、作ってないんですよね。性格と、そういう作り方しかできないんだろうな......とは思うな。バンドだと自分でやるはずもないことが当たり前に出てきますし、自分じゃそういう感じ方にはならない......と思うことだらけなんですよ。当たり前だけど。それをどこで面白いとするのか、どこで"ちょっと違うよ"とするのか。このバンドを始めて1年ちょっとなので、いまはそれを探っている段階でもあって。そういう意味での葛藤やもがきも、バンドとしてリアルタイムな感じとしてここ(『センスレス~』と『イマジナリー~』)には出てると思うんですよね。それは僕がバンドとしてやりたかったことだし、そういう面白さや難しさは当たり前にずっと感じながらやっています。ここ数日自分でデモを作ったりしてたんですけど、これをやった上で次なにができそうだとか、何をすればいいのかもなんとなくわかってきて。次が割と見えたなという感じもあって。だからここではちゃんとやりたいことをやったんだなと思っています。

-プレイヤーひとりひとりのフレーズを聴くのも、バンドとしての危ういアンサンブルを感じるのも面白いし。アレンジの緩急はリズム・アプローチの広さでより箔が付いているとも思います。「ever ever ever」はサンバのようなリズムもあって。

イガラシ:全然遅くないのにミドル・テンポのように捉えられる曲が増えた気がします。いままでは「生きたがりの娘」みたいな曲もなかったし。

wowaka:なかったね。あれは実験性しかない曲で、今後はこれをもうちょっと突き詰めたいな。作ってるときはひたすら必死で、こうやって形になって、ふーっと一息つけたときに、力を抜いて聴いていて......そういうときにいろいろ気付くパターンが多いので。「生きたがりの娘」の方向でやるべきこともここ数日でなんとなくわかってきました。作ってるときは多分、冷静さを失ってるんですよね。いろんな意味で。

シノダ:(wowakaは)完全に(作っているとき)ハイになってた。

イガラシ:ハイにならざるを得ないよね、キワキワな感じで作ってたから。レコーディングが数日後に決まってるけど曲がない(笑)。

-(笑)それだけ曲に対して妥協したくないから、制作に時間も掛かるのかもしれない。

wowaka:ていうのもあるし......考え癖が抜けないですね。これは一生つきまとうと思うんですけど。

-そういう思考からすごく練られているところと、八つ当たり的な衝動の部分と両方が内包されているのもヒトリエの音楽の面白いところだと思います。

wowaka:当たり前なんですけど、音に体や肉体の感じもくっついてくるんですよね。それはバンドを始めて初めてわかったことで。その感じがCDになるということは......なんだか成長記録のようでもあって(笑)。VOCALOIDのときは言葉やフレージングのリアルタイム感はあったけど、体はついていっていない感じはしたので。それが克明に記録されていくのは......面白いことですし、見方を変えると残酷なことでもあるなと(笑)。だからこそ早く次のアルバムが作りたいです。バンドを始めて本当に良かったし、まだまだやりたいことがたくさんありますね。

-「アンチテーゼ・ジャンクガール」や、音の隙間がある「踊るマネキン、唄う阿呆」はベースがアクセントになっていて。

シノダ:「マネキン」に関しては顕著だと思います。

イガラシ:ギターがあんまり弾かないとベース聴こえるんだなーと思いますよね(笑)。

-(笑)ヒトリエの音をまとめているのはベースなんだなと改めて思う2曲でもありました。

イガラシ:本当におっしゃる通りです。だから自分が(4人のなかで)いちばん偉いと思ってます(笑)。

全員:(爆笑)

イガラシ:ギタリストたちは好きにお弾きよ、と。ベースって、たくさん弾いてるからすごいと言われる楽器じゃないんですよね。プレイヤーの感覚と歌ものとして捉えてくれる感覚も違うだろうし、意味合いとしてもギターやドラムと違うと思うんですけど......ギターやドラムがバキバキやっているときに、自分も一緒になってそれをやるとパンチが弱くなると思うんです。そういうときはどっしりシンプルに弾いていたほうが自分の音も過激に聴こえる。なのでこういう音の隙間がある曲では、それがずっと見えていても格好いい状態を探して弾く感じですね。