Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

"SPARK!!SOUND!!SHOW!! チヨの部屋 vol.3"

2021年11月号掲載

"SPARK!!SOUND!!SHOW!! チヨの部屋 vol.3"

SPARK!!SOUND!!SHOW!!

Official Site

さて、始まりましたチヨの部屋第3回目。
今回は対談第2回目。
対談回では僕が気になっている人や好きな人がどういう活動をしていて、どういうところに僕がシンパシーを感じるかそんなお話をしていく企画。
今回はアパレルブランドAPARTMENT/神戸に Heim storeを経営するRYOTAさんを迎えてお送りします。
それでは張り切ってどうぞ~。

───
チヨ:簡単な自己紹介と好きな女性のタイプをお願いします。

RYOTA:神戸でAPARTMENTというブランドをやってます、たなかりょうたと申します。

チヨ:好きな女性のタイプは?

RYOTA:うーん、ミステリアスな子が好きですね。

チヨ:いいですね!

RYOTA:あと一人で本屋さんにいる人。

チヨ:あーいいですね!

RYOTA:ビレバンに一人でいる人。

チヨ:じゃあ結構一人でアクティブに活動できる人がいいですかね?

RYOTA:できる人が好きですね。

チヨ:なるほど。じゃあ今回見てくれている人の中にそういう人がいたら連絡くださいという事で!(笑)

───
チヨ:でですね、私はスサシのグッズのデザインや、個人ブランド SCAB CLUBをやっていまして、APARTMENTは沢山参考にさせて貰ってますし、ボディなどの話を相談させてもらったり、APARTMENTの動向はチェックさせてもらっています。APARTMENTのブランド立ち上げ理由ってどんな感じだったのでしょうか?

RYOTA:もともと、ずっと古着屋で20才くらいから勤めてて、その前も学生の時からセレクトショップで働いていて、古着が一番好きで、アメリカに買い付けに行ったりしてる時に、古着っていつかなくなるもんやなと直感的な感覚をずっともっていて、いくらアメリカが広いとはいえ、今俺らが対談している間にもアメリカに日本人のバイヤーがいて誰かが古着をぬいてる、いつか古着って底が見えてるもんやから、永遠に出るもんじゃない、時代が変わって年代が変わっていくから出続けはするけど今俺らが古着として見ているもんってどんどん少なくなるし価値もあがるから、自分が独立して古着屋をやるってなった時に、古着一本じゃすごい厳しいってなるやろなっていう先をずっと見越してて、やったら古着と区別化して新品の自分のブランドを持っておけば、もし万が一やばくなっても、食いっぱぐれる事はないなと思っていたから。まぁ服も好きやったし、最初は遊びでブランド名とかはつけずに、ネットで自分で白のボディを買って友達らと名前を適当につけたブランドみたいなものをプリントしたり刺繍したりして作ってて。

チヨ:なるほど。

RYOTA:何人かでやっていたけどどんどん抜けて行って、最後自分だけになった時に、これちゃんとやらなお遊びで終わると思って、その時に始めて。それが2016年かな。だからまだ5、6年の話やけど。その時にAPARTMENTっていう名前を付けてブランドとしてやり始めたのがきっかけで。だからほんとに遊びの延長から生まれた、スタートはそこだったかなと。

チヨ:なるほど。そして今回絶対聞きたいなと思ってた一つなんですけど、APARTMENTって音楽業界とよくコラボされるじゃないですか、例えばSIRUPとか大阪のフェスのジャイガとか。RYOTAさんも音楽が好きで、やっぱりブランド立ち上げてからいつか音楽と一緒に何か作りたいと思ってたりしていたんですか?

RYOTA:いや作った時は全く思ってなくて。やっぱりやってるからには大手とやるとかアーティストとやらせてもらうというのは光栄な事やけど、別に作った時点ではこうなるとは思ってなかったから。

チヨ:あーなるほど

RYOTA:今やらせてもらっているコラボも、全部話もらったりとか出会いがきっかけで。

チヨ:タイミングが重なってみたいな?

RYOTA:そうそう、できた事だから。全然イメージとしてはこうなるとも思ってなかったし。

チヨ:それこそいろんなところとコラボされてるじゃないですか。今後こことやりたいとかあるんですか?

