Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ウソツキ × ココロオークション × THURSDAY'S YOUTH

2017年05月号掲載

ウソツキ × ココロオークション × THURSDAY'S YOUTH

HAMMER EGG

Official Site

THURSDAY'S YOUTH(ex-Suck a Stew Dry)

Official Site

ココロオークション

Official Site

ウソツキ:竹田 昌和(Vo/Gt)
ココロオークション:粟子 真行(Vo/Gt)
THURSDAY'S YOUTH(ex-Suck a Stew Dry):篠山 浩生(Vo/Gt)
インタビュアー:秦 理絵
Photo by 川村 隼也

-そこは一周まわって気づくんですね。

粟子:そうですね。一周まわることが大事だったと思ってます。結局、キャラに合ってるかどうか、僕が言いそうかどうか、なんですよね。

竹田:そもそもルーツを探ると、僕は林間学校に行くバスの中でも、マイクを持って"みんなで盛り上がっていこうぜ!"っていうことをできる人ではなかったんですよ。どっちかと言うと、よくわからない漫画を描いて、クラスの隣の席の人に"これ、どうかな?"って見せる、みたいな。そういうことだと思うんです。だから、ジレンマがないかって言われたら、あります。粟子君と同じように求められてないのかなって思うときもあるんですけど、そういう踊りたいっていう人たちも、俺らみたいな曲を嫌いなわけじゃないし、ハマる瞬間があれば、きっと聴いてくれる。それを信じ続けるしかないんですよね。

-なるほど。

粟子:僕、昔はそういうバンドをちょっとバカにするというか......"あれやったら盛り上がるんや"みたいにけなしてた自分もいたんです。でも見れば見るほど、お客さんのことを考えて音楽をやってるから、音楽に対して真摯だなって尊敬できるようになってきて。そのうえで、僕らは僕らにしかできないことをやろうと思えるようになったので。尊敬できてるか、できてないかは全然違うと思いますね。

-そういう意味では、今回の"HAMMER EGG vol.6"は、歌を聴きたいお客さんが集まりそうですし、それぞれの良さを最大限に出してもらいたいです。

竹田:じゃあ、俺はHAMMER EGG、バチバチに煽っちゃおうかな(笑)。

篠山:それもウソツキっていうバンドだから、やってもいいのかもね。

竹田:サークル・モッシュ、研究しますか。

粟子:絶対にやらないやろ(笑)。


どれかひとつのバンドが好きだったら、他も絶対にハマれると思うので、そこの化学反応も楽しんでほしいですね(粟子 真行)


-最後に当日の意気込みをお願いします。

粟子:同じように歌と言葉を大事にしてる3バンドが集まりましたけど、今日の話でもあったとおり、中身はまったく違う3組でもあるので。それぞれの色を楽しんでいただけたらなと思ってます。僕らは僕らのライヴをバチッとやりたいです。

竹田:仲は良いですけど、僕は一番年下だし、ふたりには嫉妬もしてるので。やっぱり負けられないなっていう気持ちはめちゃくちゃあります。ウソツキらしくバチバチに、この2バンドをぶっ潰すつもりでやろうと思います(笑)。

篠山:僕は、でも......全然負けてもいいんで。

一同:あはははは!

粟子:"負けてもいい"って言えるのは、篠山君だけだよ。

篠山:それは、自分らしくやるっていうのと同じ意味だと思うんですけど。無理せずに、ケガのないようにやりたいと思います。

竹田:サークル・モッシュがあるからね(笑)。

-それはないです(笑)。来てくれる人には全バンド好きになってほしいですね。

粟子:音楽的には、どれかひとつのバンドが好きだったら、他も絶対にハマれると思うので、そこの化学反応も楽しんでほしいですね。