Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

9mm Parabellum Bullet

2017年05月号掲載

9mm Parabellum Bullet

9mm Parabellum Bullet

Official Site

メンバー:菅原 卓郎(Vo/Gt)

インタビュアー:石角 友香

-パッと聴きは重厚感のあるアルバムだし、一瞬重い内容かと思うんですけど、菅原さんの書く登場人物はこれまでの作品から連綿と続いてるんだなというのも感じます。

ヘヴィでダークな1枚にしたいというのは、滝と俺の作曲・作詞コンビでやるっていうことに加えて、もうひとつのテーマとしてあったんです。でも、歌詞のヘヴィさの表現の仕方はちょっと違うというか。残酷なことを歌うとか、ヘヴィなテーマを扱うっていうことじゃなくて、曲の世界を表現できるはずだと思ってたんですね。で、やっぱりヘヴィな状況っていうのは、状況の描写じゃなくて、"これからどうなるかわかんないな"、"明日はどうなるんだ?"みたいな、そういう精神状態が一番ヘヴィなものっていうか。どっちに転ぶかわからない。だから自然とそういう歌詞ばかりになってるんだと思うんですよ、自分でも(笑)。

-その方が皮膚感覚としてヘヴィですもんね。そして何しろ音も言葉も"らしい!"って感じです。120パーセント! っていう(笑)。

(笑)"滝、弾けるじゃん"っていうね、そういう気持ち。ま、いいアルバムですよね(笑)。ある意味"なんでやねん"っていう1枚。

-(笑)レコーディングではここまで弾けるってことなんですね。

そうですね。オン・ステージで長い時間ギターを演奏することが難しくて、ツアーの後半はギターと鍵盤の割合を半分にしたりしてたんです。でも、レコーディングではかなりリラックスできるってこともあって。

-だって弾き倒してますからね(笑)。

そうなんですよね。このアルバム、タッピングから始まってますから。

-滝さんはそんなつもりはないかもしれないけど、聴いた人は安心しますね。

そうですね。だからやっぱり、ツアーで不安な気持ちにさせてしまった人もたくさんいると思うんだけど、それを経てこのアルバムができてるんだったら、"ちょっと休んだ方がいいよ"って言ってた人たちも、よかったと思ってくれるんじゃないかと。このアルバムが聴けるのを、喜んでもらえるんじゃないかと思うんですよ。


今の状況を必要以上に重く捉えてないっていうか、そんなバンドがいたっていいじゃんっていうのが正直な気持ち


-アルバムが出たあとも、滝さんはライヴを休養中なんですよね。どういう活動予定ですか?

いや~? 滝も9mmと違うことをちょこちょこ......日雇いみたいな感じで(笑)やってるし。リハビリって言うと復活の目処がついてるようだけど、そういう感じでもないんで、"日雇い"でいいんじゃないかと。今思いついたんだけど(笑)。

-楽しそうですよね。

うん。ピエール(中野)が呼んでくれたんだろうね、彼はそういうところがあるから(※滝が5月6日開催の"SOUND SHOOTER VOL.12 SAPPORO"にLOW IQ 01&MAD BEAT MAKERSとして参加)。もちろん9mmとしては滝のいる4人でやるのが一番いいんだけど、焦っても意味がないと思うし、2016年でできるだけのことはやったから。長い目で見たらこの何年間は、滝はライヴ・ステージに立っていませんでしたってことがあったって、別にバンドは何もおかしくないというか。自分のことだから見失いがちになるけど、そんなバンドいくらでもいるなと思うし。もちろんファンの人の中で戸惑いが起きるのはわかるし、自分たちだってそれを補うために、じゃあ別の形で表現するにはどうすればいいんだ? って試行錯誤してる日々なんですけど。なんか......そんなに必要以上に重く捉えてないっていうか、そんなバンドがいたっていいじゃんっていうのが正直な気持ちですね。

-願わくはまた重力から自由な滝さんを見たいですね。すごい彼の存在が希望なので。

うん。AT THE DRIVE INが再結成したんですけど、Omar(Rodriguez-Lopez)って昔は"大丈夫か?"ってぐらい、それこそ滝と同じぐらい暴れまくってたんだけど、今結構、余裕な感じなんですよね、ライヴの映像を見てると(笑)。気合は入ってんだけど。

-違う表現になったんですね。

別にそれだって"いいなぁ"と思うし。ただまぁ、滝がやるとしたら当然自分が"最高だ"と思う形で復帰したいだろうから、そこはみんなも待っててくれたら嬉しいなと思います。でも、俺たちも止まってるわけじゃないから、"面白いぞ"って。こんな10年やってきたバンドでガチャガチャ試行錯誤してる奴はなかなかいないぞ! っていうふうには思いますけど(笑)。