RYOTA:アパレルとかじゃないところとやりたい。他業界。

チヨ:面白そうですね!

RYOTA:その方がやっぱやった時のインパクトとか、それこそ自転車出したりした時の反響やったりとかもあって。

チヨ:あれ面白かったですよね!

RYOTA:アパレルブランドやけどBMXの大きなお店とやってBMXを1から作って出すみたいな。

チヨ:しかもめちゃめちゃロマンあるっすよね。

RYOTA:なんか自分だけじゃ絶対できひん事、物を作れる。だから家具とかできたらいいなと思ったり。

チヨ:いいすね!それこそね。お店に来てもらったら皆さんわかると思うんですけど、服だけじゃなくて雑貨とか椅子だったり家具とかも置いてあるから、めちゃめちゃ面白いですね。

───
チヨ:僕はスサシのグッズのデザインや自分のブランドSCAB CLUBのデザインなども手掛けてるんですが、RYOTAさんは毎回新しいものを作る時のテーマとかはどんな感じで決めてらっしゃるのかな?と。僕は結構、スサシだと曲だったりとか今のテーマなどからテーマ決めたり、SCABやったら僕が今着たい物とかシンプルなものなんですけど、どんな感じっすかね?

RYOTA:チヨちゃんと一緒で1は自分が今着たいと思ったり気になるデザインをベースに考えていく事が多いかも。でもやっぱり伝わりにくいと思うけど、古着からとるというか古着ソースのものがデザインとして多いかも。このTシャツめっちゃかっこいいけど、まあ手にも入らんし、みんな知らんやろなっていう古着のめっちゃかっこいいものを見つけたら、そこからインスパイアを受けて作る事が多いかなぁ。

チヨ:そこからブラッシュアップして?

RYOTA:そうそうそう、多いかな。

チヨ:そこやっぱいいっすね。元々古着屋を自分やってて、古着好きやけどなくなってしまうから自分の着たい物を作ろうってなってそこにまた古着がリンクしてて芯になってるってのは素晴らしいですね。面白い。

───
チヨ:では最後に今後やっていきたい事も聞けたらなと。

RYOTA:一番の野望はお店をもう一店舗やりたい。神戸でもう一個違うところで、店舗を借りて。

チヨ:それはもうHeimと別の雰囲気のみたいな?

RYOTA:それでもいいし、そこはちょっと悩んでるねんけど、もっとしっかりAPARTMENTをフルラインナップ並べるようなお店にするか、逆にギャラリーっぽく大型の家具置いたりとかそういう店舗でもいいかなと思ったりしてて。

チヨ:探してるんですね。面白そうですね。

RYOTA:第二の野望でちょっと。今後はまずAPARTMENTをもっともっとみんなに分かってもらえるように頑張りながら、やりたい事としてはお店をもう一つやって、誰かを雇ってやりたいなと。パートナーというかチームになれるように頑張りたいかなと。

チヨ:なるほど。チームになれてその輪が大きくなれば面白い事になりますもんね。僕らにも力かせる事があったら言ってくださいね。

RYOTA:是非!新店でライブを!

チヨ:あっ壊しちゃいますけどね(笑)

RYOTA:ほんまやな壊れるな(笑)スケルトンの最初の状態で!

チヨ:もう移転する時とかにやらせていただいて(笑)

RYOTA:お願いします!是非!

───
チヨ:という事で是非読者の方もAPARTMENTとHeimをチェックしていただけたらと思います!

RYOTA:お願いします!

チヨ:今日はどうもありがとうございました!

RYOTA:ありがとうございました!

SPARK!!SOUND!!SHOW!!

タナカユーキ(Vo/Gt)とチヨ(Ba/Cho)を中心に結成。タクマ(Syn/Gt/Cho)、イチロー(Dr/Cho/169)が加入し現体制に。2018年に1stフル・アルバム、2019年には2ndフル・アルバムをリリース。大型フェスにも出演し、中毒性の高い楽曲と激しいパフォーマンスを繰り広げている。2020年、アニメ"アクダマドライブ"OP曲「STEAL!!」発表。2021年6月にはイラストレーター 原田ちあきをフィーチャリングに迎えたシングルCD封入ブックをリリースした。