Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ウソツキ × ココロオークション × THURSDAY'S YOUTH

2017年05月号掲載

ウソツキ × ココロオークション × THURSDAY'S YOUTH

HAMMER EGG

Official Site

THURSDAY'S YOUTH(ex-Suck a Stew Dry)

Official Site

ココロオークション

Official Site

ウソツキ:竹田 昌和(Vo/Gt)
ココロオークション:粟子 真行(Vo/Gt)
THURSDAY'S YOUTH(ex-Suck a Stew Dry):篠山 浩生(Vo/Gt)
インタビュアー:秦 理絵
Photo by 川村 隼也

-そうなんですね。それぞれ出会いの印象から教えてもらえればと思います。まず、ココロオークションとウソツキが初めて出会ったときのことは覚えてますか?

粟子:僕らは2014年の西川口Heartsでした。やっぱり(ウソツキは)歌詞が良いですよね。どっちかと言うと、僕はメロディ先行で作ってたので、"メロディは誰にも負けないぞ"と思ってたんですけど、"これは歌詞も頑張らなあかんな"って思わせてくれたんです。

竹田:西川口で初めて観たとき、当時、僕はライヴで前の方に行くこともなかったんですけど、ココロオークションはすごく良くて、珍しく前の方に観に行っちゃいました。

-ココロオークションとSuck a Stew Dryは?

粟子:僕は"MINAMI WHEEL"っていう関西のサーキット・イベントで、Suck a Stew Dryを初めて観たんです。「カラフル」をやってたんですけど、"良い曲やな"と思って、帰ってからYouTubeで聴いてみたら、歌詞もめちゃくちゃ良いなっていう印象でしたね。あと、背がデカい。ステージで後光が差してる感じの照明のときに、かっこいいポーズをとってて、"オーラが出てて、うらやましいな"って思いました。

篠山:僕は初めてがいつなのか曖昧なんですけど。ライヴを観たときに、さっき言ってた"メロディは誰にも負けない"っていうのは、そうだなと思いました。

竹田:きれいですよね。

篠山:しかも歌が上手いから、そのメロディも生きるんですよ。あと、(粟子は)アメリカのアニメのキャラクターみたいな顔だなと思いました。

粟子:ウッディとかウォーリーでしょ? わかるよ(笑)。

-ウソツキとSuck a Stew Dryはどうですか?

竹田:僕らは"Stew Party"(※Suck a Stew Dryの自主企画)でしたね。

篠山:出てもらったんですよね。そのとき、僕はブッキングに関わってなかったから、当日のライヴを初めて観ていいなと思ったんです。

竹田:僕はライヴを観て"(篠山は)変人なのかな?"と思ったんですよ。でも、ちょっと違う。僕、変人には会ったことがあって。変人が書く歌詞も好きなんですけど......。

篠山:わかるよ。菅原(達也/め組)君みたいな人でしょ?

竹田:そうそう。め組もめっちゃ好きなんですけど、それではないと思って。篠山さんは普通すぎて変なのかな......うまく言葉では言えないんですけど。

-普通の人が感じてるけど、普通は言わないことを言ってますよね。

篠山:わりと"あるある"みたいなことが好きなんです。

-話を聞いてると、やっぱりお互いに歌詞とかメロディに注目してそうなので、そこをもう少し詳しく掘り下げていきましょうか。篠山さんの曲から。まず暗いですよね。

粟子:言い回しは暗めの方ですよね。でも、ちゃんと本当のことを言ってくれる存在やなと思います。"それを明るくとってくれたら、嬉しいです"っていう感じなのかな。"優しくしてください、できればでいいんで"って歌ってるし。

篠山:うん......でも、"「できれば」とか言ってんじゃねぇよ"って突っかかられたけど。

竹田:篠山さんの周りの人、厳しすぎないですか(笑)?

篠山:世の中は悪意が溢れてるんだよ。

粟子:擦れてるわぁ。でも、そうやって思ったことを歌詞にできてるのは、うらやましいですね。僕にはないので。

-竹田さんはどうですか?

竹田:これ、悪い意味じゃないんですけど、(篠山は)ヘタレなんですよ。

篠山:よくわかってる(笑)。

竹田:ガッツを感じさせないというか。見せるときもあるんですよ。こないだ卓球でスレスレの戦いをやってたんですけど。1ゲームとって、1ゲームとって、デュースまでもつれこんで(篠山が)勝ったとき、"うわっ!"って声を上げたんです。

粟子:それ、見てみたい!

竹田:っていうときもあるんですけど。裏道を見つけるのがうまいんですよね。

篠山:あぁ、逃げの人生。

竹田:......だからなのかは、わからないですけど。曲も、弱い人がこう逃げたらいいんだっていうのを素でわかってる気がする。それを自分自身に歌ってるのか、自分自身がそういうふうに思いたいのか、いろいろ葛藤があってそういう人間性が音楽に出るのが篠山浩生さんの歌だと思います。それは最近わかったことなんですよね。この人、めっちゃヘタレやんって。"いや、練習とかしたくないんで"みたいな感じなんで。

-篠山さん、いま竹田さんが言ったようなことは当たってますか?

篠山:はい、頑張ってる姿を見せたくないっていうのはありますね。

竹田:努力家じゃないわけじゃないと思うんですけど。

篠山:"自分が頑張ってるから、お前らも頑張ろうぜ"ってタイプじゃないですよね。